スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケット・シーの助手 



アルタナ-ミッションの「天涯の娘」以降、ケット・シーさんやリリゼットたんはお休みとなり、再び過去三国のお話に戻ります。というわけで2008/09/09のver.UPにおいて追加された三国連続クエストの第五話と第六話。事前予習したところ各国とも第六話にはそれぞれBF戦が用意されてるらしいのですが、コレが結構な難易度のようでぼちぼちソロ攻略は厳しいレベルだとか。なので今回はエロリー君とスパと足並みを揃えて三人でチャレンジすることにします。六人制限のBF戦なのに三人しか集まらない理由を訊くとかヤボな真似はしちゃダメ。わかりきってるだろ!

■羽撃け、鷲獅子・それぞれの死地へ
→過去世界サンドリアのお話。今回追加されたBF戦の中では最もヌルいとのことで余裕ぶっこいていたらオークやらゴブリンやらに絡まれまくリング。ふぁっしょん&スパのふたりがまさかのリタイヤ(戦闘不能)。一瞬ピンクスパイダーもうダメだ的雰囲気も漂ったのですが、孤軍奮闘のエロリー君が見事ターレットに取り付いて破壊活動。ドーにかコーにか一発クリアとなりました。初っ端からこんなふうだと先が思いやられるわけですが……。

■勃発、ミスラ大戦・淑女たちの饗宴
→過去世界ウィンダスのお話。コブラ傭兵団のロマー団長を護りつつベルフリーを破壊するのが目的。なんですけど、まじパねえ数のモンスターがポッポして初戦はあっさり敗退。こんな適当編成じゃイカントモしがたいってことで、赤赤赤のナリフリ構わぬ必死構成で挑んでみたものの、これでもやっぱし歯が立たない。最終的にはシャウトでヒトを集めて忍戦侍白赤黒の六人でGO。白赤黒がロマー団長の護衛にあたり、忍戦侍でベルフリーを全力攻撃。さっきまでの苦労がウソみたいに五分程度でクリアとなりました。三人よりも六人、絆って大事です。

■騒乱の行方・隠滅の炎
→過去世界バストゥークのお話。メガネっ娘のアーデルハイドたん(もいん)を護衛しながらルホッツ銀山の最深部まで進みます。が、初戦は逃げ回るアーデルハイドたんを追いきれずにアウト。んで、次戦は制限時間オーバーのタイムアウト。過去世界ウィンダスのBF戦と違って三人だと全く歯が立たないってレベルでもなかったので頑張れば何とかなりそうな雰囲気はあったんですけどね。結局シャウト募集で集まってくれたヒトたちと六人でクリアしちゃいました。

中身がスカスカと言われた「アルタナの神兵」も発売からそろそろ一年。Ver.UPを重ねて結構なボリュームになっているので、一学期(←謎)にサボっていた生徒諸君はがんばって遅れを取り戻すように!

コメント

おいらバージョンアップがあると、必ずミッションから手を付けるほどのミッションスキーですにゃあ=^▽^=

プロマシアの反省以降、ぬるめのミッションが増えていますが、ZM「神威」やPM「畏れよ我を」みたいなツラかったけど記憶に残るような熱いバトルがもっとあってもいいと思うのです。

Mの方には一応リ(自主規制)スなんてボスの名前も出てたけどまだ姿すら見せてないところを見るとまだまだ先は長いのだろうか
とか言いながらもう1年って考えると次回あたりでサラッと終わるのだろうか^^;

■あぜ猫さん
クソミソに叩かれがちなプロマシア-ミッションですけど、実はわたしもそれほど嫌いじゃなかったりします。しかしながらメンバー募集や制限エリア用武器防具の用意、目的地までの移動時間等、準備段階でアホみたいに手間がかかる仕様が問題なんですよね。この当時にせめて「レベルシンク」だけでも導入されていたらFFXIもずいぶん変わっていたと思うんですけどね。実際は後手後手どころかあまりにも遅すぎて時期ハズレな感が否めないあたりが何ともモッタイない話です。

■スパ
無意識のうちに「マゾのかたには……」と読んでしまったのは、ふぁっしょんだけでいい。アルタナ-ミッションがもう終わりってのはさすがにないと思いたいですが、アトルガン-ミッションも後半は結構急展開だったからなあ。まあアレは追加ダィスクの発売に背中を押されたって背景もあるみたいですけど。

> 孤軍奮闘のエロリー君が見事ターレットに取り付いて破壊活動。ドーにかコーにか一発クリアとなりました。

もっと俺の活躍を大々的に取り上げるべき。
SSとかかっこよくのせとくべき。

■エロリー君
自分で^^;ブログを作って^^;大活躍のサマを^^;好きなだけ^^;書けば^^;イイと^^;思うよ^^;SSとかも^^;載せて^^;大々的に^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。