スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシュタリフ号威力偵察(1) 

■初 戦:ナ/白、忍/戦、モ/忍、黒/白、黒/白、赤/暗
→ボスはほぼ手付かず。四度目のボス出現後の大量POPに耐え切れず全滅で終了。

■二戦目:ナ/戦、侍/忍、黒/白、黒/白、赤/暗、赤/暗
→ボスのHPを残二割まで減らしたものの、やはり四度目出現後の大量POPで全滅。

■三戦目:ナ/白、侍/忍、黒/白、黒/白、黒/白、赤/暗
→なんかしらんけどグダグタになって開始五分くらいで全滅。お話にならず。

■四戦目:ナ/白、侍/忍、黒/白、黒/白、赤/暗、赤/暗
→ザコ処理に追われてボスは五割くらい。やはり四度目出現後の大量POPで壊滅。

わたしのジョブは三戦目のみ黒/白、それ以外は赤/暗で参加しました。今までのBC戦最多敗北記録は「畏れよ、我を」の三連敗でしたが、この段階ですでにそれを上回っています。ココまでコケにされるとメラッとくるものがありますが、四戦目の敗北と共に日曜日終了。悔し涙に枕を濡らして眠りにつきますた。

月曜日は仕事も上の空(←)で昨日の敗因を洗い直します。基本的にイージーな方面へ流されがちなふぁっしょんさんにしては、すごい頑張りようです。頑張る場所を間違えてないですかっていう声が聞こえた気がしないでもないですが、聞こえないフリをすることにします。細かな敗因は幾つもありましたが、それをひとつひとつココで挙げちゃうと枚挙にいとまがないので最大の敗因のみを。

・モンスターのPOP点である一階甲板で戦っていた!

二階船尾に安全地帯があることは途中から気が付いたんですけど、なぜかその場所で戦うことを思いつかず(この段階ではFFXIwikiにもその情報がなかった)、ずっと一階甲板で戦ってアップアップしていました(汗)。

そんなこんなでどうしても我慢できず月曜日にフレを集めて再び主催。ナマケモノなふぁっしょんさんにしては、もうありえない頑張りようです。頑張る場所を間違えてないっスかっていう声が再び聞こえたような気がしますが、もちろんそんなの聞こえません。青銅貨三枚を握り締めてナシュモへGOするのです。



(2006/10/26追記)
このエントリを書いたのが2006/10/24のお昼だったんですが、同日の夜に「アシュタリフ号」クエストに関するVer.UP(Down)パッチが入りました。

■「アシュタリフ号」に関するクエストのオファー条件を変更しました。オファーを再び受けるためには、地球時間の24時を経過する必要があります。

何と言うか相変わらずですネ。まあ四年間運営していても全然進歩がないんだからこの先もずっとこんな感じなんでしょうけど。

次回へ続く

コメント

このクエはインプの処理優先するのとマラソン役がきっちり敵まとめて走るってくらいかなあ。
忍忍モ赤赤白とかでやったから、黒2入れてるのはイメージわかないけど薬品出るからいけるのかな?
マラソンは僕が赤でやってたけど、ファランクスとストンスキン、魔法防御あるからナイトよりやりやすいと思った。
青が相当強いらしいけど、あんまりいないだろうしなあ。
メリポ的な編成でもいけるってことで、勝てそうになければ思い切って編成変えてみるのも手だと思います。

強力な範囲攻撃手段のある黒魔道士は必須というほどではないにしても、やっぱり活躍できるジョブだと思います。それと同時にものすごく打たれ弱いので、崩れるときは本当にあっという間だったりもしますが (三戦目の黒三人体制でグダグダになったのはその脆い部分を突かれた感じです)。

わたしも青魔道士なしの構成でクリアしたので、青を入れるとどれだけイージーになるかわからないんですけど、「現在五名。青魔道士さん熱烈大募集です」ってな具合に二時間も三時間もシャウトを繰り返すよりは、揃えられる戦力でチャレンジしてみた方が良いんじゃないかなあという気はします。青がいないと勝てない絶対無理;;ってほどの難易度ではないと思いますし。

でも突入権に一日縛りがかかっちゃったので、これからさらにジョブ縛りがひどくなるんでしょうかねえ。負けちゃって暗い雰囲気のままその日は解散なんていうのは誰でも避けたいだろうから仕方ないことなのかもしれませんけど。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fffs.blog36.fc2.com/tb.php/395-374d1c53

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。