FC2ブログ

スナッチモースル国際問題 



ふぁっしょん(ナ)、コマちゃん(竜)、らちさん(忍)の三人で、コリブリを突付いてレベリングです。このコリブリはノンアク・ノンリンク・ノン範囲攻撃・ノン状態異常特殊攻撃というノンノン尽くしの狩りやすい上にもらえる経験値も美味しいというステキなモンスターなんですが、唯一困ったチャンなのがスナッチモースルという食事効果を消滅させる特殊技なんですね。コリブリにタゲられたヒトがこの技を喰らうと、「ふぁっしょんの魔法効果がひとつ消えた」というログが表示されて食事効果を消されてしまうってわけなんです。まあその都度食事を摂り直せば済む話なんですけど、それってお金がありあまっているセレブなヒトたちのゴージャスなレベリングなわけで、実際スナッチモースルは結構な頻度で飛んでくるし寿司が高額なのはむろんのこと肉料理だってそれなりに高いというわけで、小市民な我々はナイトのわたしが食事無しでコリブリのタゲをガチ固定。その他のアタッカーが食事をして横から殴るという節約戦法を選んだりするわけです。

が、いかにナイトと言えどもタゲを持っていかれるときはあっさり持っていかれるわけでして「寿司吸われたやんけちゃんとタゲ取らんかい内藤!」とか「うっさいボケ食いなおせば済む話ちゃうんか?」みたいな感じに和気藹々と遊んでるところに突然英語だらけのテルが入ってきて、その内容は「ヘイ、ふぁっしょん。オレはラベル63のモンクなんだが、とりあえず強いんだ。オレの力を試してみる気はないか?(完全意訳)」というような外国人プレイヤーなヒトからの売り込みだったわけです。まあ三人より四人の方が楽だし、モンクなら多少無茶苦茶でも殴っていればどうにかなるジョブだから面白半分に入れてみっか、という流れになってパーチィに呼んでみることに。そんなわけでナ竜忍モの四人でコリブリ狩りです。

コミュニケーションというのはとにかく最初が肝心だったりするので、緊張しつつもわりとにこやかな感じで「ホホホエア・アー・ユー・フロム?」と質問してみたところ、このモンクさんどうやらサンフランシスコ在住のようです。しかしながら中学校レベルの英語力さえ怪しい我々の会話は当然そこまでで途切れてしまうわけで、結局その後は黙々と狩りを続けることになります。そしたらですね、このサンフランシスコモンクが結構強いんですよ。ナイトのわたしがあんなアビとかこんなアビとかケアルとかで必死にタゲを取ろうとしても、殴りで引き剥がしてくるわけです。で、そうこうしているうちにスナッチモースルがサンフランシスコモンクに直撃してソールスシ消滅。これはいけません。「日本人のナイトがちゃんとタゲを取らなかったせいでメチャクチャ寿司代がかかった。しかもソールだし」と訴訟を起こされて国際問題、ひいては日米間戦争にまで発展する恐れもあるので、日本を代表してわたくしふぁっしょんがが速やかに「アイムソーリー、ヒゲソーリー」と謝罪すると、サンフランシスコモンクは首を横に振って(←脳内)「ノープロブレム明日は明日の風が吹くさ(完全意訳)」と言ってまたソールスシを食べるわけです。

そんなこんなで、サンフランシスコモンクがスナッチモースルを喰らってその都度わたしが謝って明日は明日の風が吹く、となって日米間戦争は回避されたわけですが、気が付くと時刻は深夜三時(←!)でそろそろオネムな時間です。「日本はいま深夜三時で我々日本人組はそろそろネモイんだけど、サンフランシスコモンクは@どれくらいで上がるの?」とカタコトの英語で訊ねると「オーマイガッ。深夜三時かよ。おまいらどんだけ廃人なんだよ。寝ろよネモイだろう寝るべきだオレのことは気にするな。ノープロブレム明日は明日の風が吹くさ(完全意訳)」みたいなことを言って、サンフランシスコモンクはデジョン杖でビューン。現れたときと同様に風の如く去っていったのでありました。ノープロブレム。

コメント

ヘイ、ふぁっしょん。オレはラベル75のモンクなんだが(ry

ヘイ、ふぁっそん。オレは68のタルナなんだがサポ白で参加ですかそうですか
(ノд・。)

スナッチモースル(snatch morsel)って直訳すると「ペロリとひったくり」
って意味みたいですが、
あのWS喰らうたびにコリブリの長い舌を口中に突っ込まれて
ゴニョゴニョされてるのかと思うと、怖くてタンジャナ島なんて
行けません。

ヘイ!ふぁっしょん!
俺は黒69なんだが。
ファッツ!?コリブリだって!?
魔法返されちゃうじゃねーかっっっ!!hahahaha

最近英語が怖くて外国人とはPTしてません。まる

ヒゲソーリは断じて英語ではないと思うんです

外国人プレイヤーはメチャクチャやりよる、みたいなことを言われていたりしますけど、わたしの経験から言わせてもらいますと、そこまでひどいヒトってそうそういない感じがします (サポレベル帯はホントの初心者さんもいたりするので確かに結構カオスですが)。 もちろん中にはレベルがいくつだろうと「これはひどい」というヒトもいるわけですが、そういうヒトの比率というのは結果的に外国人も日本人もそれほど変わらないんじゃないかな。日本人だってメチャクチャやりよるヒトもいますよ、マジで。なので、わたしは自分がパーチィ参加希望を出している限りはそういうのにこだわらずにパーチィを組んじゃうことが多いのですが、それでもやっぱり疲れているときなんかは英語で意思の疎通を取るのがダルいので、英語の誘いが来ると居留守を使っちゃうこともあります。あとミッションとかアサルトとか複雑な説明を必要とするコンテンツも外国人プレイヤーのヒトと一緒に遊ぶのは正直ツラいですね。アイムソーリー、ヒゲソーリー。

>>りりねこ様
スナッチモールってそんなふうな意味なんですね。知らなかったです。コリブリの長い舌を口中に突っ込まれてゴニョゴニョされてる……というあたりで妄想 (性的な意味で) でも披露して、みなさまが「キモイふぁっしょん超キモイ」とドン引きしているところを想像してニヤニヤしてみたかったのですが、残念ながらわたしの貧困な想像力では「胃カメラ」くらいしか思いつきませんでした。まだまだ精進が足りないようです。

写真後差し替え乙^^;;;;;;;;;

モールじゃなくてモースルなんだぜ?
モールだったらもぐらか白魔道士のハンマーみたいになっちまう

>>スパ
わざわざナイトに着替えて、三百ギル払ってバスから白門まで行って、枯れ気味なコリブリたんを探すのにワジャだのバフだのを歩き回って、この写真を撮るだけのために一時間くらいかかりました。

>>だいにちさん
いままでずっと「スナッチモール」だと思い込んでいたんですが、だいにちさんの言う通り「スナッチモースル」が正しいみたいです。いかにアホな日記といえどもインターネットで公開してるってことは不特定多数のヒトたちに読まれるってことなわけで、わたしもそれなりに間違いに気をつけて書いてるつもりなんです。でもですね、スナッチモールとスナッチモースルでググってみると、明らかにスナッチモールの検索結果の方が多いんです。まさか間違ってる方の検索結果のが多いとは思わないよなあ。言い訳っぽいですが。

・スナッチモールの検索結果………約1850件
・スナッチモースルの検索結果……約0809件

とは言っても間違いはやっぱし間違いなので訂正しときます。だいにちさん、サンキューベリーマッチョ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fffs.blog36.fc2.com/tb.php/588-b4480bb4