FC2ブログ

じっと見つめ隊 ~ カメレーシング編 

わたしがカメレーシングさんとはじめて出会ったのは四年くらい前のことだったと思います。ちょうど「ジラートの幻影」が発売された頃ですね。もうずいぶん昔のことなのではっきり覚えてないんですけど、当時のカメレーシング(敬称略)は固定メンバーでレベリングをしていたらしいんです。で、ある日たまたま固定メンバーのひとりが欠席。PT参加希望を出していたシーフなわたしがそのメンバーの補充枠として誘われたというわけです。まあ普通ならそこで話は終わりなんですが、どうやらその固定メンバーのヒトがわりと欠席しがちなタイプだったみたいで、その後もレベリングに誘われるようになって仲良くなった気がします。たぶんそう。この時期って「よこだま」戦術が広まり始めた頃で、当時はナイトだったカメ(後略)に盾をしてもらって猛練習なんてこともあった。確かあった。

しかしながらフレ登録もしていなかったことから、カメとわたしはしばらく疎遠になってしまいます。が、偶然にもわたしのリアフレであるコマちゃんがカメと一緒のLSに所属することになって再び運命の歯車は動き出すのです。当然コマちゃんはわたしとカメが顔見知りだとは知らなくて、カメもコマちゃんとわたしがリアフレだとは知らなくて、わたしはコマちゃんのLSにカメがいることも知らなかったわけですから本当に不思議な巡り合わせです。リアルもヴァナも世間は狭いようで迂闊に悪いことはできないですネ。もっともカメのLSの方では「エエーッ。コマちゃんってあのふぁっしょんとリアフレなのー!?」みたいな感じに言われてたらしいですけど(←まるで犯罪者のような扱いをされている)。

まあそんなこんななイキサツで最近ではコマちゃんも交えて仲良く遊ぶ機会が多いカメレーシングさんですが、ガサツな性格に似合わず「裁縫師範」なんていう意外な一面もあったりします。わたしが所持しているノーブル等の一生モノの裁縫合成装備にはしっかりカメレーシングの銘が入っているのです。カメブランド。


じっと見つめ隊 ~ トレパン君編 

バリスタでお馴染みの紅いトレパン君です。わたしは何となくイメージで「紅」と書いちゃってるんですが、実際は「紅」と「赤」のどっちなんだろう。「垢」ってことはまさかないと思うんですけど。今度本人に訊いてみようかな。

はじめてこのヒトの名前を見たときは「面白い名前だなあ。どうして紅いトレパンなんだろ?」って思ったんですが、リンバス実装後にホマム脚をゲットしてからは名実共に紅いトレパンになった感じです。まあそう言っちゃったらシーフのときはホマム脚を履いているわたしも紅いトレパンになるわけなんですけどw 

このトレパン君とはわりと仲良くお話させてもらっていたりするものの、物忘れがヒドスなふぁっしょんさんはそのキッカケをすっかり忘れていたんですね。あとになって訊いてみたら、トレパン君がズヴァ城で戦闘不能になって倒れていたところを偶然通りかかったわたしが辻レイズしたっていうのがそもそものキッカケだったようです。「そんなことあったっけ?」てな具合に完全に忘却の彼方だったんですが、ヒト助けはしておくものです。最近ではギルセラーのヒトも多いので辻レイズも賛否両論ですけど。

スポーツ的な味付けをされているとはいえ、バリスタってやっぱりPKコンテンツなわけで、それなりに血の気の多いヒトたちが集まっている感があります。このトレパン君はそんな中でも珍しく穏やかな感じのヒトで、定期的にバリスタ関連の晒しが横行する「晒しスレ」の中でも悪いウワサは聞かないですねえ。常に黒いウワサが絶えないわたしとは大違いです。近頃のトレパン君はナイトというジョブそのままに無謀に突進しがちなアナ様の護衛に苦労が絶えないみたいですけど、そういうのって傍から見ているとなんだか微笑ましいのです。


じっと見つめ隊 ~ ラクロスさん編 

総勢60名を超えるメンバーがいるとかいないとかウワサの「アトルガンミッション&アサルト攻略LS」のリーダーとして有名な方です。でも、どういうわけか「黒羊買付作戦三人でいきませんか現在ひとり@ふたり募集中です」というラクロスさんのシャウトがわりと頻繁に白門で聞こえてきたりして「せっかく作ったアトルガン攻略LSで行かず野良で募集するのはなぜなのぜ?」と超疑問に思ったりもするんですけど、他人にはわからない海より深い事情があるのでしょう。たぶん。

このラクロスさん以前は「プロマシアミッション攻略LS」を運営していて、コチラも結構な数のメンバーが在籍していたらしいのですが、「自分だけアル・タユまで到達した時点でさっさとLSを解散(活動休止?)させた」とかいう罪状で晒されたりしていました。実際問題、プロマシアミッションってものすごく時間がかかる上にジョブ縛りを必要とするBC戦も多いので、人数が多ければ多いほど「メンバー全員が目的達成」は難しくなると思います。悪い言葉で言っちゃうと「ある程度の切り捨て」は仕方ないんでしょうけど、「メンバー全員をアル・タユまで行けるようにします!」みたいなキャッチコピーで募集しておきながら結果的にそれが出来ずに詐欺っぽくなっちゃったのがマズかったみたいですね。

まあ何と言うか(LSでもPTでも)FFXIのリーダーって、人材確保から戦略構築、トラブル時の対応等もう何から何までやって当然みたいな傾向があるので、リーダーをする際には結構な覚悟が必要だったりするんですが、それを乗り越えて幾つも目的別LSを作っちゃうバイタリティには素直に感心しますです、ハイ。


じっと見つめ隊 ~ Itrguyさん編 

ツワモノどもがバチバチと火花を散らす龍のねぐらにて、真龍ファヴニールを20日だか25日だか連続で釣り勝った(らしい)ことから「ツール使用者じゃネーノ?」と黒い疑惑を投げ掛けられているItrguyさんです。でもネ実ってフツーにロット勝負に負けただけでも「ツールを使われた!」てな具合にライバルを糾弾しちゃうヒステリックなヒトも結構いたりするので、本当のところはどうなのかなあという感じはありますけど、どうなんでしょうねぇ。わからないや(←投げやり)。

しかしながら改めて考えてみると、現在ではすっかりメジャーなReplogなんかも実は立派な「外部ツール」だったりします。「ツールはダメとにかくダメ残らずダメ絶対ダメ」なんていうふうにあまりにも厳しく取り締まっちゃうと、FFXIのプレイ中はすべての常駐ソフト(ウイルス対策のセキュリティソフトまで)を終了させないとアウト、という屁理屈がまかり通ることにもなりかねないので、当然どこかで境界線を引く必要が出てくるわけですが、妥当なところではFFXIのゲームシステムにアクティヴな影響を与えるツール (移動速度UP、自動競売落札、自動でモンスターに敵対行動を取る等) は不可、アクティヴな影響を与えないもの (画像キャプチャやログの抽出) ならば許可というか黙認、という感じでしょうか。

隠していてもブログを見れば一目瞭然なので白状しますが、わたしは Frapsというキャプチャ用「外部ツール」でプログ用のSSを撮影しています。本来ならばFFXIに標準搭載されているキャプチャを使うべきなんでしょうけど、アレってメッセージウィンドウは撮れないわ勝手にjpegに圧縮されて画像は汚くなっちゃうわで、とにかく使いづらいんですよね。もう少し高性能なキャプチャにしてくれるとわざわざ外部キャプチャを使う必要もなくなるので、こっちとしても有難かったりするんですけど。ちなみに数字にこだわるタイプではないのでReplogは使ってないです。


じっと見つめ隊 ~ Loire様編 

装備自慢がウザい(装備を見せつけるための無意味なバザーもウザい)という理由でわりと頻繁に「晒しスレ」に名前が登場する Loireさんを見かけたので、コッソリ激写してみました。壁|ω・`)

わたしが実際に見たところ、バザーに関してはごく普通のマトモなバザーだったと思います。このときはちょうど白門モグハウス前だったので、そういう大勢のPCで混み合う場所で放置バザーってどうなの、と思わないでもなかったですけど、まあこれに関しては何処で放置しようと個人の自由ですし。

Loireさんの装備自慢がウザいのかどうかは 実際にお話したことがないので何とも言えませんが、苦労してレアなアイテムをゲットしたときなんかはフレのヒトたちと「ネェ見て見てコレやっとゲットできたよ」「おおスゴーイ」というようなヤリトリで盛り上がるのもオンラインゲームの楽しみのひとつだと思うので、それだけで晒されちゃうのは可哀相な気もします。実際に晒しにまで発展しちゃうのは多少自慢の度が過ぎたのかもしれませんけど、これに関しては晒す側にも嫉妬の感情が見えて、なんだかなあという感じはありますネ。

まあ何にしても、話題になるだけあってやっぱしスゴい装備です、ハイ。