スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六門院の扉が開かない件 



例えばあなたがアサルトに行ったとします。んで、アサルト終了後に移送の幻灯を使用して白門へ帰還するわけです。しかしながら六門院の外へ出ようとすると扉がタゲれなかったり、タゲれても扉が全然開かない、なんていうことがわりと頻繁にあると思うんですけど、あれって結構イラッときませんか。はっきし言ってわたしはかなりイラッときます。これってカルシウム不足なキレ方ですかネ。

まあ戦闘無しのアサルトならサポ黒にしてデジョンで帰還、ホームポイントを白門モグハウス前に設定しておけば鑑定屋も近くて一石二鳥、とちょっとお得な感じがして実際そうしていたりもするんですが、わたしはホームポイントをバストゥークに設定してることも多いので、それをウッカリ忘れていたりすると鑑定品を持ったまま「HPバスだった;」という事故も十二分に考えられます。幸か不幸か、いまのところそうした事故は起こしていませんが、そのうち絶対にやらかすだろうという自信はあるので、やっぱり早急な対策が必要だと思われるのです。

ついこのあいだは「タンジャナ島でメリポでもしよっか」みたいな話になり、移送の幻灯使用許可証を貰ってナイズル監視哨へワープしたんですよ。しようとしたんです。そうしたらなんか選択肢が出なくて「あれれ?」とか思ってるうちにわたしひとりだけがイルルシ環礁監視哨にワープするなんていうドジっ娘ロールプレイを披露する羽目になりました。お察しの通りアサルトの作戦終了報告をし忘れていたわけなんですけど、慌てて白門まで戻って報告しようとすると、またまた六門院の扉が開かなくてイライラするって寸法です。やっぱし早急な対策が必要です。あの扉って撤去しても誰も困らない気がするんですけど、困るヒトいるのかな。

とにもかくにも白門が重過ぎるって話です。競売を見ても商品が表示されるまでにものすごく時間がかかるし、「百万ギルでも誤宅配されてないかな♪」なんて考えながらポストを開いても「通信層が混んでいるようです……」が連発ですし。そのようにして結局ふぁっしょんさんはバストゥークにヒキコモるわけです。

コメント

通信層が込んでいるようです・・・・

100万ギルよりもチラシ爆弾のが可能性が高い件

通信簿が混んで(ry
あの扉の存在理由が知りたいです。

もろカルシューム不足なので 
毎回切れてるよ リアルでも些細な事できれまくってるので 困っています

チラシ爆弾もミミズ詰め合わせも通信簿も通信層が混んでいるようですも勘弁してください。

よく「年齢をとると人間丸くなる」なんて言いますが、どっちかと言うと「人間は確かに丸くなるけど、わりと些細でしょーもないことにはキレやすくなる」という感じじゃないかなあなんて思ったりなんかします。「最近の若いモノは……」的な愚痴を言っちゃうのもそのあたりが原因なのかもしれません (←さすがにわたしはそこまで老人じゃないのでまだこういう台詞は言いませんけどw)。

しりません。適当なことを言います。多分、ちょっと遠くに離れてると誰かがドアを開けてもそれは描画されないでドアは閉じたままという構造になってるんだと思います。

何を言ってるかといいますと、いま自分が居る場所の近くのドアの中身しか描画されてない!というつくりなんじゃないかと思ってるんです。
アトルガン白門、広いですから、そうやってデータ量を減らしてるんじゃないかな。だからどの部屋にも無意味にドアがあると。しらないけど、実はドアの向こう側の(ある程度近くの範囲の)描画が終わるまでドアが開かない構造になってるんじゃないかな。とか。

私は白門のモグハで着替えをするのがトテトテにイライラします。ポッケと金庫の間をアイテムが動かないのがイライラ。処理パワーの割り当て具合を変えたりできないんでしょうかね;
手抜きだ手抜きだ手抜きだっ!

あーなるほど。確かにドアが無くなっちゃうとその奥まで描画する必要が出てくるから負荷がかかりそうですし、margayさんの言われる通りな気がしてきました。

一昔前のジュノもとにかく重くてひどかったですけど、あそこは四層構造だったので上層やル・ルデに逃げることもできましたしねえ。特にアルザビの場合、捕虜がたくさん出ると街として機能しなくなっちゃうところ(競売とか)が、より白門への人口密集に拍車をかけているんですよね。設定としては面白いんですけど。

白門での着替えはわたしもトテトテにイライラするので、最近は白門→モグ→アルザビ→モグという工程を踏んで着替えていたりします。アルザビも結構重いんですが、白門よりは幾分マシだったりするので。しかしながらビシージが勃発しているとアルザビに出た途端、定員オーバーで強制エリアチェンジさせられて、白門へ逆戻りなんていうことなってまたまたキレることになるわけです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fffs.blog36.fc2.com/tb.php/471-226dbc84

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。