スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法人形「みとどけくん」第07日目 



イシュタム様と言えばマヤ神話の自殺を司る女神様として有名(←?)ですが、我々のヴァナ・ディールに棲むイシュタム様は、データ容量の関係なのか製作者の怠慢なのかボロキレみたいなオバケだったりします。魔法人形「みとどけくん」と行くノートリアスモンスター討伐の旅も引っ張り過ぎた結果すでに七日目。本日はこのイシュタム様にターゲット・ロック・オンです。

■Ixtab(Lv71)
→デルクフの塔11階または12階の(F-6)に出現。
 周囲のPhasmaとの抽選。

デルクフの塔11階と12階にはオバケ型モンスター(Phasma)が五匹棲息、11階に三匹のオバケがいる場合12階には二匹のオバケが、11階に二匹のオバケしかいない場合は12階には三匹のオバケがいるという仕組みになっています。イシュタム様の抽選対象となるのはこの三匹の中の一匹。しかしながら、三匹の中のどのオバケが抽選対象なのかまではわからないので、11階と12階を行き来して三匹ポップのオバケを残らず駆逐することになります。このオバケってLV75視点で「楽な相手」なのですが、実際に戦ってみると全然楽な相手じゃないのがFFXIのFFXIたるユエンですからひとりだと抽選対象の駆逐作業も大変。なのでココはコルセアの鎮魂武器クイックシルバーのWSノックがウンタラカンタラとか言っているコマちゃんを「ノックするのにうってつけの場所があるよ」とダマくらかして拉致。

そんなこんなで早速ふたりして抽選対象の駆逐作業を開始。しかしながらデルクフの塔はダンジョン-エリアですからモンスターのリポップが16分間隔。そうなると当然コマちゃんが「3匹/16分のペースでチンタラやっていたら、いつまで経ってもノックが終わらネーヨ!」みたいなことをブーブー言い出はじめるわけで、オバケのリポップを待つあいだギガース族にも手を出すことに。このへんをウロウロしているギガース族って「古びた角笛」や「朽ちた円盾」をまあまあの勢いで落とすのですが、御存知の方は御存知の通り、コレはパラースさんやアルキオネウスさんを誘き出すトリガーアイテム。中でもアルキオネスさんがドロップする腕輪はかなりのお値段で取引されていたりして、とかくお金に目がない我々ですからロクなお宝を落とさないイシュタム様はそっちのけで、いつのまにか腕輪狩りが目的となっていたりするわけです。しかしながら「二兎を追う者は一兎をも得ず」のコトワザを体現するかのように結局アルキオネウスさんは腕輪を落とさず、イシュタム様も姿を見せず、ファッショナブルズは撤退の構え(涙)。

その翌日もトリガーアイテムが落ちるたびにパラースさんやアルキオネウスさんにチョッカイをかけてみたのですが、腕輪のドロップは非常にシブいようで戦利品はパラースの腕輪が一個だけとか。あ、すっかり忘れていましたが、イシュタム様はそのあたりのドコかで出現。特に面白いネタもなく撃破して、魔法人形「みとどけくん」に記録。

コメント

(´・ω・`)ノ

■N様
明日から本気出す……予定デス。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。