スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーフのお仕事 

最近のデュナミス-ボスティン及びデュナミス-ザルカバードにおけるレリックのドロップ。ボスティンとザルカバード(1)ではシーフ三人、ザルカバード(2)は突発的な合同だった為に数を把握できませんでしたが、シーフ四人以上をトレハン役としてPTに編入させていたと思います。

・デュナミス-ボスティン    黒ナモ侍侍白
・デュナミス-ザルカバード(1)  戦暗白竜
・デュナミス-ザルカバード(2)  赤(黒)(暗)(詩)侍 ※( )内は合同先LSが取得



・デュナミス-ボスティンについて
突入時点で戦力が少なかったために前半ややマゴついた感じがありました。それが最後まで尾を引いて殲滅数はあまり伸びなかったのですが、レリックのドロップは良かったですね。希望者ゼロのお侍さんがダブったのはご愛嬌ですかね(涙)。

・デュナミス-ザルカバード(1)について
こちらも突入時点での戦力が少なく不安があったのですが、非常にスムーズに侵攻できました。近頃はザルカバードの攻略も安定してきた感があります。最終防衛線突破後、予想以上に時間が余って進路が定まらないなんていう嬉しい問題点も出てきているので、今後はそのあたりの戦略も煮詰めていって殲滅数を上げていければと思っています。

・デュナミス-ザルカバード(2)について
デュナミス突入場所にふたつのLSが鉢合わせとなる、気まずいパターン (北国ではありがちですけど)。 メンバーの集合具合が両LSとも同じような感じだったのでダイスでの突入権決定を考えていましたが、先方LSから合同侵攻の提案を頂き、急遽合同することになりました。最初こそ呼吸が合わずに半壊等のつまずきもありましたが、後半は慣れてきたのかスムーズに侵攻することができました。わたしのLSはずっと少人数 (18~25人といったところだから「中人数」といった方が正確かな) での攻略を進めてきたので、大人数での攻略を経験できる合同侵攻は色々な発見があって貴重な機会となっていますです、ハイ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fffs.blog36.fc2.com/tb.php/354-ea9acfd5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。