スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジュールロー75 



前々から興味はあったものの「ラーニングが面倒そう^^;」という理由から育成にシリゴミしていた青魔道士。ようやく育成をはじめてからも「必要最低限の青魔法があればいいかな」とか考えていたのですが、このラーニングが予想外に楽しくて気が付けば青魔法をコンプリートしちゃうくらいのハマリっぷり。もちろん中にはひとりだったらどうにもならない青魔法もあったわけで、こうしてすべての青魔法を習得できたのも快くお手伝いを引き受けてくれた皆様のおかげ。この場を借りて改めてお礼の言葉を申し上げます。従者ども乙! でもコレは乙じゃなくてポニーテールがウンタラカンタラ!!

・Wandering Blue Bullet ………………[2009/04/10]
・Smells Like Teen Spirit(1)…………[2009/05/12]
・Smells Like Teen Spirit(2)…………[2009/05/13]
・Raw Power ………………………………[2009/06/25]
・Monster's Garage………………………[2009/07/07]
・Criminal World…………………………[2009/08/14]

一見使い道がなさそうな青魔法も組み合わせてセットすることで物理攻撃力アップやオートリフレシュ、キラー効果等の各種特性が付与されるという秀逸な基本設計に加え、アシュタリフ号威力偵察や謝鱗祭襲撃作戦の俗に言う「無双型バトル」の導入によって活躍の舞台が与えられたことも相まって、青魔道士は独自の地位を確立した感があります。多彩な青魔法のおかげで幅広い状況に対応可能でありながら決して「万能」というわけではなくて「器用貧乏」とか「隙間産業」とか呼ばれるレベルに落ち着いちゃっているあたりは賛否両論ありそうですが、ナンでもカンでもソツなくこなすと赤い羽帽子のヒトみたいになる恐れもあるので、やっぱし現在くらいの立ち位置が丁度良いのかもしれません。

そんなこんなで青魔道士のレベリングの仕上げは専用ウァポンスキル「エクスピアシオン」を習得するべく 250本ノック。まだ「ナイズル島踏査指令」で遊んでいた頃にいつのまにかカバンに入っていたワイトスレイヤーを預けっぱなしにしていたのですが、持っていて良かったP.S.P.ってヤツです。クエスト「神器(青魔道士)」のオファーを忘れたまま延々ノックを続けていたなんてことがあったりしながらも無事エクスピアシオンを習得。まだメリポ強化が残されているものの、約三ヶ月に渡って続いた青魔道士のレベリングもこれにてひとまず終了のお知らせ。

(2009/07/09追記)
FFXI公式サイトのトピックスによると次回のVer.UPでは新しい青魔法の追加があるそうです。「オレたちのラーニングはまだまだこれからだ!」ってことでもちろん嬉しいのですが、まずは青魔法のセットを保存可能にしてぽぴぃ;

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。