FC2ブログ

アシュタリフ号船長暗殺指令(1) 



アシュタリフ号の連続クエストもいよいよクライマックスです。前回の「宮廷絵師護衛指令」をクリアしたのが地球時間で深夜〇時ちょっと前だったので、このまま次もやっちゃいますか、みたいな話になりました (地球時間〇時を跨げばクエストがオファーできるようになるので)。 残念ながら赤魔道士のネコさんが「明日は早起きしないとなので今日はおちますミナサマ頑張ってください」ということだったので、五人で続行することに。わたしも本当は明日も明後日も仕事で普通に早起きしないとだったのですが、もちろん落ちませんでしたヨ。最後の最後まで寄生して美味しいところを吸い尽くしてやるダニィィィ(←しつこい)。リアルを犠牲にしてでも頑張るあたりがもう完全に糸冬ってます。FFXIは遊びじゃないんだってば!!

■ナ/忍、忍/戦、モ/忍、白/赤、シ/忍

前回の青魔道士さんが白魔道士に着替えて、黒魔道士で参加したわたしがシーフに着替えた編成です。シーフに着替えた理由は第三の宝箱を狙うため。今回のクリア条件による報酬の変化は以下の通り(FFXIwikiより)。

条件A:猿を倒してからボスを倒す。
条件B:ボスを倒す。
条件C:ボスに気づかれずに不意打ちで戦いを始めて倒す。

Aでクリアすると報酬が【アイテム箱】+【鑑定箱】。
Bでクリアすると報酬が【アイテム箱】のみ。
Cでクリアすると報酬が【アイテム箱】+【鑑定箱】+【鑑定箱2】。

話題の装備品バルバロッサゼレハは【アイテム箱】からの低確率ドロップとのことなので、ぶっちゃけ無理に条件Cの【鑑定箱2】を狙うこともないわけですが、まあどうせやるなら貰っときましょうという感じにわたしはボス(船長)に不意打ちする大役を任せられちゃったわけです。そんなわけでナシュモのハルシャーブ(ハゲ)にアトルガン霊銀貨一枚を渡して最後のクエスト「アシュタリフ号船長暗殺指令」をオファー。眠い目をこすりつつ三度目のアシュタリフ号へ向かったのです。

次回へ続く

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fffs.blog36.fc2.com/tb.php/403-3f2264f5