スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天空の恋人たちの試練! 



FFXIのイベントって良く言えば毎年恒例、悪く言えば使いまわしなので「古参」と呼ばれているプレイヤーのヒトならば「あーアレね」みたいな感じにイベント内容もだいたいわかっていたりするんですね。しかしながら今回の「銀河祭」に関してはどういうわけかちっとも覚えていなくて、それでもFFXI公式サイトでは「今年もまた『銀河祭』がやって来たクポー!」みたいなノリでモーグリが騒いでいるからたぶん使いまわしのパターンなのに全然思い出すことができない。いまからこんな調子だと老後は一体どうなっちゃうんだろうかと考えて暗い気持ちになったりとかしていたわけですが、去年の「銀河祭」ってリンクシェルコミュニティ機能を利用して鯖間による競争の結果ウンタラカンタラってヤツだったんですね。思いっきりスルーだったので記憶がないのも当然です。

実際去年の「銀河祭」はえらく不評だったようで今年はそのあたりを反省したのかリンクシェルコミュニティ機能を強引に絡めたりというようなことはせず、ヴァナに始まりヴァナに終わるごくごく普通のイベントとなっているようです。FFXI公式サイトのモグの説明によると「銀河を渡り、久しぶりのデートを楽しむアムディナ姫とヤヒコ皇子。そんなふたりの前に突然ナゾの美女軍団が舞い降りた。悩ましい微笑みに惑わされるヤヒコ皇子、そして皇子の愛に疑念を抱き心かき乱されるアムディナ姫。果たしてふたりの恋の行方やいかに。ハラハラどきどきの銀河祭に乞うご期待クポー!」というわけで、この「銀河祭」における我々冒険者の役割は浮気性なヤヒコ皇子とネガチブなアムディナ姫の恋を成就させるためにお手伝いをすること。具体的に何をするのかって言うと、例えばヤヒコ皇子がフラフラ~ッと浮気しそうになったら「浮気は駄目ゼッタイ!」と【/slap】。という具合にNPCの挙動に対応したエモをあてるわけです。

我がぱんでもにうむ鯖は去年「飾笹」をゲットできなかったので今回わたしは三種類の「飾笹」を貰うべくバス、サンド、ウィンの三国を巡ったのですが、かかった時間は一回につき10分程度、移動時間を含めて全部で一時間弱。こんなふうにサックリと終わる仕様だからか、それともみんなモグボナンザ抽選結果発表の方に目がいっちゃっているのか、イベント開始から初の日曜日だったにも関わらず、すでに過疎っていて国によってはひとりも遊んでいないなんてことも。冒険者が応援してあげないと、ヤヒコ皇子は浮気しまくりアムディナ姫はネガキャン全開でふたりの恋はダメになっちゃう仕様みたいなので、このままだとリヤルワールドの七夕祭が盛り上がる頃にはアムディナ姫とヤヒコ皇子は絶賛破局中みたいなことになるわけですが、そういうのっていくらなんでもマズイんじゃないでしょーか^^;

写真手前から
■赤笹(属性:闇 収納数:2)
→祝祭に用いられるサンドリア様式の飾笹。
■青笹(属性:闇 収納数:2)
→祝祭に用いられるバストゥーク様式の飾笹。
■緑笹(属性:闇 収納数:2)
→祝祭に用いられるウィンダス様式の飾笹。

コメント

ところでモグボナンザはどうなったクポ?

■だいにちさん
くわしくわきょうのにっきで!!!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。