スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屍臭病予防 



獣神印章バトルフィールドは数あれど、儲かるのはどれかと訊ねられたら「会議は踊る」か「真龍」が挙げられると思います。前者「会議は踊る」は適当な編成でも六人揃えば何とかなっちゃう程度の難易度でありながら売れ筋商品オリハルコンが絶対確実にドロップと安定感グンバツ。後者の「真龍」は一応フルアラ推奨なので難易度こそ高いもののアタリのスピードベルトを引けば宝くじクラスの一攫千金が魅力。しかしながら基本的に友達がいないふぁっしょんさんですから六人集めるのも一苦労、フルアラなんてトンデモないという話で、二、三人程度で気軽に遊べてソコソコ美味しいバトルフィールドはないだろーかなんてことを常日頃から考えていたのですが(他に考えることはないのか)、そんなおり見つけ出したのが「屍臭病予防」。歯周病予防じゃなくて屍臭病予防なんてシャレがきいてますね。こやつめハハハ!

この「屍臭病予防」の相手はモルボル族のEvil Oscarさん。最大の特徴は臭い息をタメてタメてタメて……三回タメたあとで発動する「生臭い息」。コレは前方範囲内の対象を問答無用で戦闘不能にする文字通りの必殺技。しかしながら射程距離は非常に短いことから構えから発動までのディレイを利用して回避可能であり、逆に言うと「生臭い息」さえ喰らわなければ「ちょっとタフなモルボル」みたいなモノで、スゴ腕のヒトになると「ソロ撃破余裕でした」というレベルなのだとか。まあヘタレ代表のわたしがこういうのを鵜呑みにしてひとりでノコノコ出かけて行っても返り討ちに遭うのは確定的に明らかなので、見るからにヒマそうなコマちゃんを拉致。ココは手堅く赤魔道士ふたりで挑戦することにします。

というわけでユグホト岩屋はホルレーの岩峰へ。一番手は譲るヨ。いやいやお先にどーぞどーぞ。みたいな醜い人柱の押し付け合いの結果、言いだしっぺという理由からわたしがアトロポスオーブを投げることに。そういえばすっかり忘れていたのですが、Evil Oscarさんの通常攻撃にはヘヴィの追加効果が付与されており、一発でも被弾しちゃうと移動速度がスローになって「生臭い息」の回避が非常に厳しくなります。すっかり忘れていたということは当然わたしが被弾して「生臭い息」の餌食になったことに他ならないわけで、そんなふうなグダグダがあったりしながらもとりあえず無事にEvil Oscarさんを撃破。この「屍臭病予防」でアタリとされているお宝は、キャシーイヤリングにダマスクインゴット、ダマスク織物。それからモルボルガーのつる(←コレはエクレア属性)。ウデに自信があるヒトならばひとりで、腕にあまり自信がないヒトでも二、三人程度で気軽に挑戦可能な難易度でこのくらいのアタリが期待できるならば、それほど悪くはないと思います。獣神印章のまま金庫に溜め込んでいてもお腹の足しにはならないわけですし。

ちなみに後日、シーフ+赤魔道士のコンビによるガチ戦術にも挑戦してみたのですが、コチラもまあフツーにイケました。とはいえ「生臭い息」を避けるとき以外は接近戦主体になるので、マラソン戦術と比較して被弾の可能性が高く「一瞬の油断が命取り」という感じはあります。ただガチ戦術の方が一回の戦闘にかかる時間は少なくて済むので、ある程度の危険は覚悟して短期決戦のガチ戦術を採るか、時間はかかっても安全なマラソン戦術を採るかは好みの問題ってところでしょーか。

コメント

アタリドロップは書くけど、実際どうだったかというとドンマイです。

■美脚天使太股さん
コマちゃんがモルボルガーのつるを引いたのだけは覚えているんですけど、あとは忘れました。まあ忘れるってことはやっぱしそういう方向性のドロップだったわけで、悲しいけど美しいのがLifeです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。