スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モグハウス・キーパー 



もう目も当てられないほどに叩かれている「戦慄! モグ祭りの夜」ですが、前作において不評だった要素──たとえば奪い合いオンラインによるトリガーアイテムの取得だったり、マップの端から端までタライ回しにされるおつかいだったり──を排除するどころかことごとく拡大して導入しているわけですから叩かれるのもまあ仕方ないと思います。ただ都合二回のバトルフィールドに関して言えばコミカルな雰囲気が良く出ていたと思いますし、難易度も高すぎず低すぎずでそれほど悪くはないというのが個人的な感想です。なので、点数をつけるとしたら百点満点中40点くらいでしょーか。いあ、冷静に考えると20点程度かも。やっぱし間をとって30点かな。でも物事を点数だけで決めつけたらダメだってばっちゃが言ってた。

・戦慄! モグ祭りの夜(1)………[2009/08/03]
・戦慄! モグ祭りの夜(2)………[2009/08/04]
・戦慄! モグ祭りの夜(3)………[2009/08/06]
・戦慄! モグ祭りの夜(4)………[2009/08/18]
・戦慄! モグ祭りの夜(5)………[2009/08/20]
・戦慄! モグ祭りの夜(6)………[2009/08/24]

この「戦慄! モグ祭りの夜」では兜(冑)または帽子の他、各種珊瑚のカギの報酬としてオーグメントの首飾りとマントが用意されています。前作「石の見る夢」では超高性能なオーグメントのピアスと指輪が話題になりましたが、今回は付与されるオーグメント性能が抑え気味であることに加えて、競合する既存防具にも高性能なモノが多数存在する部位である点、なのに合成素材や薬品等ハズレだけはシッカリ混入されているという具合なので、繰り返し遊ぶにはハッキリ言ってかなり厳しいレベル。ちなみに今回の追加シナリオでは流砂洞の地図と雪原エリアの地図が必須になる場面があるのですが、地図を持っていなかったヒトは途中進行不能に陥ってかなり大変な目に遭ったようです。

もしかしてもしかすると、次はイフリートの釜の地図だの怨念洞の地図だのが必須なんてことにもなりかねないので「シャントット帝国の陰謀」を購入予定のヒトはそこらへんの地図を取得しておいた方が安心かもしれません。特にスパとか。

コメント

まぁお察しの通り持って無いわけだが
(´Д`;)

■スパ
イマドキ地図もロクに揃っていない男のヒトって……。

ないかも^^;

普通にもってないやも・・・・うぇうぇω

■Jessyさん&ぷりんぷりんさん
……別れたい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。