スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法人形「みとどけくん」第04日目 



魔法人形「みとどけくん」と行くノートリアスモンスター討伐の旅も四日目。本日のターゲットは「名前が面白いから」という理由でブブリム半島ミゴヤ砂浜に棲むブブリンブーさんであります。

■Buburimboo(LV30~LV31)
→ブブリム半島(K-7)に出現。
 周囲のShoal Pugilとの抽選。

このミゴヤ砂浜はオンゾゾの迷路の入口付近に広がる真白な砂浜でありまして、東側は見渡すかぎり海、海、海の水平線、朝が訪れるとえもいわれぬ綺麗な陽の出を見ることができる景勝地だったりします。そんな楽園みたいな場所でたったひとりエンエンと抽選対象のプギル族を狩り続けていると「陽は昇り陽は沈む。我々人間はドコから来てドコへ行くのか。こうしている間にも一歩一歩死へ近付いているというのにわたしはプギルなんぞを狩り続けていて本当に良いのだろーか?」なんて疑問が浮かんできて、かなりアレな精神状態に陥ったりしながらもヴァナ時間三日目、リヤル三時間をかけてブブリンブーさん出現。カカッと討伐してブブリンゴルゲットをゲット(←シャレではない)。五分後には店売りの構え。

■Sharp-Eared Ropipi(LV11)
→東サルタバルタ(J-7)または(J-11)に出現。
 周囲のSavanna Rarabとの抽選。

このトンガリ耳のロピピたんの出現地点は、東サルタバルタの南東の魔法塔周辺と北東の魔法塔周辺の二箇所のドチラか。ですからアッチとコッチを張り込む必要があるわけですが、この二箇所って東サルタバルタの地図上縦半分くらい離れているせいで、狩人がLV04のふぁっしょんさんの「広域スキャン」だと可視範囲が届かず二箇所を同時にサーチするのは不可能なのです。仕方ないので「コッチ側でポップしなかったらアッチ側へ行って……」なんて具合に非効率なコトを繰り返していたのですが、そのうち面倒になってきて南東の魔法塔に山を張ることに。このロピピたんもなかなか姿を見せてくれず苦労させられたのですが、それよりもなによりも低レベルのジョブを育成中のヒトが結構頻繁に通りかかる場所で「LV75で東サルタバルタのウサちゃんを乱獲するシーフがいた!」みたいな冷たい目で見られるのがツラかった。でもちょっと興奮もした(←マゾ)。

■Blubbery Bulge(LV45~LV47)
→ダボイ(E-10)に出現。
 Davoi Mushとの抽選。

ナイトのジョブ取得クエスト「騎士登用試験」で訪れるダボイ南西の古井戸のそばが出現地点。このブラベリーバルジさんの問題点ってダンジョン棲息のモンスターということでフィールドに較べるとリポップまでの間隔が長い。なので待ち時間が非常にダルイ。最初はヒマ潰しに周囲のオークさんやらリザードさんに殴りかかる元気もあったものの、そのうちだんだん疲れてきたので半放置状態でマンガを読みながら抽選対象のスライムを狩ることに。運良く五、六回目のポップでブラベリーバルジさん出現。と言っても確実に一時間以上はかかっているわけですからコレを運良くと言ってよいのかはかなり疑問ではありますが、これまたカカッと討伐してスライムオイルをゲット。二度とやるか!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。