スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早撃ちのオクタント 



先日のVer.UPにて追加されたノートリアスモンスターは「エヴォリス」関連の先行導入だとばかり思い込んでいてあまり注目していなかったのですが、聞くところによると全部が全部「エヴォリス」というわけでもないようで、一部のノートリアスモンスターは通例通りに高性能な武器防具を落とすのだとか。中でもゼオルム火山に出現するワモーラ成虫型ノートリアスモンスターのイグナモス(Ignamoth)さんは超高性能なクロスボウを隠し持っているというウワサ。

■オクタント【射撃】LV71~シ狩
 D24 隔194 飛命+3

オクタントとは八分儀(航海用の簡易天文測量器)のことで、どうしてこんな名前が与えられたのかはナゾですが、最速の間隔と飛命が両立した性能はシーフにとって最高のクロスボウとなりうるヨカン。というわけで早速張り込み開始。ネ実の関連スレ等で既出の通り イグナモスさんはゼオルム火山(C-6)に棲息するワモーラ成虫との抽選型ポップ。ワモーラ成虫ってイヤらしい特殊攻撃が山盛りの非常に手強い相手なので抽選対象の駆逐も一苦労なのですが、グラビデやバインド、スリプル等を駆使しながら精霊魔法主体に攻めればドーにかコーにかひとりでも狩れないことはない感じ。チェーン連発とはいかないまでも経験値単価は高いのでメリポ強化を兼ねてノンビリ狩るとイイ感じかも。そんなふうにして三時間ほど張り込んでみたのですが、初日はイグナモスさんと会うことはできずにスゴスゴと撤退。張り込み二日目にしてようやくイグナモスさん出現。皇帝の指輪を使用して長期戦の構えに入った途端に出てくるあたりは完全にイヤがらせです。

イグナモスさんポップ後に急いで増援を呼び、シ赤白詩の四名で挑戦。タダでさえ手強いワモーラ成虫のノートリアスモンスターということでこのイグナモスさんも決して弱くはないのですが、エラチックフラッターとファイアブレーク以外の特殊攻撃は使用してこないので攻撃が直線的と言うかむしろフツーのワモーラ成虫よりも戦いやすい感じ。ただシーフ盾の場合ファイアブレークで大ダメージを喰らうとごっそりヘイトが抜けてしまうので、赤魔道士(サポ忍者)がケアル等で回復支援をしながら意図的にターゲットを取って二枚盾の形で戦闘を進めました。この作戦がうまくハマって見事イグナモスさんを討伐。今回はヨネチョ君にシーフで出撃してもらったのですが、わたしのトレハンと同じくらい信用できないヨネハンが珍しく炸裂してオクタントは一発ドロップ。キャッホー!

それにしてもこのオクタントって性能もさることながら近頃は地味に高騰しているジシュカクロスボウを売り払ってウマーできるところが何より良い。

コメント

とりあえずどうでもいいですが、プロフィールの画像はライトニングボウなんですかね。或いはカマン。

追加NMはドロップ激悪って言われてますけど
これもそうなんスかね
僕もオクタントぽぴぃ;;

■Jessyさん
クリスマスカラーと言えば赤と緑ですが、緑が思いっきり不足していたので緑色の弓を持つことにしました。そんなものすごーく単純な理由からカマンです。

■シーフ見習いさん
日記にはまだ書いていませんが、実はアストロラーベも一発ドロップでゲットしていたりします(←軽い自慢)。個人的に抽選型ポップのノートリアスモンスターってそこまでドロップ確率が低いわけではない気がするのですが、このところヴィルマリングとかヤバイ方面のお宝ばかり狙っていたので、わたしの感覚が麻痺しているだけなのかもしれない。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。