スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットハンターブルース(1) 



各地のペットモンスターを狩り尽くして踊り子もLV40に。レベリングがあまり好きじゃないふぁっしょんさんにしては順調なペースだったりするんですけど、ココでひとつ大きな問題が。LV40~LV45までのあいだって適正レベルのペットモンスターがいない魔のレベル帯らしいんですね。これはいけません。ならパーチィを組めば良いじゃないって話になるわけですが、踊り子の経験値の九割はミミズやらペットやらを相手にソロで稼いだモノだったりするので、当然パーチィでの動き方とかもチンプンカンプンで完全に落ちこぼれ状態。パーチィできないコミュニケーション怖い。で、結局ネコの手を借りて(←コマちゃん的な意味で)ズヴァール城外郭。

ココのゴブリンペットはコウモリでして、短剣を得手とする踊り子とは相性が良いことは良いんですけど、とりあえず狩り場に辿り着くまでがまず大変。オイルやらパウダーやらをケチるとやヴぁいところでスペクトラルジグが切れてデーモンズ&アーリマンズに撲殺。やっとのことで狩り場に着いても今度はゴブリンが密集状態で安全地帯がナッシング。飼い主に発見されてまた撲殺。撲殺撲殺撲殺祭。さすがはペット狩りテンプレサイトに「お薦めできません!」と書かれているだけのことはあります。たぶんネコいなかったらムリだった。それでもどうにかこうにかLV42まで引っ張リング。

お次はテリガン岬へ移動。とは言ってもOPテレポ使用の必要レベルが足りていないので、テレポルテ→アルテパ砂漠→ラバオでジョブチェンジ→アルテパ砂漠→クフタルの洞門→テリガン岬、と移動することになるわけで、とにかくダルい。なのでテリガン岬でログイン・ログアウトする住み込み態勢で臨むことに。テリガン岬のゴブペットはラビット族なわけですけど、カワイイ見た目とは裏腹にフットキックやら爪旋風脚やらのイタい特殊技を使ってくる手強い相手。おまけに無理を承知の早熟デビューだったのでココも結構キツかったなあ。でも逆に言えば序盤さえ乗り切れば末永く使える狩場でもあるわけで、次の狩り場を考える必要がない分、楽と言えば楽ではあります。

そんなこんなでテリガン岬のウサちゃん祭で踊り子LV42からLV49に。結構さらっと書いちゃってますが、これって長い時間ひたすらウサちゃんをイヂメ続けるという単調作業を繰り返していたわけで、ドがつくほどのマゾなふぁっしょんさんといえどもさすがにキツかった。

次回へつづく

コメント

ソロでレベル上げするのすごい;
私には絶対無理…。でも 金策はソロに限りますヽ('ヮ'*)ゝ

マゾなどころは認めざるを得ないな(*´Д`*)ъ

■ばらさん
FFXIのソロってストイックで超絶スキルみたいな印象が強いんですが、少なくともペット狩りに関しては全然スゴくないソロだと思います。ヌルくて美味いから流行しているわけですし。でも、一番最初に「ペット狩りをしてみよう」と思い立ったヒトはやっぱりスゴいと思いますねえ。発想が。

■J様
いろんな意味で結構キツいFFXIを未だに続けている(続けられる)ヒトっていうのは多かれ少なかれ何処かにマゾ的傾向があるような気がします。そして、ソレを証明するようにわたしのフレなヒトたちはみんなマゾ寄りです。困ったことです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。