スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

邪眼の怪ピュラクモン 



その昔、ひとりの若き聖職者が功名心から禁を破って「悪霊を見出す右眼」を悪魔から買った。聖職者はこの右眼の力を用いてあたまの悪霊どもを打ち祓い、最強のエクソシストとして神聖アドゥリンの地に君臨した。そのようにしていつしか彼は神話に登場する隻眼巨人「ピュラクモン」の名を騙るようになった。しかしながらそうした背信行為が許されるはずもなく彼は追われる身となった。そしてついには捕らえられて重罪人として火刑に処される。こうして聖職者の肉体は炎に焼かれて滅んだが、彼の「悪霊を見出す右眼」だけは炎をものともせず眼窩から這い出したのちに東の空へと飛び去っていったという。この事件の記録は教会によって残らず抹消され、ピュラクモンの名を知るものも誰もいなくなった……。

ぼくがかんがえたさいきょうのダークヒーローみたいにはじまった本日の日記ですが、ヴァナ・ディールのハロウィン「邪眼の怪ピュラクモン」です。このイベントにおける我々冒険者の役割はと言うとアーリマン型モンスターのピュラクモンさんの討伐。というわけでまずは手下のレイスバット(コウモリ)をチクチクと撃破して光のパワー(エンライト)を充電、そのあとでいよいよピュラクモンさんに挑戦することになります。今回わたしはコマちゃん&シゥシゥさんと三人パーチィで遊んだのですが、一回の討伐にかかった時間はおおよそ10分。HQアイテムを狙っても20分程度でした。たくさんのレイスバットを倒してエンライトのダメージを↑させればひとりでも遊ぶことができるバランスに設定してあるのはなかなか良心的。昨今のイベントは手間も時間もかからずアッサリ記念アイテムがゲット可能な、良い意味での「ゆとり仕様」でして、ソレはソレで素晴らしいことだと思うのですが、六年間にわたって調教された身としては「こんなに簡単でいいの?」みたいに罠の存在を疑ったりとかして、もはやマインドコントロールと呼んでも過言ではないレベルでマゾ根性が植えつけられているふぁっしょんさんなのであった。そんなこんなで今回の記念アイテムはコチラ。

■イアリクローク
 頭装備不可 防2 LV1~All Jobs

■イアリクローク+1
 頭装備不可 防3 潜在能力:リフレシュ LV1~All Jobs

イアリクローク+1の潜在能力発動条件は、レベルが13の倍数(LV13,26,39,52,65)で夜間:ヴァナ時間18:00~06:00のみ、というモノでして使えるか使えないかという観点から見れば残念ながら「使えない」方面に片足を突っ込みかけているわけですが、常時(あるいは常時に近い)潜在能力発動条件でリフレシュ効果を有する防具を簡単に配ったりするとゲームバランスもクソもなくなっちゃうので、まあ妥当な線じゃないかなと思います。それにしても、ピュラクモンなのかピュクラモンなのかイアリクロークなのかイリアクロークなのか非常にヤヤコシイ。

コメント

イアリクロークは見た目がかっちょよくて、個人的には結構好きです。

でも、一番うれしかったのは、三国テレポ首輪のリチャージができたことw

■エロリー君
確かにイアリクロークはなかなかカッコいいデザインだと思うのですが、見ようによっては「クッ……鎮まれ鎮まるんだッ!」みたいな厨二病的かほりがしないでもないです。それはそうとヴァナフェスの抽選は当たったの?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。