スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦術魔道書「知行合一の章」 



知行合一(チコウゴウイツ)とは中国は明の時代、王陽明が興した学問「陽明学」の命題のひとつ。「論語」の為政第二にある「先ず其の言を行い、而して後にこれに従う」が元になっている。王陽明は「知って行わないのは未だ知らないことと同じである」と説き、実践重視の教えを主張。「朱子学」が万物の理を極めた上で実践に向かう「知先行後」であることを批判したのである。

以上、フリー百科事典『ウィキペディア』より。ご存知の方はご存知の通り、学者にまつわるクエストでは繰り返し「知行合一」という言葉が出てきます。字面から何となく意味は掴める感じはするものの、改めて「どういう意味なの?」みたいに訊ねられるとやっぱし良くわからない的雰囲気な言葉だったりするので、ちょっと真面目に調べてみたのですが「陽明学」とか「朱子学」とか学生の頃に世界史だか古典だかで習ったような記憶があるかないかってところですけど、三歩歩けばモノを忘れるふぁっしょんさんですから「どんな内容だったか」ということはすっかり忘却の彼方。とりあえず王陽明が「知行合一」で、王大人が「死亡確認」と覚えておけば、たぶんバッチリ。

そんなこんなで今日も今日とて学者のレベリング。エントリ構成の関係上、時系列が前後しますが、LV51からのお話です。相変わらずの「ペット狩り」だったりするので、ヤマなしオチなしイミもなしでヤオイ日記です。とでも書いておけば一部の女性からのアクセスが殺到するかもしれません。とりあえずLV51→LV54をグスタフの洞門で引っ張り、LV56→LV58をムバルポロス新市街で過ごし、穴倉だの地下都市だの暗い青春。あ、すっぽり抜けているLV54→LV56のところはソ・ジヤのLV60制限塔が適性狩場なのですが、いつサーチしても先客がいてツケイル隙がない。なので今回はパス。ミラテテ様とかカンパニエバトルなんかでセコセコと経験値を稼いで乗り切りました。

2008/04/22の日記に「学者のレベリングをはじめました」と書いていたりするので約二ヶ月。どうにかこうにか無事にミニスカの目的は完遂したわけですが、FFXIというゲームは「LV75からが本当の冒険」とか言われていて、そう考えるとLV58ってまだまだ全然ヒヨッ子だったりするんですね。経験値的にもLV75までに必要な数字の半分も稼いでいない状態ですし。でも、ここ最近(わたしにしては)結構なペースでのレベリングが続いたので、しばらくのあいだは目的を持たずにダラダラと遊びたい気分かな。とかなんとか言いつつもLV58という数字はどうにも中途半端なのでムバ新市街のヒキコモリを延長してLV60にはしておくあたり、意外にキチョウメンなふぁっしょんさんなのでした。それにしてもミニスカをヒラヒラさせた女の子の学者がアルザビあたりを「テッテケテー」という感じに走っている姿を見たりするともう全然違うゲームですね。

What's the name of this Ero-game(これなんてエロゲ)?

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■秘密コメント様
バリスタの学者ってかなりイケてる感じがするのですが、近頃はわたしもすっかり足が遠のいちゃっているのでイマイチわからないです。とにもかくにも「アレ」に関してはオメデトウゴザイマス。ずいぶん苦労されたんですねえ。

やっぱし足が太いんだよな・・・

■プレ夫君
テクマクマヤコン?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。