スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイズル島踏査中間報告 



ついにねんがんのデナリジャケットをキマイラさんからころしてでもうばいとってまいりました。鎖骨のあたりとか特にステキです。このナイズル装束ってはっきし言ってかなり微妙な性能で(部位によっては高性能なモノもありますが)、売れない芸人がネタの落としどころを見つけられずに不時着しちゃった的雰囲気もあったりなかったりといった感じなんですが、とりあえずマイナスステータスだけはないので「オサレ着以上。勝負装備未満」てな方向で考えればソレはソレで有りかも、と思ったりなんかします。見た目はマズくても性能第一でワラーラやオプチなヒトが溢れてしまうヴァナ・ディールではあまり求められないとは思いますけど。

■デナリジャケット
 防43 HP+25 AGI+10 攻+9 飛攻+9 モクシャ+3 コンビネーション:命中+
 Lv75~ モシ狩忍青コ

わたしの踏査記録は前回と変わらず80ブロックまで。我がファッショナブルズでは未だナイズル装束が行き渡っていないこともあり、現在はナイズル装束胴部位取得を目的とした76層からの突入をメインに進めていたりします。この場合、ワープに必要なトークンは1500枚。でもって80ブロックの「ヘッドの駆逐」後に脱出すると報酬は非リーダーで1225枚と微妙な赤字。当然、毎回確実に05ブロック進めるわけではなく、作戦失敗なんていうことも稀に良くあるわけでして、この場合は1500枚ロストで涙目wという結果になります。コレをやっちゃうともうとにかくアイタタイタスなので「引き際が肝心」になるわけですけど、ヴァナでもリヤルでも引き際を見極めるってのは難しいですよね、フフフ(←意味深)。

普段はなかなかお目にかかる機会のないケルベロス、ハイドラ、キマイラといったアトルガン三大NMも、この「ナイズル島踏査指令」のおかげですっかりお馴染みになった感じです。で、ご存知の方はご存知だと思いますが、このナイズル装束ってのはこれらのNMからの直接ドロップする仕様で、まあそれなりにトレハンが重要視されていたりするんです。そんなわけでわたしはシーフで出撃する場合が多いわけなんですが、それなりに苦労してNMを撃破したのになーんにも落ちなかったりすると、徒労とか悲哀とか絶望とかそういう負の感情が「ゴゴゴゴゴ」みたいな感じに音をたてて渦巻き、何とも言えぬ重苦しい空気の中パーチーメンバーの冷たい視線がまるで氷の刃のようにわたしに突き刺さることになって「あれれ。チミはシーフだよね。トレハンもってるんだよね。いま右手に持ってるのはご自慢の天然w盗賊のナイフだよね。アムレットはないみたいだけど^^;」とか言う前にまずおまいらは自らの日頃の行いを悔い改めるべきだと思います。特にコマチエンジェル。

コメント

ナイズルやったことない私は、
全てが意味不明。
裏につづきとりのこされまくり。

同じくナイズルも空も未経験
サルベージやアシュタリフも手を出していません
FFは遊びじゃないふぁっそんさんには到底敵わないので、私は遊び感覚でこれからもダラダラ頑張ります

…でも内心言ってみたい気もするww

俺も空、ナイズル、船、海未経験!(笑)
猿もエインも一回行ったぽっきりです。
そして竜が74に下がりそうな今日この頃。
【助けて!】

余も現実世界で引き際を何度も誤った事があるぞよ
Fashon殿もそういう経験がおありかの?



あぁー、あの時やめてたら+X0kになってたのになとか思いながら何度も枕を濡らしました

ナイズルは結構好き。
普段見れないHNMに会えるのもいいし、たまにロックとかでか羊とかにも会えるのも楽しい。

それにナイズル行ってればそのうちアサルト階級も上がるしね。
ただNM倒した時の鑑定品は店売りで1万以上ぐらい中当たりを設けてはくれないか。
ほぼ赤字で悲しいんですけどw

とにかく導入当初の印象が悪すぎて毛嫌いされている「ナイズル島踏査指令」ですけど、実際はウラとかソラとかよりもずっと敷居が低く、遊びやすい良質なバトルコンテンツだと思います。普段はなかなかお目にかかれないビッグなモンスターとのバトルはやっぱし盛り上がりますし、それらのモンスターが落とすナイズル装束のドロップ率も良くもなく悪くもなくで絶妙だと思いますし。固定または半固定で遊ぶことのできるメンバーと見つけるまでが大変といえば大変ですけど。

サルベージとエインヘリヤルについてはわたしも導入当初お試しで遊んでみただけでその後は放置状態なので取り残されまくりの浦島太郎です。FFXIは遊びじゃないコトはわかっているくせにサボっちゃうあたり、まだまだ甘えがあるようです。

>>だいにちさん
FFXIを五年ものあいだ遊び続けているわたしは当然引き際を見誤るタイプで、まあいろんなことがありました(遠い目)。ちょっと物足りないかもってあたりでサッと身を引くのがコツだってのは頭では理解しているんですが、実際にそうした状況に立たされるとなかなか上手くいかないものです。腹八分目じゃ我慢できなくてついついお腹いっぱいを求めちゃうんですよね、いろんな意味で。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fffs.blog36.fc2.com/tb.php/581-7cfdcb3b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。