スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漆黒の柩(The Black Coffin) 



アトルガンミッションはじめてのBCバトル。ナ獣シ(←ふぁっしょん)赤黒白の六人で突入。編成のキモは赤と白にサポ黒をお願いして精霊の印を三枚用意。FFXIwiki等で事前に概要を確認した限りでは難易度はそれほど高くはないとのことだったので薬品等は特に準備せず。しかしながらもし全滅してしまった場合、リレイズして再挑戦(ゾンビアタック可能か否かは不明)も一応視野に入れて、リレイズアイテムだけは各自用意してもらいました。

BCはニ戦構成。前半の相手は、海賊フォモル(AshuTalif Crew)が五匹。白魔道士の印スリプガで戦闘開始。ゲッショーのタゲに合わせて各個撃破。最初のスリプガが切れても慌てず騒がず落ち着いて赤魔道士が次の印スリプガ。最後の一匹が残った時点で後衛はヒーリング開始。前衛はTPを貯めつつ (これは白昼夢のおかげでパーになりますた)最後の一匹を撃破して後半戦へとなだれこみます。

後半戦の相手は、海賊フォモル(AshuTalif Crew)が四匹とボスである海賊フォモルの船長(AshuTalif Captain)。 黒魔道士が温存していた印でスリプガII。取り巻き四匹の動きを封じたところで、全員でボスに総攻撃を仕掛けます。海賊フォモルやらゲッショーやらケモリンペットのカブト虫やらが入り乱れて、とにかく賑やかな戦いでしたが、概ね作戦通りに進行して無事アシュタリフの海賊たちを撃退。

それにしても「漆黒の柩」というミッションタイトルはなかなかカッコイイですよね。レッドツェペリンの代表曲だよと言われたら頷いてしまいそうなくらいロックンロールな感じがしますw

(2006/08/04追記)
FFXIwikiより「泡沫の宝冠」までのアトルガンミッションを抜粋。

■漆黒の柩
カダーバの浮沼(F-9)からアラパゴ暗礁域へ入る。アラパゴ暗礁域(H-8)でイベント発生。イベントの選択肢は「はい」と「いいえ」のどちらでも良い。

イベント終了後「Cutter」から六人制限のBF戦へ。LV制限はないが、BF内への強化魔法持込は不可(アサルトと同様の突入方法)。制限時間は30分。ゲッショーが一緒に戦う。BF戦はニ連戦。初戦の勝利条件はAshuTalif Crewを全て殲滅すること。ニ戦目はAshuTalif Crewを倒す必要はなく、AshuTalif CaptainのHPを8割程減らせば勝利条件を満たす。ゲッショーが戦闘不能になっても、PCが生存して勝利条件を満たせばクリアとなる。

※再度BF(お手伝い、敗北、時間切れ等)へ入場する場合は、カダーバ浮沼の「亡国の墳墓」のポイントへ戻り金貨を再入手しなければならない(戦闘はなし)。

イベント発生後、ナシュモへ。

■幽冥の海賊
アトルガン白門に戻り、サラヒム・センチネル(I-10)でナジャ社長に話しかけるとイベント発生。

■賓客の資格
ナジャ社長に話しかけると、イベント発生。参内するのに相応しい礼服(胴装備)を着てくるようにと言われる。条件を満たした装備(下記参照)を着用し、ナジャ社長に話しかける。

(条件を満たした装備例)
ジャリダペティ、スコピオハーネス、ジュストコール、シパーヒジョシャン、バーミリオクローク、ホーバージョン、アクトン、バーニー、羅漢作務衣、ブラッククローク、ノーブルチュニック、ホーバーク、ブレスドブリオー、バローネコラッツァ、戦忍着、ペルワンカザガンド、イギトゴムレフ、アミールコラジン、シャジュブル、シャイルマンティル、エラントウプランド、ダスクジャーキン、イギラウエスキット、アダマンキュイラス、ナシラマンティル、ホマムコラッツァ

アトルガン白門Imperial Whitegate(L-9)を、武器及び盾をはずした状態で調べるとイベント発生。

■泡沫の宝冠
アトルガン白門の(I-10)サラヒム・センチネルで、ナジャ社長の台詞が変わる。

以降、未実装。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fffs.blog36.fc2.com/tb.php/344-af4a63bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。