スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獣人軍将領討伐作戦 



過去世界の獣人軍拠点(ラヴォール村、ベドー、オズトロヤ城)には、それぞれ八匹の「獣人軍将領」と呼ばれるノートリアスモンスターが棲息しており、この獣人軍将領を撃破すると獣人勢力が減少、カンパニエにおけるアルタナ連合軍側の戦況を有利に導くことが可能になります。また、この獣人軍将領を撃破した際に戦利品として得られるトリガーアイテムを揃えることで、大将格の獣人が待ち受けるバトルフィールドの入場条件が満たされ、その戦いに勝利したアカツキには魅力的なお宝が……。ムハーッ!

しかしながら、このバトルフィールドがフルアライアンス(18人)対応の大型バトルフィールド。基本的にFFXIの人数制限って、上限イッパイまで集まれば楽勝ですというのではなく、上限イッパイまで集めないとキビシーですという場合がほとんどだったりするので、友達がいないふぁっしょんさんにしてみれば「今日びフルアラ必須のバトルフィールドとか戦力が集まらねーよ!」と逆ギレする以外にないわけですが、さらに詳しく調べてみるとバトルフィールドの入場に必要となるトリガーアイテムは二、三人程度の少人数でも取得可能 (赤い勇者のジョブならばソロでも取得可能) であることに加えて、バトルフィールド自体も六人+アルファくらいの戦力でドーにかなっちゃう難易度なのだとか。

まあ「あのノートリアスモンターの少人数撃破余裕でした」的な情報もピンキリと言うかネ実補正がかかりまくりだったりすることも多々ありまして、そういうのを鵜呑みにして毎度毎度ヒドイ目に遭っているのがふぁっしょんさんですから、この獣人軍将領に関しても完膚なきまでにフルボッコにされて「ドコが少人数でも撃破可能だよ。まったく歯がたたねーじゃねーか!」と自分のスキルのダメさ加減を棚に上げて怒りが有頂天状態になっている未来の自分を容易に想像できなくもないのですが、ナニにしても試してみなけりゃわからないってことでココはひとつ敢えて騙されてみようと思います(←はじめから弱気)。

というわけでまずは過去世界のベドーへ。最初にベドーを選んだ理由は、三箇所の獣人軍拠点の中でトリガーアイテムの取得難易度が低い(と言われている)から。イの一番に楽チンな選択肢を選んで最後に泣きを見るファッショナブルズの組織体質を体現しているかのようなスタートに、すでにグダグダ感が漂っているような気がしないでもないのですが、いまここにファッショナブルズ対獣人軍将領の対決の幕が切って落とされたのであります。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。