スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の終わり(vs.Dynamis Lord) 



デュナミス-ザルカバード、64名で突入。今回はデュナミスロードの討伐を最重要目的とするため、ふたつのLSによる共同戦線。わたしは赤魔道士サポ暗黒で参加。制限時間延長の石像、および各砦を守っているデーモン型NMを殲滅しつつ、順調な進軍を続けます(ちなみに狩黒詩のレリックがドロップしました)。いつもは少人数で苦労するズヴァール城坂下の最終防衛ラインも、余力を残して突破し、一歩一歩確実にデュナミスロードへ近づいてゆくのです。



そしてデュナミスロードの側近、陰龍と陽龍。この二匹、ほぼ同時に倒さなければ再召喚されてキリがなくなっちゃうという厄介なドラゴンです。陰龍のHPを残二割程度まで削ったら全員攻撃停止、今度は陽龍の削り。陽龍撃破と同時に、HP残二割でキープした陰龍を速やかに倒す。ここで書くと簡単そうに見えるかもしれませんが、64人からなる大軍勢の動きに統一をはかるのはなかなか大変なことです。想像以上に火力が高く 陰龍のHPが残二割どころか残0.5割くらいまで削っちゃいましたが、作戦通りに二匹を始末。いよいよデュナミスロードとの一騎打ちです。

ズヴァール城のお膝元で、最後の作戦確認。キャンプ地と散開場所の確認、連続魔スタンのローテーション、護衛の陰陽龍を召喚された場合の対処等……。30分以上かけて全員が作戦を理解するように話し合います。以下、今回全軍の指揮をとった大元帥チコさんのメモ(チコメモ)より改訂掲載。

ズヴァール城前の坂を 上段(1) 中段(2) 下段(3) とし、中段(2)をキャンプに選びデュナミスロードを誘き寄せる。遠隔+精霊魔法アタッカーは二分して 上段(1)と下段(3)に散開。これは万が一オブリビオンスラッシュが炸裂したとしても 段差を利用して直撃を避けるため。

開幕に無詠唱バインガを使用してくる場合がある為、釣り役はパウダーブーツを使った赤魔道士サポ暗黒。スタン釣りととんずらを使用してデュナミスロードを引く。

デュナミスロードのHPは約80000(吸収分除く)
[モ08]:5000*08 = 40000
[黒10]:2000*10 = 20000
[侍04]:3000*04 = 12000
[狩02]:2500*02 = 5000
[残り]:3000(上記以外のアタッカーでコレを削る)

釣りから開幕までの流れ
デュナミスロードに気功弾(モンモンキャノン)を当てるため、モンクの貯め回数をトリガーにして行動開始。
・モンクが一斉に「ためる」開始。
・07回目:全員服毒。
・08回目:赤/暗がパウダーブーツ使用(Cast12秒)+ソウルメヌメヌ開始
・09回目:赤/暗がスタン釣り&とんずら(15秒ぐらいで裏王がキャンプへ到達)
・10回目:ナイトが迎え挑発インビン+赤魔道士A班クマスタン開始
     物理アタッカー突撃+モンク第一陣モンモンキャノン発射。
・11回目:モンク第二陣モンモンキャノン発射。

連続魔スタンについて
三人一組を3セットとする(ABC)。前の組が50秒経ったら被せるように次の組がクマスタンを開始。残りの赤は周期をズラしてクマスタン(XY)。陰陽龍再召喚後のオブリビオンラッシュに備えて中盤のスタンを厚めにする。
[A班3名]: ●●●●●● 終了(1:00)
[B班3名]: ○○○○○●●●●●● 終了(1:50)
[C班3名]: ○○○○○○○○○○●●●●●● 終了(2:40)
[X班2名]: ○○○●●●●●● 終了(1:30)
[Y班2名]: ○○○○○○○○●●●●●● 終了(2:20)



元々デュナミスロードを釣る予定だった赤魔道士が、作戦構成上ナイトでの参戦となったため、急遽その大役がわたしに回ってくることに。自称メインシーフとして今まで数え切れないくらいの釣りをしてきましたが、さすがにこんなにも緊張する釣りは初めてでしたねぇ。なにせ64人の命運(←ちょっと大袈裟)がかかっているわけですから。モンモン(モンク)軍団七回目の「ためる」を合図に全員服毒。八回目で、わたしはパウダーブーツを使用。九回目の直後にとんずら発動、スタンをデュナミスロードに放ちます。すべて作戦通り。南東の坂を駆け下りて、キャンプまで引いたあとは全員が持てる力のすべてをデュナミスロードにぶつけます。

アビリティ、WS、高位精霊魔法が一斉に炸裂して、戦闘開始一分でHPの半分を削り取ります。召喚された陰陽龍はナイトに任せて、さらに削り。連続魔スタンで動きを封じた相手を64人で袋叩きにするといういささか卑怯チックな構図ですが、もうナリフリ構っていられません。ここまで来ると食うか食われるかしかないのです。戦闘開始二分経過、この時点でデュナミスロードのHPバーはあと数ミリ。文字通り虫の息ですが、連続魔スタンの間をかいくぐってオブリビオンラッシュが発動してしまい、64人の大軍団が一瞬にして半壊。

しかしながら、残存部隊とリレイズアイテムで復活したアタッカー陣がキッチリと削りきり、ズズズゥゥンという感じにデュナミスロードはとうとうザルカバードの地に膝をついたのでした。ドロップは百バイン紙幣とシャドウマント。戦闘時間は二分十五秒ほどで、あっけないといえばあっけない感じもしますけど、逆に言えばそれだけの短時間に勝負を決めなければならない相手なんでしょうね、ハイ。


コメント

人員調整役&釣りの大役お疲れさまでした~。
最後の大暴れで一瞬どうなるかと思いましたが、削り切れてよかったよかった。
二度目は負けるジンクスもあったりなかったりなので、
次回も気を引き締めて挑戦したいところですね(`・ω・´)

チコさん(名前出しちゃった)本当にお疲れ様でした。

まるで夢が現実になるように戦前予測がすべて的中し、気持ち悪いほど作戦通りに進んだ感があります(それこそオブリの漏れまでも)。さすがのデュナミスロードもチコさんの掌の上で踊っていた感じでした。

今回参加できなかったメンバーも多かったので、なるべく早く再戦したいと思っています。本当の「おめでとう」はそれからですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fffs.blog36.fc2.com/tb.php/337-bcd66c23

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。