スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイズル島作戦の罠 

次回バージョンアップではアサルトの新たな作戦領域として「ナイズル島」が開放されます。同エリアは侵入する度に内部の構造や出現するモンスター、クリア条件が変化する自動生成型ダンジョンとなっています。

FFXI公式サイト「TOPICS」より。ネ実ではすでに幾つかスレが立っていて、免罪符装備の入手難易度緩和だの果ては妄想が膨らんでリディルだの守りの指輪だの白虎佩楯だの自分が欲しいアイテムがドロップするヨカン、てな具合に脳内プラス補正をかけまくったヒトたちによって大騒ぎになっているナイズル島の新アサルトですが、そうそう甘くはないんじゃないかなあというのが疑り深いふぁっしょんさんの意見だったりします。

ナイズル島の作戦で作戦戦績を得ることはできませんが、挑戦する度に多くのアイテムを入手できるチャンスがあります。またナイズル島の各ブロックにはヴァナ・ディールの各地に出現している数々のモンスターが登場します。まれに登場する手強いノートリアスモンスターや、特定のブロックにのみ登場する強大なモンスターを倒すことができれば、素晴らしいアイテムが手に入るかもしれません。腕に覚えのある皆さん、ぜひナイズル島の作戦に挑戦し、最深部を目指してください!

あんなところとかこんなところとかに含みのある表現が罠の存在を探ってしまうんですけど、どうですかね。それにしても日本語って詳細をハッキリさせずにお茶を濁したいときには本当に便利な言語ですよね。



(2007/03/03追記)
以下、FFXI公式サイト「TOPICS」より「新たな作戦領域について」の全文を転載。

■新たな作戦領域について(2007/03/01)

■開発コンセプトについて
昨年12月、拡張コンテンツ「アトルガンの秘宝」で楽しめるバトルとして「サルベージ」を導入しました。これに続き、次回バージョンアップでは挑戦する度に内容が変化する自動生成型ダンジョン「ナイズル島」を少人数向けのコンテンツであるアサルトの作戦領域のひとつとして追加します。この新たなコンテンツを多くの皆さんに繰り返し新鮮な気持ちで挑戦して頂けるものとするために現在開発チームでは様々な開発・検証作業を行っています。最深部にたどり着くまでに登場する様々な仕掛け、強大なモンスターなどなど、皆さんがあっと驚くような要素も多数用意していますので、どうぞお楽しみに。

■参加条件について
ナイズル島の作戦はアサルトの中でも特別な扱いとなっていますが、参加方法や参加可能人数は通常の作戦と同じです。もちろん傭兵階級による制限もないため、気軽に挑戦することができるでしょう (※レベル制限については通常とは異なり任意に設定することができません)。

■作戦の進め方について
ナイズル島は、挑戦する度に複数の「ブロック」でランダムに構成されます。参加メンバーは、それぞれのブロックで提示される条件 (モンスター殲滅、ノートリアスモンスター撃破など) を満たしながら最深部を目指し、いくつものブロックを進んでいきます。なお、現在は1回の挑戦につき5ブロック程度進めるような難易度を想定しています。

■再挑戦について
メンバーが"Rune of Transfer"を操作してナイズル島から退室する際に、最高到達ブロックの情報を記録することができます。これにより、たとえば時間切れなどで途中のブロックで作戦を完了させた場合でも、次回記録を残したブロック(5ブロック単位) から作戦を再開することが可能になります。ただし、再開には本作戦で得られる専用のポイント「トークン」が必要です。先のブロックに行くほど必要なポイント数も高くなるため、最深部への道のりは困難といえるでしょう。
※トークンは参加メンバー全員が取得することができます。
※最高到達ブロックの情報は、最初のブロックで"Rune of Transfer"を操作したメンバーのみ記録されます。

■報酬について
ナイズル島の作戦で作戦戦績を得ることはできませんが、挑戦する度に多くのアイテムを入手できるチャンスがあります。またナイズル島の各ブロックにはヴァナ・ディールの各地に出現している数々のモンスターが登場します。まれに登場する手強いノートリアスモンスターや、特定のブロックにのみ登場する強大なモンスターを倒すことができれば、素晴らしいアイテムが手に入るかもしれません。腕に覚えのある皆さん、ぜひナイズル島の作戦に挑戦し、最深部を目指してください!

コメント

おれは このアサルトがいいもので サルベージを 潰してくれる事を願っています
もう猿行きたくない;

何か最近のアップデート内容から置いてけぼり

サルベージもアシュタリフ号も行ってないしなぁ

イマイチ魅力を感じない…;;

既存コンテンツを放置したまま調整不足の新しいコンテンツを導入する焼畑的運営方針は直らないんですかね。今現在の問題点を見直して改善するだけでもFFXIってまだまだ遊べる楽しいゲームになると思うんですけど。

難易度こそ高いものの、気軽に遊べて報酬もそこそこな「アシュタリフ号」の連続クエストは嫌いじゃないです(呼ばれればお手伝いもします)。ただ、サルベージに関しては実装直後に一度だけお試しで参加しただけなので、わたしもおいてけぼりだったりします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fffs.blog36.fc2.com/tb.php/486-10377a44

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。