スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薔薇の庭(2) 



こう見えてもふぁっしょんさんの中のヒトは社会人。10時間ごとにヴァナインしてローズガーデンを撃破するみたいな生活はさすがに無理なので、前日の夜に対象のモルボルを撃破しておいて翌日の朝にローズガーデンが出現するようにポップ調整を実行。ただですね、自分でやっておいてこんなことを言うのもアレですが、このポップ調整というのも複数のヒトが行っていたりするとその都度タイムカウントがリセットされて「いつまで経ってもローズガーデンに成長しない;」みたいなことも起こり得る諸刃の剣。正直あまりオススメとは言えなかったりします。幸運にもわたしの場合は他にポップ調整をしているヒトはいないようでしたが、かと言って常時放置状態というわけでもなく、予定の時間を過ぎたのにローズガーデンに成長しなかったりとか、ライバルのヒトと鉢合わせになって釣り合戦になったりなんてことも何度かありましたです、ハイ。

そんなふうに必死すぎる生活を続けること三週間。13回目の挑戦でついにヴィルマリングがドロップ。ハッキリ言ってお宝を手に入れた喜びよりもローズガーデンを狩るために早起きしなくて済むという開放感の方が大きかった。それにしてもこのローズガーデンは本当に手強かった。トリガーポップ変更前の盗賊のナイフ18連敗という過去最高(最低)記録が塗り替えられるかと思ったぜ……。

実はこのローズガーデン、さらにあと一回の成長の余地を残していまして、ローズガーデンが10時間以上生存し続けた場合、官能のヴィルマさん(Voluptuous Vilma)に成長します。官能とか何だか期待せずにはいられない名前なのですが、見た目はフツーのモルボルと何ら変わりないみたいで【残心】。官能のヴィルマさんに成長するとヴィルマリングのドロップ確率も跳ね上がるようですが (それでも100%ではないのだとか) LV75の冒険者でもソロ撃破が困難なほど手強くなる上に、そもそもローズガーデンがウロウロしているのに誰も手を出さないなんてことは有り得ないでしょうから官能のヴィルマさんの撃破は現実的な選択肢とは言い難い感じ。お宝を抜きにして考えれば、これだけ困難な出現条件を有するノートリアスモンスターを一度は拝んでみたいという気もしますが。

20091207b.gif

このお話の後日譚。わたしがヴィルマリングを手に入れた翌日、FFXI公式サイトにて「初夢モグボナンザ開催のお知らせ」の告知がありまして、嘘だと言ってよとはまさにこのこと四等景品の中にヴィルマリングの名前が……。こうなると今までの苦労は一体何だったのかって話で「モグボナンザ産のヴィルマリングはメッキ製のパチモン」みたいなことを言い張るしかありません。

コメント

ヴィルマ1/13、盗賊ナイフ1/19って
決して運が悪いわけでもない気がします

■オートマさん
良くもなく悪くもなくで正直自分でも「まあこんなところかな」みたいな気持ちはあるですが、その一方で「もうちょっと引っ張ってくれても良かったのに芸人的に考えて」なんてことを思ったりもしているわけで、無事にお宝が落ちて良かったと言うべきか残念だった言うべきかはなかなか難しいところ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。