スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法人形「みとどけくん」第03日目 



ログインするとロランベリー耕地のド真ん中。思わずデジョンカジェルを準備して帰宅しかけますが、そういえば魔法人形「みとどけくん」のために黒い三連星ことブラックトリプルスターズさんを追いかけていたのでした。ヴァナ時刻は都合良く夜。さあ抽選対象のモンスターを狩り続ける作業に戻るんだ。というわけでそこらをパタパタしているコウモリを手当たり次第に叩き落します。するとですね、少し離れた場所に吟遊詩人サポ狩人の、見るからに「ノートリアスモンスターを狙っています!」という感じのヒトが突っ立っているわけです。しかしながら、どうやら中のヒトは離席しているようでピクリとも動かず。なので気にせず抽選対象の駆逐作業を続けていると「ヘイふぁっしょん!」と英語のテルが。

吟遊詩人サポ狩人のヒト、英語で曰く「お前も『みとどけくん』なのか『みとどけくん』なんだろうオーイエー言わなくてもわかる『みとどけくん』に決まっているさ。何故ならこんなシミったれたノートリアスモンスターを狙うなんて『みとどけくん』以外にありえないからな。ソコでひとつ相談なんだが、こんなシミったれたモンスターをふたりで奪い合っても世界は癒されない。だからココはふたりで手を組んで協力するってのはどうだ?」というわけで、パーチィを組むことに。「よし早速作戦会議だ。ご覧の通りオレは非力な吟遊詩人だ。おまけにサポは狩人だからケアルさえ使えないときている。だからこうするんだ。お前は抽選対象のコウモリを狩る。オレはシミったれた黒い三連星をサーチする。理想的な役割分担ってヤツだ。わかったら抽選対象を狩る作業に戻るんだ。歩くんじゃない。走れ!」みたいな話にいつのまにかなっていて、どう見てもパシリ役のふぁっしょんさんが半ベソで抽選対象のコウモリ族を狩り続けていると……。いきなし目の前に黒い三連星がデ、デターッ!

出たぞ目の前に黒い三連星が出たぞサーチ担当ナニやってんの報告遅いよと思って振り返ったら、海の向こうの吟遊詩人は頭の上に赤い玉の【回線切断】状態。その直後にキャラクター消滅。ばんなそかな!! 時刻は午前4:30の夜明け前。コウモリ族のモンスターは夜明けが来ると自然消滅しちゃうので、とにもかくにもウングルブーメランを投げて赤ネーム維持。しかしながらいくら待っても海の向こうの吟遊詩人は帰還せず、テルをしも当然届かず。そんなふうにして10分か20分くらい待ち続けていたわけですが、海の向こうの吟遊詩人はやっぱしいくえ不明。結局最後はわたしひとりで撃破しちゃったという悲しい幕切れ。というわけで、海の向こうの吟遊詩人さんへ。君がまた黒い三連星に巡り会えることを遠く離れたひんがしの国から祈っております。

■Jolly Green(LV27~LV28)
→パシュハウ沼(I-7)(I-8)に出現。
 周囲のGoobbueとの抽選。

次なるターゲットをドーモ君のジョリーグリーンさんに定めて (やっぱし出現場所が近いって理由) ロランベリー耕地を南下してパシュハウ沼へ。ボチボチおやすみの時間だったので本日は魅惑沼で野宿。するつもりが、ななな何とすでにドーモ君がイルー。速攻討伐してコレも魔法人形「みとどけ君」に記録。ラッキー♪

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。