スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュモモちゃんの呪縛 



アルタナ-ミッションの新章「踊り子の憂慮」では、(自主規制)が(自主規制)した結果、(自主規制)が(自主規制)になって、(自主規制)から特定のアイテムを持ってくるように依頼される、俗に言う「おつかい」が発生します。このあたりはいつも通りの展開と言えばいつも通りの展開なのですが、ひとつ注意点がありましてこの依頼されるアイテムが「リンクスの肉」「獣人金貨」「ニュモモちゃん」の中からどれか一個、ランダムで指定されるってことなんです。

リンクスの肉と獣人金貨は競売取引が可能なアイテムですから今回の特需で若干の値上がりが予想されるものの、費用対効果を考えたらサッサと購入するのも有りという意味でまあそれなりに良心的な設定と言えるのですが、問題は最後のニュモモちゃん。このニュモモちゃんだけ嫌がらせのようにEx属性が付与されており、競売取引はもちろんトレードも不可。ひろーいバタリア丘陵(現代)に生息するごく一部のオークのみが落とすというシロモノで、そのドロップ確率は「50匹以上のオークを狩ったのに一個も落とさなかった」なんて話も。おまけにタダでさえ該当オークの個体数が少ないのに、特需のおかげで奪り合いオンラインが絶賛開催中。つまり誰がどう見てもニュモモちゃんだけハズレというわけなんです。それもまるで何かの罰ゲームのように凄まじいハズレ。さらにニュモモちゃんって名前が面白いことが事態をより悪化させて、ネ実では案の定「オークいないニュモモちゃん落ちない発狂しそう」とか「彼氏がニュモモちゃんを引いた……別れたい」とか「ニュモモちゃんを引くヤツは生きていて恥ずかしいレベル」なんて具合にクソミソにバカにされている始末。

できれば簡単なお題でサクッとミッションを進めたいとは誰もが思うことで、当然ふぁっしょんさんだってソレは同じ。でもですね、こんなふうな状況に立たされると芸人の使命感みたいなモノがメラメラ燃え上がってきて「ココでニュモモちゃんを引いたらオイシイかも」とか考えている自分がいたりするんです。もちろんすぐさま理性を取り戻して「いや、サクッとミッションを進めたいだけだし、そういう芸風もいい加減キツイし」と拒絶するのですが「いやいや、コレはニュモモちゃん以外ありえへんやろ」と何故か関西弁になる芸人の使命感と、カケラばかりの理性が正面衝突。そんなふうにして光と闇があわさって導き出されたランダムの結果はと言いますと……。どう見てもニュモモちゃんです。

ニュモモちゃんのログがあらわれた瞬間、当然「うわあああああ!」という絶望感に襲われたわけですが、それ以上に「大仕事をやり遂げたゾ」的な満足感を抱いている自分がいたことも確かで、ドコまでダメ人間なんだって話です。というわけでニュモモちゃんを求め、バタリア丘陵(現代)へ急行。しかしながらVer.UPから三日が経っていたせいか、奪り合いオンラインはすでに終息、五分くらいであっさりとニュモモちゃんをゲットしちゃって、期待していた罰ゲームが思っていたほどでもなかったみたいなオチになって結局ぐだぐだ。

☆★☆ おまけ ☆★☆
ケット・シーさんとニュモモちゃん。

コメント

見事にニュモモちゃんひくあたりが芸人の鏡
つかニュモモちゃん言いたいだけだという^^;

なんで鯖スレで暴れますか?

もう麻雀のツモはオワタね

■スパ
こういう芸風もキツくなってきたのでそろそろ勘弁して欲しいんですけど、コレがなくなるとあとはもうシモネタしか残らないっていう。

■オートマさん
基本的にわたしはsageないヒトなんですけどね。とりあえずあのスレタイのセンスはなかなかスゴイと思います。いきなし「日本語で」というツッコミが入るあたりもホンモノより芸の幅が広いように感じられます。

■まれい君
コッチ系の流れなら「国士無双」が狙えるはず。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。