スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーチコメント見つめ隊 



FFXIには「サーチコメント」という機能があって「サチコメ」とか「サチコ」とか呼ばれています。わたしもレベラゲに誘ってほしい気分のときは「@4000でラベルアッポします」と書いたり、アイテムを売りたいときは「あのアイテムをン万ギルでお譲りします」と書いたりしてサチコメを利用することになるのですが、用事があるとき以外は何も書かないのがデフォだったりします。気の利いた言葉のひとつでも書いておけば嫌われモノのふぁっしょんさんの高感度もアッポアッポって気がしないでもないですけど、まあ面倒臭がり屋なんですね。わたしの周囲ではラソド君がわりかしサチコメにイロイロと書いてますけど、所詮は三流芸人。たいていはツッコミどころのない話題なのでスルーされがちです。

ロマンチックなヒトだったりするとサチコメにポエムを書いてたりしますね。ああいうのって本当にマメだよなあと感心します。しかしながら、時々すごく情熱的なポエムを書いているヒトなんかもいて見ているコッチが恥ずかしくなることもあるわけですが、まあこれに関しては頼まれてもいないのに勝手に覗き見してるようなモノなので「おい馬鹿やめろこのサチコメは早くも終了ですね」とか言うわけにもいきません。個人の自由ってヤツです。

それから我がぱんでもにうむ鯖には「お婆ちゃんの知恵袋的生活お得情報」を毎日
日替わり(なのかな?)でサチコメに書いているヒトがいます。曰く「落とし忘れた古いシミは砂糖水で拭くとキレイに落ちます」とか「ニンニクの皮を剥くときは熱湯をかけると良いです」とか。このヒトのサチコメは何と言いますか、かなり中毒になります。ふと思い出して「今日はどんなコトを書いてるのかな?」とついついサーチするようになるんですね。でも、コレってまるっきしストーカーに見えなくもありません。キモイふぁっしょん超キモイ。

最後にコレはヒマに任せてアチコチを適当にサーチしていたら偶然見つてしまったんですけど、同エリアにいる見知らぬふたりが相手を罵り合ってたんです。察するにどうやらSOZAI-GARIの獲物の奪い合いが原因らしいのですが、コレは非常に斬新なサチコメの利用法であります。でもですね、野次馬な性格のふぁっしょんさんはケンカの経過が気になって仕方がなくってサチコメをリロードしまくるハメに陥るわけです。おかげでもう他のコトが手付かずになっちゃったりしてこのサチコメはホントまいりました。どう考えてもTellで話し合った方が早いだろう、と思ったりするんですが、そうすると第三者のわたしがケンカの経過を知る手段がなくなってしまうわけで、やっぱしサチコメを使ってケンカしてくれた方がありがたいんですけど、それにしても手間のかかるケンカの方法だからTellで話し合った方が絶対に早いわけで以下ループ。となるわけです。まる。

コメント

どうがんばるのか具体的に!

愛を込めてるサチコメ【はい、お願いします。】

>>オートマさん
わたしがサチコメに「がんばります」とか書くと周囲のヒトたちに「もうダメこれ以上FFXIをがんばっちゃダメ絶対!」と止められるので、実際はがんばりたくてもがんばれないというのが実情です。ぼくもっとがんばれるのに;

>> J様
日本では「愛」というと恋愛感情ばかりが先行しがちですが、そもそも愛とは万人に与えられるべきモノだと思うんですね。なので、愛の込められたサチコメというのは……。面白いオチがを考え付くことができましぇんでした(←敗北宣言)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fffs.blog36.fc2.com/tb.php/598-17b81be0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。