スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回天前夜 

いまヴァナ・ディールで一番にホットな話題といったら、次回Ver.UPで実施予定の「累積魔法耐性の導入について」ではないでしょうか? 公式にこの発表があってからというもの、我がぱんでもにうむ鯖では「飛竜の眷族」や「笑み曲ぐ夢魔と」の駆け込みシャウトが「あと一日で世界が終わってしまうから今のうちにやりたいことやっとけ」的プチパニック状態でものすご~く増えていたりします。



わたし自身も黒魔道士をLV75まで育てているので、ヒトゴトじゃない話題なわけですが、こればかりは実際に調整が入ってみないことには何とも言えないですねぇ。仮に「累積魔法耐性」とやらがとてつもなく大きいものだとすると、アライアンス単位のNM戦やBC、デュナミス、リンバス等、LV75~のメインコンテンツともいえる場面での戦術がガラリと変化することになります。精霊魔法の力で押し切ることができなくなると、倒すのが困難となるNMも少なくないですよね。

しかしながら、これまでの歴史を振り返ってみると、現存の戦術を根底から覆してしまう大きな調整は行ってこないようにも思われます。忍者の「空蝉の術」の調整が発表されたときも「もうダメだ忍者は盾役として使えなくなる」みたいな大騒ぎでしたが、終わってみれば忍者は現在も立派に盾役として機能していますし「空蝉の術」もまだまだ優秀な性能を誇ったままだったりします (ヘイトが減少しやすくなったという若干の弱体はありましたけど)。 これと同様に、「累積魔法耐性」も「ムムちょっと精霊魔法通り難くなったけど、それほどでもないな」程度でお茶を濁してくる可能性もあるのではないかと思ったりもします。ただ狩人の例もあるので楽観できないのも事実ですが。

まあどちらにしても不遇とされているジョブを強化するのではなく、優遇とされているジョブを弱体する調整を行ってくるあたり、毎度毎度やらかしてくれるなあという感じではあります。近接物理アタッカーの回天となる調整だったらそれはそれでステキなことだとは思いますが、そのあたりの期待は全然できそうもないところが辛いところですね(泣)。いくら「アトルガンの秘宝」で見直されたといっても、やっぱり■eなわけですし(諦)。

(2006/07/24追記)
FFXI公式Webより「累積魔法耐性の導入について」を抜粋。
現在、特定の戦闘において、多人数が魔法で集中的に攻撃するなどの戦闘方法が非常に強力で、戦闘全体のバランスを崩す要因のひとつとなっています。
この問題を解決するためには、特定のジョブが活躍の場をなくしてしまう強力な魔法対策や、さまざまなジョブに影響がおよぶ単純なモンスター強化などを導入するのではなく、できる限り影響範囲が少なく、かつ問題に対して効果が期待できる調整を行う必要があります。
そこで次回のバージョンアップでは、調べた際に「強さは計り知れない」と表示されるすべてのモンスターに、魔法系の累積ダメージに対する特殊な耐性「累積魔法耐性」を追加します。

累積魔法耐性の導入にあたっては、さまざまな調整を行い、黒魔道士や赤魔道士などに大きな影響が出ないようにしています。たとえば、黒魔道士が1~2人いるパーティが通常のノートリアスモンスターと戦闘する状況では、累積魔法耐性の影響はほとんど感じられません。
ただし、クエスト「帝龍降臨」のBahamut戦と「笑み曲ぐ夢魔と」のDiabolos戦に関しては特に対策が必要だと考えられるため、通常のノートリアスモンスターよりも強力な累積魔法耐性を導入する予定です。

▽対象となる魔法系ダメージについて
以下の魔法系ダメージをモンスターに連続で与えた場合、そのダメージを減少させる累積魔法耐性がモンスターに付与されます。
黒魔法[精霊]/白魔法[神聖]/忍術/魔法系の契約の履行/魔法系の青魔法/魔法系のウェポンスキル(スピリッツウィズイン、レッドロータスなど)/一部のジョブアビリティ(気孔弾、微塵がくれ)など

▽耐性値の増減について
累積魔法耐性が付与された状態のモンスターに、対象となる魔法系ダメージを連続して与えると、モンスターのもつ耐性値に応じて実際に与えられるダメージ量が減少すると同時に、モンスターの耐性値がさらに増加することになります。反対に、対象となる魔法系ダメージを連続して与えなければ、増加した耐性値は時間とともに減少していきます。
耐性値は、モンスターごとに設定されている上限値を超えて増加することはありません。また、1撃あたりのダメージ量に応じて増加するため、威力の低い魔法系ダメージを連続で与えた場合は、ほとんど増加しません。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fffs.blog36.fc2.com/tb.php/324-1a14bd6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。