スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘラクレス作戦 



ブラックジャックではありません。ブラックシャックです。で、ブラックシャックというのはケルベロスのことでしてコイツを撃破するのが目的になります。さすが中尉作戦になると出現するモンスターも何と言いますかゴージャスな感じです。

しかしながら、この作戦のキモというか注意点というのはブラックシャックさんとガチバトルってわけではなくて、ブラックシャックさんが「ワォォォン!」と咆哮すると炎エレが六匹ポッポするんです。なので、この作戦の相手はケルベロス+炎エレ六匹となるわけなんですが、あんな手やこんな手を使うとケルベロス+炎エレ三匹を相手にするだけで済むようになります。そのあたりはチラシの裏ブログとか役立たずブログとか言われようともFFXIwiki参照。

忍忍赤詩黒黒の六名で突入。わたしは黒魔道士での参加です。中尉作戦の中でも難易度が高めとかいうウワサを聞いていたので結構ビビリがちに参加してみたのですが、恐怖の「ゲーツ・オブ・ハデス」が一発落ちてしまったものの、それ以外は特にヤバイ場面もなくわりかしすんなりと撃破。ブラックシャックさんは何度かワンワン吼えてましたが、エレがポッポしたのは一回きりでした。

スタン役はログを凝視してハデスが来たら即対応、炎エレがポッポしたらブラックシャックへの攻撃を中止、エレ処理の際には黒魔道士はビビらずデカい精霊魔法をブッ放して速攻倒す。アチコチで散々ガイシュツなこのあたりの動きがシッカリとできていればまあイケるんじゃないでしょうか。

と偉そうなことを言ってますが、今回の場合は「ウェーッハッハッハ。高スキルのオレサマがいたから余裕だったぜ」とかではなくて、パーチィ構成が良かったのとリーダーなヒトがものすごくしっかりしてたってのが大きいと思います。何はともあれ初の中尉作戦は一発クリア。これはなかなか幸先の良いスタートですよ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。