スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mission:Impossible 

競売所の親分とかデジョタル(弟)が蛮族軍の捕虜になったりすると、皇都アルザビがとてもとても不便になるので即刻救出部隊が編成されて、実際デジョタルなんかはものの数十分で救出されたりするのですが、これが雑貨屋さんとか織物屋さんとかの地味なNPCのヒトだったりすると 「そういえばこのお店のヒトいないね。捕虜なんだね。まあいいや。メリポでもいこっか」みたいな感じにわりと放置されがちだったりします。何というか世知辛い世の中ですね。困っているヒトがいれば分け隔てなく助けてあげるのが真の冒険者というもの(←ロールプレイ)、というわけで、ふぁっしょんさんの捕虜救出大作戦が始まったのです。

ちょうどこのとき、マムーク、ハルブーン、アラパゴとすべての蛮族軍拠点に捕虜が存在していて、ヨリドリミドリな状態でしたが、人気がなさそうな上に見破りのモンスターもいなくて、わりとイージーそうに見えたアラパゴ暗礁域を選択。ただココの捕虜を救出する場合、二種類のカギが必要となるので (ラミアの牙のカギ・骨のカギ) 面倒といえば面倒なわけですが、そこは華麗なる大盗賊。当然のごとくシーフキーで華麗にピッキングする作戦。というわけで ジョブはシ/白を選びイルルシ環礁監視哨へ移送の幻灯でワープ。

アラパゴ暗礁域に捕まっている捕虜ふたりをインスニの隠密行動で探します。ものすごく広~いココのマップですが、アトルガン発売直後の監視哨巡りで散々迷ったり、ラミアンカマンやメローの鱗のプチ金策等でちょくちょく遊びに来ていた時期があったので、マップを覚えないことで有名なふぁっしょんさんにしてはそれなりに詳しかったりします。IronGateで開錠失敗が続いて手間取ったりしつつも一人目の捕虜発見。CageDoorは一発開錠で アルザビ魔法店のザフィフ(Zafif)さんを無事救出。さらに引き続き捕虜を捜索。今度はアルザビで雑貨店を営むミスラなカハ・ホビチャイ(Kahah Hobichai)さん。しかしながらCageDoorの開錠に失敗し、衰弱のトラップが発動。以前、宝箱のトラップに引っかかって小一時間ほど衰弱状態から回復できずにひどい目に合った記憶があったので、「参ったなあココで一時間待つのはきついなあ」とゲンナリしたんですが、CageDoorのトラップは五分~十分ほどで衰弱回復するみたいですね。というわけで懲りずに再び開錠。失敗で衰弱。さらに開錠、失敗で衰弱。二十分ほどかかって、ようやく開錠成功。ふたり目の捕虜も無事救出完了。終わってみれば、シーフツール七個、リビングキーを九個も使ってました(泣)。



さてさて気になる報酬ですが、捕虜救出時には皇国軍戦績のボーナス。捕虜ふたり分で 200点弱くらいだったかな(←メモ忘れ)。それからアルザビへ戻って救出したヒトに話しかけると、「助けてくれてありがとう」の感謝の台詞と ???ボックスを貰えます。こちらは鑑定の結果、ストロボとアイアン板でした。まあ微妙と言えば微妙な報酬ですけど「最近誘われ待ちばっかりで冒険者らしいことしてないなあ」なんていうヒトは一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

☆★☆ おまけ ☆★☆
ヤケメシ。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fffs.blog36.fc2.com/tb.php/310-c91f7792

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。