スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャントット帝国の陰謀(2) 



前作、前々作と猛烈な批判を浴びてさすがに反省をしたのか「シャントット帝国の陰謀」ではこの三箇所巡りに抜け道がありまして、呪符キット作成に必要な素材はすべて競売購入が可能。お金を惜しまなければ三箇所巡りをスッ飛ばして次の章へ進むことができちゃったりするのです。とはいえ追加シナリオ導入直後の時期ですから、必要素材の競売取引価格は高騰を通り越して暴騰中。ボッタクリとわかっているのにお金を払うのはやっぱりシャクなので、ブツブツ文句を言いながらも結局三箇所巡りをしてしまうふぁっしょんさんなのだった。ブツブツ。

過去の経験から奪り合いオンラインは覚悟していたのですが、オルデール鍾乳洞もグスゲン鉱山もシャクラミの地下迷宮もライバルのヒトの姿は皆無。三種の素材はドロップ確率も良心的設定されているようで、さしたる苦労もなく取得完了。合成に失敗したときのことを考えて余分に素材を集めておいたのですが、シュゴシュゴジュゴ……ズキューンと「呪符キット:黙」は無事完成。余った素材は競売に放り込んでウマー。何だかとっても順調です。

この「呪符キット:黙」をシャントット博士に届けたあとはヴァナ・ディール各地に点在するプロトクリスタルを巡って召喚獣退治。火水風雷氷土の中から最低三種の召喚獣を撃破した段階で次章へ進行可能になりますが、撃破数に比例して報酬額が変化する仕組みなので、お金がないヒトはがんばって六箇所のプロトクリスタルを巡るのが良いと思います。わたしはこの「甘美なる指令」をツピ子さんと一緒に進めたのですが、このツピ子さん、ボンビーなくせして「六箇所もまわるのは面倒くさい」とか言うので、移動の手間がかからずに済みそうな火雷土の三箇所のみを選択。ちなみにこれ、召喚士のヒトだと各地のプロトクリスタルへショートカットが可能なのだとか。召喚士優遇杉修正必須です。各種「試練」とは異なり、この章に出現する召喚獣ってドイツもコイツもオランダもLV75の冒険者ならばソロ撃破が可能なレベルに設定されているのでカカッと撃破。気持ち悪いほど順調です。

しかしながら無くても良いのにシッカリとオチはありまして、ふと「ドルチェ特製のお札」がまるまる手元に残されていることに気付いて「もしかして召喚獣を撃破するだけじゃダメなんじゃね?」みたいな話になってFFXIwikiを確認したら、イヤな予感が的中。召喚獣撃破後にプロトクリスタルをタゲって「お札の台紙」を取得しなければならないのだとか。ガビーン。こうしてふぁっしょんさんとツピ子さんのプロトクリスタルを巡る(やり直しの)旅がはじまったのだった。

次回へつづく

コメント

FF歴ウン年、初期から召喚やってて初めて良かったと思いました

1時間ちょいで5万ギルゲット^^

■スパ
そんなことよりも先週の忘年オフ会でわたしだけ5000円余分に払わされた気がするんだが?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。