スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎の証文、海底遺跡、ふたつの孤島 



前回のVer.UPで開放されたタンジャナ島とヘディバ島。タンジャナ島の方はすでにメリポ狩場として人気のようで、実際わたしも俳人なまれい君に誘われてメリポをしてきたんですけど、そのときは先生に引率された小学生のようにただ後をついていっただけだったので「マムージャがたくさんいたよ!」くらいのことしか覚えていません。さらにヘディバ島に関しては未だに足を踏み入れたことさえないというテイタラク。冒険者としてコレはいただけませんいただけませんよ。というわけで本日はわたくしふぁっしょんがこのふたつの孤島を探索してレポートしてみたいと思います。

まずははじめてのヘディバ島へ行ってみることにします。アルザビからチョコボに乗ってバフラウ段丘へ。段丘北西からアルザダール海底遺跡群へ入るわけなんですが、通常ならば拝観料としてアトルガン白銀貨一枚が必要となります。必要となるのですが、何にでも抜け道というのはあるものでしてサルベージで使用する「謎の証文(だいじなもの)」さえ持っていれば出入り自由の顔パス状態。これはお得ですビッグビジネs。実装当初にお試しで行って以来、サルベージ放置状態なわたしは当然「謎の証文」は持ちっぱだったりするのでタダで入っちゃいます。んでもって適当にワープを繰り返すと、そこはもうヘディバ島。「適当にワープってどういうことだよキチンと説明しろよ!」とかいう声が聞こえてきそうですが、そんなもん知ったこっちゃないです。ググるなりして自分で調べてください。ココはチラシの裏ブログであって攻略サイトじゃないんだ!



このヘディバ島。わたしは予備知識なしの状態で来たんですが、ガチでヤクイ場所です。とても強そうなインプとソウルフレアの見破りコンビが密集陣形で徘徊しているために、ソロだとおちおち景色を眺めている余裕もありません。どうにかこうにかモンスターの目を盗んでとりあえず地図北側の湖だか池だかのあるところまで辿り着いたんですが、特に何もなかったです。「どうせ何もないんだろうな」とは思ってたんですけど、本当に何もないとそれはそれで結構ムカつくものです。北東の叢にはいかにもな感じの隠し通路があって当然先が気になるわけですが、二匹のインプがウロウロしていてどうにもやり過ごせそうにありません。仕方ないので印スリプガで眠らせて強行突破作戦。あとで調べてみてわかったんですが、この場所ってキマイラさんの縄張りだったみたいですね。幸か不幸かその日キマイラさんはお留守で、なにやら意味深な石碑(Engraved Tablet) がぽつんと建っているだけです。この石碑はタゲることができたので調べてみたんですけど、「反応はない」とのこと。ここいらでインプが起きてきちゃったので、ボコボコ殴られつつも何とかオルドゥームリングで脱出。デジョン詠唱中断で死にかけたのはヒミツです。



再びアルザダール海底遺跡群へ戻って、適当にワープを繰り返すと、ほら、そこはもうタンジャナ島。「適当にワープって(中略)攻略サイトじゃないんだ! 冒頭にも書いたようにこの島はメリポ狩場としてすでに有名なので、御存知の方も多いことだと思います。ヘディバ島のように見破りするモンスターもいないし、チョコボホイッスルを使えばマイチョコボにも乗れちゃうので鼻をほじりながらでも探索可能です。というわけでベルちゃんの背中に乗ってほじほじです。この島は上段・中段・下段の階段構成な地形で、上→中→下への移動は可能なんですが、下→中→上は段差に遮られて移動不可という一方通行な仕組み。上段にはマムージャ族がウロウロしていて、マムークの入り口もあります。中段はブガード&コリブリ君たちのエリア。下段も同じくブガブリエリア、さらにこの下段にはハルブーンへ続く入り口もあったりします。そういえばチョコボの宝探しに使う「タンジャナの野草」はやっぱりこのタンジャナ島で採れるっていう設定なんですかね。シャルーグだとかアズーフだとかアトルガン地方にはチョコボの好物がたくさんあるようです。

そんなこんなで今回ふたつの孤島を巡ってみたわけですが、未知のエリアってただ歩いているだけでもドキドキワクワクな感じがして楽しいです。唯一残念だったのはどちらの島からも海が見えなかったことかな。

(2007/02/15追記)
ヘディバ島に建っていた意味深な石碑(Engraved Tablet) ですけど、何だかとても気になったので改めてネットで調べてみました。どうやらアトルガン地方には同じような石碑がいくつもあるようです。というわけで、FFXIの板(壺)の「世界設定を語るスレ」より石碑の位置を抜粋(FFXIの外部板ってたくさんあるんですねえ)。

・ゼオルム火山:ザザータ島(I-10)の石碑
・ゼオルム火山:同マップ(I-12)の島 → 偃月海峡のふたつの孤島のうち東の島

・ワジャーム樹林(H-13)の石碑
・ワジャーム樹林(J-13)の島 → Hazklah Islet/ハズクラ(?)島

・カダーバの浮沼:ヘディバ島の石碑
・カダーバの浮沼:シャルーグ島

これらの石碑は「同一エリアの孤島同士を繋ぐワープ装置」という説が有力っぽいんですけど、実際はどうなんでしょうかね。まあこういうのって謎のままなときが一番楽しくて、いざそれが解明されちゃうと結構ガッカリしたりするんですけど。

コメント

ヘディバ島はインプ狩りがまあまあ美味しかったですよ
イカ男がジャマで釣り役の人は大変そうでしたけど

オートマのマトモなレスは想定外。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fffs.blog36.fc2.com/tb.php/474-b7e479e3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。