スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活のステージ 



まさか三日も引っ張ることになるとは思わなかった(←日記的な意味で)踊り子アーティファクト取得クエストの第三話「復活のステージ」です。例によって例の如くジュノ上層ライラ団長からクエストオファー→バストゥーク商業区ハルモディオスさんとトーク→再びジュノ上層でライラ団長とトーク→ヴァナ時間の〇時を待ってもう一度ジュノ上層でライラ団長とトーク、という手順を踏んで、いよいよクライマックスでございます。基本的にアーティファクト取得クエストの第三話ってそれなりに手強いモンスターとのバトルがあったりするんですが、踊り子の場合はコレが「ダンス対決」だったりします。

ダンス対決って具体的にどんなモノなのかと言うと、お客さんの前でダンスを披露するミニゲームなんですね。で、お客さんには、老人、若者、子供がいて、老人はサンバ、若者はワルツ、子供はジグ、という具合に好みが決まっています。なのでサンバ、ワルツ、ジグの中からダンスを選びつつお客さんたちの興味を引き、制限時間終了後、対戦相手のバレリアーノ一座よりも多くのお客さんを獲得していればクリアというモノ。FFXIwikiによりますと三種のダンスを踊ってすべてのお客さんを獲得しようとするより、二種のダンスでお客さんを絞り込んで獲得した方が勝率が上がるようなので、まるっきりテンプレ通りにふぁっしょんさんもダンスダンスダンス!

わたしはふぁっしょん踊り子なのよ悲しいときは踊るのよ。レベリングが終わったあとはほとんど出番がない踊り子はいつだってラストステージ。今この瞬間をトキメクためにわたしは力の限り踊り続けるだけ。だってわたしはふぁっしょん踊り子だから。というわけで、ふぁっしょんさんの「華麗なワルツ」と「決めのジグ」の絞り込み作戦にお客さんの視線はもう釘付け。さすがテンプレ攻略法、効果抜群だぜ。そんなこんなでたいしておもろいネタにも恵まれず、無事ダンス対決を制して踊り子のアーティファクト取得クエストも完結。

■ダンサーカザク
 防38 HP+20 STR+2 DEX+2 ワルツ回復量+10% 敵対心-2 LV60~
 
残りの三部位(頭、手、足)のアーティファクトは作成クエストで手に入れることになります。コレは特に難しいことはなく、必要素材を持っていけばサクッと作ってもらえるので気楽です。第二話の「追想のポリフォニー」をコンプリートした段階でオファー可能となり、まあお金だって持っているので、いつでも作れると言えば作れるんですけど、学生時代「経済学」の単位を落としたわたしでもVer.UP特需の現在が最高値で、待てば必ず値下がりするってことはわかり過ぎるくらいにわかるので、とりあえず保留。ジグ効果時間アップの「ダンサートーシュー(足)」は移動が便利になるので早めに欲しいんですけどね。相変わらずセコいですね。

→ふぁっしょんの称号「流麗なる大舞踏家」

コメント

流浪の無職~☆
のほうが格好いい!

どっちがふぁっしょんさんですか?

クウェ、クウェ、クウェ〜
クワッ、クワッ、クワ〜
アヒルのワルツ〜♪
ん?尻尾が生えている!

■J様
無職と言うと世間的にアレなイメージがあるのでココはふぁぃなるふぁんたじーwらしく「すっぴん」がイイかも。

■オートマさん
マナカナのカナの方がふぁっしょんさんです。

■魅惑の太股さん
その尻尾はいつもライラ団長の隣で踊っているガルカ(←名前ワスレタ)さんのモノなんですが、このヒト実はオカマちゃんです。ええ、衝撃のネタバレです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。