スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会戦前夜の罠 



※その天の村雲すごいですね。

囚われの身となったリリゼットたんとポーシャさんを追ってバルドニアへの遠征軍に同行を志願するふぁっしょんさん。そのための条件として薔薇傭兵騎士団団長のノユリさんが提示した条件とは「実力を証明するものを持って来るように」というモノ。そんなわけでアルタナ-ミッションの「勇胆の証」ではサンドリアの街中を駆けずり回って署名を集めることになります。

この署名に応じてくれるのは過去世界の南サンドリアに駐屯している王国軍のヒトたち。話しかけるだけで一筆したためてくれるヒトもいれば、実力テストみたいなノリでクイズを出題するヒトもいたり、署名と引き換えにアイテムを要求するヒトもいたりと実にサマザマ。20名分の署名を揃えた段階でミッションコンプリートの条件を一応は満たしますが、署名の数に比例して、オックスオーブ→フーラード→エンゼルオーブ→オリハルコン→モリブデインゴット、と高額素材が貰える仕組みになっているので、ココはやはり最高額素材であるモリブデインゴットを狙いたいところ。ご存知の方はご存知の通り、このモリブデインゴットは鞄拡張クエストの最終章の「ゴウツバクリのかばん」のコンプリートに必要なアイテム。わたし自身はすでに鞄拡張を済ませているので、コレを高値で売り払ってひと儲けしてやろうって算段です。グヘヘヘ。

クイズに関してはFFXIwiki等攻略サイトをカンニングしちゃえば全問正解も難しくはないのですが、問題は署名と引き換えに要求されるアイテムの数々。その中でもクエスト「漁師の錨」をコンプリートする必要がある「漁師風カスレー」と、ごく一部のオークしか落とさない「オークの黄金マスク」がとにかく面倒臭い。しかしながら儲け話になると俄然やる気になるのがふぁっしょんさんですから、ヴァナ・ディールを東奔西走。最高数の署名を集めきって、ねんがんのモリブデインゴットをてにいれたぞ! というわけで早速モリブデインゴットを競売所に出品。しかしながら、コレが売れない売れにくい!! 理由はこの「勇胆の証」によってモリブデインゴットが安定供給されるようになり競売出品数が急増加。アレヨアレヨという間に大暴落して次点のオリハルコンと価格の逆転まで起こる始末。

冷静に考えてみると、鞄拡張クエスト以外ほとんど需要がないモリブデインゴットより、サルベージ産頭部位防具や属性鉱石リング等幅広い使用用途のオリハルコンの方が暴落の危険性が少ないことはモンキーにだって理解できるわけで、自分自身の先見の無さをいまさら嘆いてみてもまさにアフターフェスティバル。

コメント

そういえばマンダウの樽って出てきてないですね

■オートマさん
ミッションで活躍するノユリさんを見ていると「このヒトもいずれは……」なんて考えちゃってフクザツな気持ちになったりします。ただ「アルタナの神兵」の世界は(自主規制)の(自主規制)っぽいので、もしかしてもしかするかもしれません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。