スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十人紅色(vs.Carmine Dobsonfly) 



季節外れのサンタ帽を被ってクッキーを作っていると(趣味:お菓子作り)、右の字から「我赤トンボNMヲ発見セリ至急応援求ム」との緊急電。早速、リヴェーヌ岩塊群サイトA01を強襲することになりますた。この赤トンボNMの出現条件は 21~24時間間隔でPOPというなかなか厳しいものだったりするんですけど 「LV制限のエリアだし巨大な鱗が必要だから交通の便も良くないし何より旬が過ぎてるということで放置されている気がするヨううんわからないけどきっとそう」というかなり楽観的な予測のもと、前日に突撃してみたものの世の中そんなに甘くなくて、赤トンボNMの姿は影も形もなかったという隠されたプロローグがあったりするのですが、右の字はわりとしつこく狙い続けて発見にまで漕ぎ着けたようですw

というわけで、我ら赤トンボNM討伐部隊の編成は獣召召黒(←ふぁっしょん)。この赤トンボNMは全部で10匹いて、一匹でも攻撃態勢を取ると10匹すべてが強制リンクして数の暴力で攻めて来るという厄介な相手。エリアチェンジを駆使しつつ、一匹ずつ倒す作戦もあるようですが、今回我々が選んだ作戦はアストラルフロウお手軽一掃作戦。獣がペットで赤トンボNMを集めて戦闘開始→召ふたりがシヴァ姉さんを召喚しアスフロ→黒が印スリプガ→敵が眠っている間にMPを回復した召が再びアスフロ、というもの。

しかしながら、これまた世の中そんなに甘くはなくて、スリプガ後の二発目のアスフロに戸惑って全滅(泣)。不幸中の幸いなことにライバルが来る気配はなかったので、二時間アビの回復を待ってから懲りずに反撃に討って出ます。召喚士ふたりのアスフロだとやや火力不足のようでゾンビ戦術になりはしたものの、なんとか一掃成功。アスフロ作戦を選ぶなら召喚士は三人からが安定というところでしょうか。

■ボイジャーサリット
 頭 STR+3 DEX+4 Lv41~ All Jobs
■イェーガーリング
 指 命中+4 飛命+4 Lv35~ All Jobs
■ドブソンバンダナ
 頭 AGI+3 回避+5 レジストポイズン効果アップ Lv39~ All Jobs

右の字と米の字がボイジャーサリットを希望。わたしはサリットよりもイェーガーリングの方が欲しかったんですけど、予想に反して今回のドロップは、ボイジャー四個、リング〇個、バンダナたくさんという結果に。そんなわけで、みんな仲良く一個ずつヘルメットをテイクアウトになりました。それにしても、FFXIの高性能な頭部装備って、ワラーラといいオプチカルといいボイジャーといい、どうしてこうダサいデザインばっかりなのでしょう。「これすご~く高性能な装備だけどタダであげるのもシャクだからダサいデザインにしちゃえ☆」という開発者なヒトたちの悪意を感じてしまったりなんかしちゃったりするのです。

☆★☆ おまけ ☆★☆
「ボインワン!」
「ボインツー!」
「ボインダルメル!」
「ボインファッション!」
「リヴェーヌ戦隊ボインジャー!!」

「か、かっこいいタル……」

コメント

ボインジャ~ニャー!
5人目仲間入りありがとう

チミはボインレーシング。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fffs.blog36.fc2.com/tb.php/380-b7516360

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。