スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケット・シーの助手 



FFXI公式サイトにて「ついに始動するアルタナ-ミッション乞うご期待!」みたいな告知があったときには「エエーッ。まだ始まっていなかったのかよ。過去三国のクエストは何だったんだよ。てゆーか追加ダィスクが発売されてから何ヶ月経っているんだよ。ゆっくりしていった結果がこれかよ!!」とツッコミどころ満載だったわけですが、実際に蓋を開けてみるとやっぱし過去三国のクエストと連動しているようで、新しいミッションをオファーするには三国いずれかのクエをコンプリートしている必要があるようです。いかに中身がスカスカと言われている「アルタナの神兵」といえどもクエを頭数に入れるとミッションも結構な量になるので、今までサボッていたヒトたちは死ぬ気でがんばってね!!!!

当然わたしは過去三国のクエはすべてコンプ済。あ、ここは引くところじゃなくて褒めるべきところなので注意が必要です。そんなわけで「舞姫、来たりて」からのスタート。具体的な攻略手順をカカッと説明しますと、過去の南サンドリア→現代のジュノ上層→過去の南サンドリア→過去の東ロンフォール。そして最後は過去のラヴォール村にてBF戦「紫電、劈く(つんざく)」となります。と言ってもネ実補正を抜きにして「ウデに自信のあるヒトはひとりでも。そうじゃないヒトでもふたりいればド安定」くらいの難易度なので、たぶんハマるってことはないはず。ちなみにわたしはスパと赤魔道士+召喚士のコンビで挑戦。残念なことに面白いネタにも恵まれず一発で勝利してしまいました。芸人失格ですいません。

ストーリーについてはいろんな意味で「外していない」という感じ。今後の展開も楽しみです。特に今回は映像面に力が入っていて「おおおおお!」と興奮に鼻の穴が広がっちゃうようなシーンが随所に。ただ三ヶ月ぶりのミッションということを考えるとボリューム不足な感じは否めないかも。だからと言って一度にミッションを大量追加されるとソレはソレでプロマシア-パニックに逆戻り、なんてことにもなりかねないので月刊誌のように毎月少しずつ追加してくれたりすると「今までのお話の内容を忘れちゃった;」なんてこともなくなって嬉しいんですけどね。でもいまさらそんな手間のかかることをするとも思えないので、結局次のミッションが追加される頃には今までのお話の内容を根こそぎ忘れてふぁっしょんさんは頭の上に「?」マークを浮かべることになるわけです。

コメント

リリゼットかわいいよリリゼット

コンバ失敗してMP無い^^;な赤と
あれだけ注意って言ってたのに
おもいっきり視線で石化した召でも
勝てるという
ステキなAM難易度に万歳^^

■オートマさん
リリゼェェェェェット(c)水木一郎。

■スパ
生命感知のアンデッド族の前でコンバしたらお祭騒ぎの袋叩きになったとか、毒を喰らった状態でコンバしたらスリップダメージで戦闘不能になったとかはわりかし良く聞く話ですが、HP300くらいでコンバしてケアルIVで135MPを消費してHPもMPも中途半端で大ピンチってのは新・感・覚。

SSのイベントですが、男キャラと女キャラで微妙に会話が違うんですよ。男キャラだと隊長から「男同士のナイショ話」をされたりします。

相方の画面を先に見てこの部分猫のイベントではどうなるんだろうと思っていたら、しれっとなかったことにされていてこれもある意味リアリティあるなぁと感心しました。

■にゃんこさん
ラジュリーズ隊長の「男同士のナイショ話」とか聞くと何だかイカガワシイ感じがして、ものすごく【興味があります】。このダンスシーンってPCの種族によっても差異があるみたいでタルタルのヒトの場合は観覧席がテーブルの上になるとか聞きますね。つまり一番の勝ち組は「タルタル♂」ってことか!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。