スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のレベロス補給作戦 



実はこの「レベロス補給作戦」は過去(俗に言う難易度緩和前)にも挑戦して、ケツの毛までむしられて作戦失敗と散々な目に遭わされていたんですね。で、難関とかの言葉にぶち当たると速攻回れ右をしてイージーな道に逃げ込むタイプのわたしは当然この作戦をすっ飛ばして昇進することにしたんですけど、その結果として最後までこの作戦が残っちゃって苦しめられているあたり、因果応報と言いますか何と言いますか、とりあえず「こんなことなら早くクリアしとけばよかった;」と涙目になっても時既にアフターカーニバール。試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分でウリィィィィィ!

そんなわけで、フレなヒトたちを集めて忍忍忍赤赤赤の六人パーチィ。わたしは赤魔道士での参加です。忍者をたくさん集めて夜に突入というのがこの作戦の定石なのですが、わたしの忍者はLV40だし、そもそもそんなにたくさんの忍者の知り合いもいないしってことでこの構成です。赤魔道士を多めにしたのはアレです、お邪魔キャラの芋虫をスリプルしてキープするためです。FFXIをプレイしながらネットを見ることが出来るヒトにはFFXIwikiの攻略地図を見てもらって、そうでないヒトにはImperial Stormerの位置を座標で理解してもらうという具合に、まさしく「遊びじゃない」レベルの事前準備。当然、忍者AFの移動速度UPの恩恵をフルに生かせるようにヴァナ時間18時を待っての突入。これはもう必死杉修正されるね。です。

んで、結果はと言いますと無事作戦成功。ヒトサマのブログや攻略掲示板等なんかでは「緩和後の『レベロス補給作戦』は楽勝^^v」という流れだったりするんですけど、もらえる糧食(テンポラリアイテム)の運はありますし、Imperial Stormerの見分けが難しかったりと時間を食う要素も多いので、まだまだ侮れない難易度だと思います。今回わたしはパウダーブーツを四足用意。他のヒトたちもそれなりの数のパウダーブーツを用意して、かなり入念な準備をしていたんですけど、作戦成功時の残り時間は五分程度だったので、お世辞にも楽勝とは言えない感じでしたね。

辛口なスパイスとしてこのくらい高難度な作戦も悪くないとは思いますが、コレが山猫一等兵の作戦っていうのはやっぱし場違いな感じはありますね。まあ何はともあれこれにて全50作戦コンプリートです。ふう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。