スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兄と弟 



ホームポイントをバストゥークに設定しているふぁっしょんさんの場合、ジュノへ向かうルートは「バストゥーク→飛空艇→ジュノ」か「バストゥーク→アトルガン白門→ジュノ」のどちらかになるわけですが、飛空艇ってダイヤの関係上、長時間待たされるなんてこともザラなので、よっぽどヒマなときでもないかぎりは白門を経由して「デジョンタルタル」の兄貴カドゥルハイドゥル(Kaduru-Haiduru)さんのワープを利用することになります。しかしながら、コレはコレで便利なぶん、三百ギル+アトルガン白銀貨というコストが必要となるのは皆様ご存知の通り。

三百ギルはともかく地味に痛いと感じるのがアトルガン白銀貨。先日なんかジュノまで出かけて用事を済ませて戻ってきた直後にコマちゃんから「モブリンズメイズモンガー」に誘われて、いまジュノから戻ってきたのにまた白銀貨を使ってジュノへ行くのって「タクシーに乗って帰宅した直後に飲み屋に携帯電話を忘れたことに気付いてまたタクシーで取りに行く」的なお金の使い方に等しいわけで、さすがにソレはチョットってことで飛空艇乗り場へ向かっていると「飛空艇とかでチンタラ来たらマジぶっころしょ?」と完全に先読みされて、泣く泣く白門経由でジュノへ向かったのですが、コレってわずか10分足らずのあいだに白銀貨を二枚も消費したことになるわけです。

わたしだってイッパシの廃人ですから(←全然自慢できない)、ギルだってそれなりに持っていますし、白銀貨を交換する程度じゃビクともしないくらいの皇国軍戦績を稼いでいたりもします。でもですね、白銀貨二枚って競売取引価格に換算すると約2000ギルなわけで、さらに言うとクロマ鉄鉱が落ちる(かもしれない)「プークの幻影」に必要な皇国軍戦績の1/15にあたるわけで、こう考えると何だかものすごくモッタイナイ。そこで思い出したのが「デジョンタルタル」の弟の方のシフゥダンフゥ(Shihu-Danhu)さん。

そんなこんなで久しぶりに彼のワープの実験台に志願したのですが、現在では兄貴にお客を取られてすっかり閑古鳥だったりするわけです。そりゃ彼のワープは精度に難があったり、ビシージの状況如何では彼自身が不在になっちゃったり等、不便な面が多いことも確かだと思います。しかしながらですね、アトルガン貨幣が希少だった一昔前はちょっとしたアイドルみたいにチヤホヤされていたのに、いまでは誰からも見向きもされなくなっちゃって寂しそうにしている彼の姿を見ると何だかカワイソウになって、今日も積極的に実験台に志願する心優しいふぁっしょんさんなのでした。決してケチなわけではない。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。