スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12回ぱんでもにうむ麻雀バトル 

春光うららかな今日この頃、皆さま如何お過ごしでしょうか。もともとは「麻雀というスポーツ(←)を通じてぱんでもにうむ鯖に住むヒトたちと直に触れ合い、心の交流をウンタラカンタラ」みたいな崇高な理念があったりなかったりだった「ぱんでもにうむ麻雀バトル」ですが、近頃では「もう麻雀が打てれば何でもイイ!」という感じでゲストもクソもない状態。というわけで2009年02月某日、三度のゴハンよりも麻雀が大好きなまれい君、スパ、コマちゃん、ふぁっしょんの毎度お馴染みな四人が東京都は国分寺市に集まり、12回目の熱い戦いの火蓋が切って落とされたのであります。てゆーか12回目て!



今回は全10半荘。と言っても12時間ブッ続けで打っていたりします(照)。ハコテンに次ぐハコテンみたいな激しい展開だと場が進むのも早いのですが、ご覧の通りに今回ハコテンはわたくしふぁっしょんの一回のみ(涙)。南場最終戦までもつれこむ長期戦が続いた結果の全10半荘でありまして、決して遊び半分で打っていたわけではありません。FFXIはもちろん麻雀だって遊びじゃない!

点数表の真ん中あたりの血塗られたように不吉な赤い数字「65」は、言いたかないけど役満です。ココ最近の麻雀バトルでは結構な頻度で役満のテンパイが見られたことから「そろそろ役満クルー?」なんてことが言われていましたが、あろうことか「ぱんでもにうむ麻雀バトル」初の役満はコマちゃんが叩き出した「四暗刻」となってしまいました。歴史の汚点とはまさにこのこと、会場(雀荘)は「エーッ!」という大ブーイングの嵐。しかしながら、コマちゃんもトータルで見れば絶好調というわけでもなかったようで、最終的な順位ではスパに並ばれてコマちゃん&スパの同率一位、二位が空席で、三位がまれい君、となると当然ビリの四位はわたくしふぁっしょん。エーッ!!

近頃のコマちゃんはヴァナ・ディールでも、ねんがんの「ダイモスキュイラス」を手に入れたりとかしてどう見ても運がおかしくなっているのですが、こんなふうに幸運ばかりが続くと不運の倍返しがやってくることは確定的明らかなわけで、小便は済ませたか? 神様にお祈りは? 部屋の隅でガタガタ震えて命乞いをする心の準備はオーケー?

コメント

その分リアル残業が増えたり休日なのに仕事電話でテンションがた落ち涙目になるわけですね分かります

パンデモニウムだけに、ぱんでもにうむ麻雀バトルには、魔物が住んでるんですね?
  • [2009/04/02 16:47]
  • URL |
  • 煩悩の空蝉使い
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

■スパ
うわああああああああああ……満貫。

■煩悩の空蝉使いさん
魔物なのかどうかはわかりませんが、我々がいつも遊んでいる雀荘には宮崎駿監督クリソツの店主が棲んでいたりします。我々の宮崎駿。

ブログ内容よりコメントのほうが久々の爆笑のツボだったwwwwww
ハヤヲwwwwwwww

■まれい君
我々の宮崎駿(Reprise)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。