スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

即身成神討伐(2) 



戦闘開始と同時に即身成神ソー・ルマさんは護衛やぐうどを三匹召喚します。護衛のジョブはそれぞれ、頭文字Roが詩人、Zjが忍者、Jiが侍。護衛やぐうどはさして強くはないものの(むしろ弱い)、倒しても倒しても繰り返しリポップする無限増殖パターンは「金剛王討伐」と一緒。なのでスリプル等をばらまいて無視することになるのですが、すぐに耐性がついて不眠症になっちゃうあたりも「金剛王討伐」と一緒。というわけで「金剛王討伐」と同じノリで挑んでみた結果、ソー・セクシィなソー・ルマさんの「全力のおもてなし」を受けて見事全滅。敗因はすごくシンプルで「連環計」の範囲古代魔法を対処できずにマトモに喰らってしまったこと。肉を斬らせて骨もバラバラ。オーケー。ココまでは作戦通りだ(謎)。

まあこんなこともあるだろうとリレイズだけはしっかり準備していたので立て直しをはかります。あっさり全滅したわけじゃなくて、往生際悪くねばった結果の全滅だったので制限時間の残りが気になるところですが、とにもかくにも不屈の闘志でソー・ルマさんに再度アタック。切り札の「連環計」を使い切ったソー・ルマさんはヘロヘロだったこともあって、ドーにかコーにか初挑戦の初勝利。「こ、これは終わりの始まりである……。シシュよ、心せよ。終末は近……い……」という断末魔を残してソー・ルマさんは倒れたのであります。クリアタイムは28分51秒ともう本当にギリギリでしたが、逆に言うと一度全滅しても立て直すくらいの余裕はあるとも。しかしながら、さすがにこんな状態では「勝ったヨ!」と胸を張るわけにもいかないので、翌日再挑戦。冷静に考えるとこの「即身成神討伐」ってオズトロヤ城の最深部が丸ごとバトルフィールドになっていることからスペースが余り過ぎるほどに余っているし、ソー・ルマさんは魔法を詠唱する度に移動の足を止める特性があるので、見るからに「マラソン戦術で戦ってください」って感じだったりするわけです。なのでココは素直に「連環計」の効果時間中はマラソンで逃げ回る作戦で挑んでみたら、コレがしっぽりハマって戦闘不能者ゼロの完全勝利。

ふぁっしょん的には「金剛王討伐」の方が難しいように感じられたのですが、他のヒトたちの意見は逆で「即身成神討伐」の方が難しいと言っていました。やっぱりわたしは頭が少しおかしいのかもしれません。まあ突き詰めて言えばドチラも同じパターンのバトルフィールドなんですけどね。ちなみに全五戦の戦利品は、鴉天狗甲懸が一個とクーフリンベルトが一個、その他ゴミ同然のハズレアイテムが諸々といった感じ。ラウンデルピアスはお目にかかれませんでした(涙)。せっかくウィンダスへ移籍したのだからしばらくはコブラ傭兵団の一員として働くつもりではいるのですが、生まれも育ちもバストゥークなふぁっしょんさんにとってウィンダスという国はやっぱし異国なわけでして「いずれは故郷へ戻りたいなあ」と早くも望郷の想いを抱いていたりするのでした。まる。

コメント

蒼い鎧がみえる@@;

しっぽりハマるとかすごくエッチです

クリスマスどうするの?
死ぬの?

■まれい君
SS変更にして、あずさんになりました。(`・ω・´)

■オートマさん
ある意味、クリスマス商戦です。

■モンモン君
そういう質問って予定があると答えたら「セクロスするんですねわかります」的な目で見られて、予定がないと答えると「クリスマスもFFXIっスかwww」とかバカにされるわけで、どっちにしても詰むっていう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。