スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Raw Power 



アーティファクト「メガスアタイア」をコンプリートして、カッコだけは一人前の青魔道士になったふぁっしょんさん。しかしながらLV75までの必要経験値から換算すると、ようやく折り返し地点に立ったばかり。というわけで、持ち前の孤独癖を武器にペットハントで突っ走れ!

■LV61からLV70まで
→アルタナ-エリアの開拓が進められたことにより、新たにペットハントの狩場として加わったブンカール浦。連合軍戦績テレポで移動は楽チン、獣使い(飼い主)のモンスターが二匹棲息しているのでペット再召喚までの待ち時間がない、さらにはシギルの付加効果も利用可能と至れり尽せりのステキな狩場。LV63になるまでココで引っ張りました。その後はビビキー湾、ムバルポロス新市街とお馴染みのコースを辿ってLV70まで。習得レベルではラーニングが困難なインプ族のF.リップはコマちゃんとスパに、マーリド族の吸引はヨネチョ&シゥシゥ夫妻に手伝ってもらって無事にラーニング。従者たち乙!

■LV70からLV72まで
→アラパゴ暗礁域のインプです。イルルシ監視哨付近の三匹と、難破船を越えた先の四匹がエモノ。ココのインプはリポップ16分。一箇所で狩ろうとするとエモノが枯れてボーッと待ち続ける羽目になるので、三匹狩ったら移動して四匹狩る、四匹狩ったらまた移動してリポップの三匹を狩ることになります。移動距離は結構あるし、周囲のモンスターもそれなりのレベル(LV75視点で丁度くらい)なのでスニークとインビジ必須。と面倒なわりには特別ウマイわけでもない、ハッキリ言って微妙な狩場なのですが、それだけにまずヒトはいません。エモノの奪い合いでギスギスするよりはジメジメした場所を選ぶぜってことでココでLV72まで。

■LV73からLV75まで
→アズーフ島のインプを狙いたいところなのですが、ココはパーチィのヒトたちで賑わう大人気の狩場なので、ひとりでインプなんか狩ろうものなら「ふぁっしょん死ねばいいのに。……ミス」みたいな誤爆を装った【/say】で心が張り裂けそうになるのは明白。そんなわけでヒトがいない深夜にコソコソ。いかに大好きなカレーライスでも毎日食べていたらイヤになるように、ひたすらインプを叩き落す作業に飽き飽きしながらも、秘密兵器のアニバーサリリングを投入してようやくLV75まで到達。しかしながら全青魔法をラーニングするまでが青魔道士のレベリング。本当の戦いはこれからだ(ふぁっしょん先生の次回作にご期待ください)。

この段階で未修得の青魔法は、R.ブレス、ボディプレス、メメントモーリ、スパイナルクリーブ、アシュラクロー、マインドブラスト、イグジュビエーション。どれもこれもラーニングに手間がかかる厄介な青魔法ばかりですが、さて……!!

☆★☆ おまけ ☆★☆
アニバーサリリングを投入してアズーフ島のインプ。脳汁が止まらないよぉ。

20090625b.gif

コメント

>マリード族の吸引

師匠マリードじゃなくてマーリドです><

■だいにちさん
カカッと修正して証拠隠滅完了です。

み、3日で1から75に!

AFおめでとう&75おめでとうございます!
遅すぎ!
  • [2009/07/02 13:02]
  • URL |
  • 煩悩の空蝉使い
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

■煩悩の空蝉使いさん
コレがふぁっしょん先生の執筆スタイルなのです。宿題の絵日記を夏休み最終日に仕上げていた小学生の頃から進歩していないわけじゃありません。断じてない。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。