スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファノエ運河へ行こう 



自分の分身であるキャラクターを強くしたいとか、高性能かつレアな装備を揃えて他人に自慢したいとか、FFXIを続ける理由ってヒトそれぞれにあると思うんですけど、そうした中でも「未知の場所」を訪れるトキメキというのはナニモノにも代えがたいのではないだろーか、とわたくしふぁっしょんは愚考するのです。

実際ヴァナ・ディールって広すぎるだろう常識的に考えて。な世界だったりするので、未だに「未知の場所」を残しているヒトも結構多いんじゃないかななんて思うんですけど、わたしにとってはファノエ運河が未知の場所だったりします。調べてみたところ「プロマシアの呪縛」の発売日が2004/09/16なので、かれこれ二年以上もファノエ運河を訪れることなく放置していたことになるわけです。いずれ行ってみたいなあとは思っていたんですけど、船着場のギルド桟橋ってわりと過疎エリアだったりするのでなかなか行く機会が無いし、いざ来てみたら来てみたでバージの到着までに30分待ちだったり、たまたまバージが来たと思ったらサポ上げ中で船に乗ってもモンスターに絡まれちゃう状態だったりとタイミングが合わず、気付けば二年も経っちゃっていたというわけなのです。何だかスゴい話ですよね。

というわけで、今日こそは絶対にファノエ運河へ行こうと決意を固めてサンドリア木工ギルド前のシャッターをガラガラと押し上げ(←脳内)、ギルド桟橋へ。船着場でバージを待つのです。

サンドリアから徒歩五分のこの船着場は北桟橋と名付けられており、北桟橋からは中桟橋行きのバージが発着、中桟橋からは井守ヶ淵経由の路線で南桟橋へ、帰りは南桟橋からエメフィ支水路を通って中桟橋へ、中桟橋から北桟橋へ行くには……という具合に、とにかくヤヤコシイ。ぶっちゃけわたしも未だ理解していないんですけど、まあ今回はバージに乗ることが目的なので、あまり深く考えず来た船に乗ることにします。乗ろうと思ったら回送便でした。回送便ってふざけてるの? と半ギレしつつも、さらに待ってみると回送便バージが目の前で旋回してすぐに中桟橋行きに。そんなこんなでウレシハズカシはじめてのバージ乗船です。



往路は北桟橋から中桟橋、井守ヶ淵経由して南桟橋へ。井守ヶ淵は「ヒュ~、ドロドロドロ♪」といまにも純和風な幽霊が出てきそうな感じのなかなか不気味な場所だったりします。そんなこんなでだいたい30分くらいで南桟橋に到着。普段あまり訪れる機会のない中桟橋や南桟橋を散策してみたかったんですけど、一度バージを逃すと次の便がいつ来るか不安だったので、そのまま乗りっぱ。復路は南桟橋から中桟橋、今度はエメフィ支水路を経由して北桟橋へ戻ることになります。こちらの経路はディズニーランドのジャングルクルーザのようにウネウネした水路を進んだり、キレイな滝があったり、トビウオが水面を跳ねたり、渡り鳥が頭上をバーッと飛んでいったりと、大自然のスペクタクルな感じでした。ジェリーをいじめてガラダヤチーク材をゲットとか、あわよくばゾレドナイトのオークさんが乱入してくるかも、てな物欲もあったりしたんですけど、こちらは残念ながら成果無し(涙)。



わたしは釣りをしないヒトなので、都合一時間以上ほぼ何もせずにボーッとバージに乗っていたわけなんですけど(我ながら暇だと思う)、景色の変化が目まぐるしく全然飽きなかったです。というわけで、出発地点の北桟橋に戻った頃には夕暮れ時だったので、おうち(サンドリアのモグハウス)へ帰ることにしたのでした。「まだ一度もバージに乗ったことがないよ」なんていうヒトがいたら是非一度乗ってみてはいかがでしょうか。繰り返し乗って面白いかどうかは保障できませんけど。

☆★☆ おまけ ☆★☆
この注意書きって、どう見てもローマ字の「NO ENTRY」ですよね。五年近く住んでいながら今まで知らなかったんですけど、ヴァナ・ディールは英語圏な世界だったようです。

コメント

大型連休の最後にバージに乗って現実逃避を試みますか?

1/4と1/5は普通に出勤だったので決して「大型」連休ではなかったのです(怨)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fffs.blog36.fc2.com/tb.php/445-123ee3d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。