スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮廷絵師護衛指令 

アシュタリフ号を舞台とした二番目のクエスト「宮廷絵師護衛指令」はシャウトにのって行きました。一連のクエストに縛りがかけられたことで、これからは「威力偵察の未クリア組」と「暗殺指令まで行っちゃってる組」の二極化が激しくなって中途半端な位置にあるこのクエストは過疎化する恐れがあるからヒトがいるうちにやらないとマズい、というプロマシア的パニック思考が未だ抜けないあたり、自分でもビョーキだと思います。完全に飼いならされてます。「@一名、青さんまたは黒さん募集中です」という感じのシャウトだったので「いまをトキメク青さんではなくて、最近やや落ち目な黒さんですけど連れて行ってくださいよ。お願いしますよ旦那。グヘヘヘ」と寄生根性丸出しでGOです。寄生して美味しいところを吸い尽くしてやるダニよ。



■ナ/白、忍/戦、モ/戦、青/忍、赤/白、黒/白
※SSはフレのお手伝いで二度目に行ったときのものなので、エントリ上の構成とは異なっています。

今回のクエストも結構な数の雑魚がPOPしますが、ボス(Black Bartholomew)を倒すことができればクリア条件を満たすので、ナと青が宮廷絵師ファルーヤさんの護衛部隊、忍モ赤黒がボス強襲部隊として二手に分かれて動く作戦です。殺られる前に殺る飲む前に飲むってヤツです。「威力偵察」のインパクトがあまりにも強すぎるせいかネ実等では「『絵師護衛』は楽だよね適当にやっててもイケるよ」みたいな発言を稀に良く見る (c)ブロント。のですが、そういうのを鵜呑みにしてヘラヘラやってると失敗するくらいの難易度はあると思います。FFXIは遊びじゃないんだ!

雑魚フォモルの数が多い上にボスもなかなかしぶとい感じで、死者こそ出なかったものの、終わってみれば全員のHPはレッドゾーンでゼェゼェハァハァといった状態でした。その後、ファルーヤさんは何事もなかったかのようにノンビリと絵を完成させて宝箱がふたつ出現。キッチリ頂いたのちに救命ボートでアシュタリフ号から脱出したのでした。

このアシュタリフ号関連のクエストでは、クリア条件によって宝箱の数が変動するようです。以下、FFXIwikiより抜粋。

条件A:ボスを倒す(雑魚も消滅する)。
条件B:雑魚を殲滅する(ボスは残るが箱が出現)。
条件C:NPCノーダメージ。

Aでクリアすると報酬が【アイテム箱】+【鑑定箱】。
Bでクリアすると報酬が【アイテム箱】のみ。
Cでクリアすると報酬が【アイテム箱】+【鑑定箱】+【鑑定箱2】。

今回は条件Aのクリアだったため宝箱はふたつでしたが、条件Cでみっつ狙うのって相当厳しい感じがします。青複数とか尖った編成ならわりと簡単に出来るのかな。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fffs.blog36.fc2.com/tb.php/400-ceafcc2b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。