スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アコガレ 



なんかこういうことを書くとすごいヤらしく思われるかもしれないですけど、このブログをはじめてから「ふぁっしょんさんはアコガレのシーフです」というようなお言葉を頂いたりするんですね、たまに。わたしのことを良く知るフレなヒトたちがこんな言葉を聞いたら「どう考えてもキミは憧れる相手を間違っている。もっと頭を冷やしなさい」って言うだろうし、実際にわたし自身もまったくその通りだと思うので「イヤそんなたいしたモンじゃないです。オダテないでください^^;」という返事をして逃げることにしてるんですが、こういうのってふぁっしょんさんはホント苦手だったりするんです。

で、わりと最近仲良くなったヒトに、ゆにふぁちゃんという猫シーフさんがいるんですが、このゆにふぁちゃん、あろうことかわたしに「どうしたら上手なシーフになれますか?」みたいな質問をしたりするわけです。これまたご存知の方はご存知のように、わたしのシーフってのは相当ヒドいもんでして、よっぽどのことがない限りは着替えをしない、不意打ちはしょっちゅうハズす、釣りに出たつもりが逆に絡まれて帰ってくる等々、アリテイに言って無茶苦茶なわけです。装備に関しては確かにレアな装備をいくつか持っていますけど、それだってフレなヒトたちに協力してもらって手に入れたモノだったり、長時間だらだらとゲームをした結果としてお金が貯まって買ったモノだったりで、決して「スキル」だとか「知識」だとかが結びついているわけではありません。そんなわけなので「どうしたら上手なシーフになれますか?」という答えはわたし自身が教えてほしいくらいで、そんな質問をされちゃうと非常にモニョることになるんです。モニョモニョ。

改めて振り返ってみると、今までわたしは自分以外の誰かに対して「アコガレ」を抱いたことって全然と言って良いほどなかったんですね。それどころかわりと喧嘩腰で「このヒト良い装備してるなあチキショウ(←妬み)」とか「コイツほんと下手クソだなあシーフ向いてねーだろプゲラ(←自惚れ)」とか、そういうロクでもない目で相手を見ていたような気がします。我ながらホント性格悪いですね。もちろん中には「このヒトはスンゲー」と素直に感心できるヒトもいたわけですけど、それは「アコガレ」とはちょっと違う感じで「相手を認める」というか、大袈裟な言葉を使うと「敬意を表する」というか、どっちにしてもふてぶてしくてエラそうですね、重ね重ねすいません、まあそういう感情だったわけです。基本的にモノゴトを斜に構えて見るフシがあるふぁっしょんさんとしては「えふえふwでアコガレだのソンケーだのってwww」と笑い飛ばす方がお似合いなんですが、真面目に考えてみるとオンラインゲームというモノは、ひとりのキャラクターの向こうにひとりの人間が存在しているわけでして、ヒトとヒトとの繋がりがある以上、そうした感情が芽生えるのも実は自然なことだったりするんですよね。

リヤルワールドでもヴァナ・ディールでも純粋に誰かに「アコガレ」の感情を持つことが出来るヒトって、たぶん心が若いというか心がキレイなヒトなんだろうなあとか思ったりして、逆にわたしはそういうちょっと気恥ずかしい感情を素直に伸び伸びと表現できるヒトに対して「アコガレ」を持ったりするのです。

コメント

どう考えてもキミは憧れる相手を間違っている。もっと頭を冷やしなさい!

どう考えてもキミは憧れる相手を間違っている。もっと頭を冷やしなさい!

どうしたら上手なシーフになれますか?

私は自分が大好きです^^

私もふぁっしょんさんと同じ性格が悪いほうかもしれませんw人に憧れしたことないな。うまくなりたきゃ、まずジョブについて理解を深めることが重要かな、ようするに頭をフル回転するべし!(笑)

どう考えてもキミは憧れる相手を間違っている。もっと頭を冷やしなさい!

五大陸に響きわたる優しさの持ち主なふぁっしょんさんは、憧れる相手を間違っているとコピペで繰り返すヒトにも、訊くなと言ったのにどうやったら上手なシーフになれますかとわざと訊くヒトにも、自分が好きで好きでたまらない自己中なヒトにも、ふぁっしょんさんと同じ性格が悪い方かもしれないヒトにも、全員に等しく愛をもって接するのです……おまいらココに一列に並びやがれ!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fffs.blog36.fc2.com/tb.php/543-2d0322fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。