スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花鳥風月:万魔殿への道 



無事サーラメーヤさん討伐と相成りましたので、本日は「花鳥風月」のハルブーン傭兵団領ルートのマトメであります。ご覧の通りこのルートもSTEP02のリアクトンさんを残したまま完全制覇まであと一歩という状態なのですが、進行上撃破必須というわけではないし、ポップ地点がやたら遠くてとにかく移動時間がかかるせいでひっじょ~にダルイ。しかしながらSTEP02のド本命と言われるアナンタボガさんはトリガーアイテムの交換レートが高騰しがちなので、回避策として新しいルートを開拓する意味でもリアクトンさん討伐の意義はそれなりにあるとは思うんですけどね。でもこれだってレートが安いときを見計らって予めトリガーを交換しておけばドーにでもなる問題なので結局「STEP02はアナンタボガさん!」となり、やっぱしリアクトンさんは放置される運命なのでした。

■ハルブーン傭兵団領STEP01
・花鳥風月:ブラスボーラー………………[2008/07/23]
・花鳥風月:クラレット……………………[2008/09/11]
・花鳥風月:オブ……………………………[2008/10/21]

■ハルブーン傭兵団領STEP02
・花鳥風月:アナンタボガ…………………[2008/07/24]
・花鳥風月:リアクトン……………………[未]
・花鳥風月:デクストロース………………[2008/09/22]

■ハルブーン傭兵団領STEP03
・花鳥風月:ノスフェラトゥ………………[2008/10/01]
・花鳥風月:雄魂のブーボーロー…………[2008/09/12]
・花鳥風月:アカモート……………………[2008/08/26]

■ハルブーン傭兵団領STEP04
・花鳥風月:サーラメーヤ…………………[2008/11/06]

基本的に「花鳥風月」のSTEP01~STEP03までのモンスターのドロップアイテムってエクレア属性で占められているのですが、このハルブーン傭兵団領ルートでは売買可能なアイテムを落とすモンスターが二種配置されていたりします。さらにSTEP04のサーラメーヤさんは高額素材が固定ドロップということもあって報酬面に関して非常に魅力的なルートだと言えます。てゆーかですね、STEP04へ到達するまで最低でも 22500モンという莫大なポイントが必要なのはどのルートでも同じなわけですから、その労力を考えるとこのルートがウマイと言うよりは他のルートに「飴」が少なすぎるという気がします。「花鳥風月」全体の報酬をこのルートを基準にして見直してくれてもバチはあたらないだろうと思ったりするのですが、こういう意見はやっぱしアマチャンなのでしょーか。

コメント

初めまして。
いきなりですみませんが、近日サーラメーヤと戦うのでSSについて2つ質問していいでしょうか?
ナイトさんが敵の正面に立っていますが何か特別な理由あるのかなーと思いまして。wikiには敵の正面だと攻撃間隔がとても速くて、後ろからタゲを取れば遅いと書いてあったので気になりました。
もう1つの質問は我慢します。
よろしければお答えお願いします!

後ろからだとスコーチングラッシュという変な強い技を使うんであんまり良くないですよ

■sumimasenさん&だいにちさん
エントリの構成上この時期にアップしましたが、実はUchinoLSがサーラメーヤさんを討伐したのって一ヶ月だか二ヶ月くらい前のことだったりするんです。当時話題だった「サーラメーヤ四人討伐」の動画を見て、背面に立って戦う方法もあるってことは一応知っていましたが、その頃のFFXIwikiには「攻撃間隔(短い)NM正面<NM側面<NM背面(長い)」という記述もなく(たぶんなかったと思う)、あまり一般的な戦術として見られていなかったと思います。だいにちさんも言う通り、ケルベロスには後方カウンターの「スコーチングラッシュ」があるので、コレをしっかり対処できれば「背面戦術」も悪くないと思います。ただ、UchinoLSは物理アタッカーを比較的多めに組み込んだ17人編成だったことから、人数に比例して与TPも当然増加するわけで「スコーチングラッシュを連発されてボロボロ;」なんて事態を避けるために真正面からフツーに戦いました。個人的には「背面戦術」って与TPをコントロールし易い少人数パーチィ向け、または召喚士特化パーチィに適した「ちょっと特殊な戦術」だと考えているのですが、どうなんでしょう。何だかあんましお役に立ちそうもない答えですんません(汗)。

なるほどー、大昔にやったんですね。
エレジーが全く入らないとwikiに書いてあったのと4人で倒せるならスコッチとやらもたいしたことないんじゃないかと調子に乗っていたので危ないところでした。

前の記事の「知られざるヘイトリセットの意外な範囲の狭さ」と「サーラルーチンのマグマホプロンの後にみんなで接近して一斉にヘイトリセットする技」はとても参考になりました。ありがとうございます。ぱくらせて頂きます!
  • [2008/11/08 00:53]
  • URL |
  • 助言ありがとうございます。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

■助言ありがとうございます。さん
サーラメーヤ討伐がんばってください。でも、自分で書いておきながらこんなこと言うのもアレなんですが、このブログにある攻略法っぽいモノは検証による裏付け等は一切なしに基本的にわたしのアテにならない「たいかんw」で語っているだけなので、あんまし信用しないほうがいいです。常連のヒトたちなんかは「あいつのブログは全然役に立たねー!」ってわかっていると思うのですが、ハジメマシテのヒトはマジで注意したほうがいいです。たまに過去の日記を読み返すと「どうしてこんな無茶苦茶な間違いをやらかすんだろう?」と自分でも不思議になるくらいのトンデモないウソを平気で書いていることが多々あるので^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。