スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石の見る夢(1) 



追加(あるいは課金)シナリオ「石の見る夢」には「ヴァナ・ディール最終頌・魂の返歌」なんて意味深なサブタイトルが付けられていることから、ヴァナこそが現実でリヤルは白日夢になっているヒト(主にふぁっしょん)からしてみれば「ぼくたちの冒険も終わりなの?;」と不安になったりするのですが、この「石の見る夢」は三作品が予定されている追加シナリオの一発目ということなので、諸君、安心したまへ。ぼくたちの冒険はまだまだこれから。ヴァナ・ディールは永遠だ!

そんなこんなでジュノ下層。いかにも「ふぁいなるふぁんたじーw」という感じのコッテリとしたオープニングイベントから物語は始まるわけですが、コレに関してはまあ良いんです。ただですね、今回の追加シナリオはオファーに制限がないことから、アイテム売買のみを目的とした倉庫番キャラクターであってもジュノ下層へエリアチェンジした途端、良く言えば壮大、悪く言えば長ったらしいオープニングイベントが「ジャジャジャーン!」なんて具合に始まっちゃって、ふたりの倉庫番をジュノに置いているふぁっしょんさんは都合三回もこのオープニングイベントを観る羽目に。こうなると感動もクソもありゃしねえって話です。

そうこうしているあいだにお話は進んで、あらわれたるはナゾの少年。このナゾの少年から三種の欠片(日光の欠片、月光の欠片、星彩の欠片)を集めてくるようにと言われるふぁっしょんさん。まるっきり「やきそばパン買ってこい」と同じノリでどう見ても使いパシリです。この三種の欠片はジャグナー森林のオーク族、パシュハウ沼のクゥダフ族、メリファト山地のヤグード族がドロップするエクレア属性のアイテム。ボロボロというほどではないにしても、まあそれなりの確率で落ちるのですが、問題は該当モンスターの個体数が少ないという点。それを鯖中の冒険者が一斉に狙うわけだから「奪り合いオンライン」の勃発は必至。わたしはホトボリがさめるまで一週間ほど待ってから追加シナリオに手を付けたわけですが、それでもまだ「奪り合いオンライン」は終息しておらず、地味にキツかったです。

神様(開発者)のイジワルに半ベソかきながらも、やっとのことで三種の欠片を集めきったふぁっしょんさんは次なる目的地のクフィム島へ。しかしながらココからが本当の意味での「石の見る『悪夢』」のはじまりなのだった。

次回へつづく

コメント

ネタバレ
ラスボスはペプシマン

■だいにちさん
そんなだいにちさんは「ペプシしそ(2009/06/23~期間限定販売)」でも飲めばイイと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。