FC2ブログ

チョコボ育成日記 



いい加減同じことの繰り返しばっかしでダルくなってきた「チョコボ育成日記」の時間です。導入当初こそ「ヒナ可愛杉修正されるね!」てな勢いでもてはやされたチョコボ育成も現在では立派な過疎コンテンツ。当時は黒山のヒトだかりができていた三国チョコボ厩舎も最近ではヒトっ子ひとりいない無人状態なんていうことも多くなってきました。そんなふうにもはや沈没船も同様なチョコボ育成のエントリを25個も書いちゃうふぁっしょんさんは、クレイジーでセクシーでクールなぱんでもにうむ鯖のシーフでわりとネ実に晒されがちです><

というわけで三代目チョコボのソラレちゃんが確か育成四十日目くらいで (もはや覚えてさえいない) 力と持久力が最高クラスに到達しました。安定期までまだ少し時間があるので、メンタル系のステータスを伸ばしておこうかなとも考えたんですが、もう面倒臭いのでこのまま「荷物運び」一本槍で行くことにします。さすがのふぁっしょんといえどもそろそろチョコボ育成に飽きてきた感じで、まあ飽きたのならさっさとやめればいいって話なわけですけど、習慣とは恐ろしいモノでヴァナインするたびに体が自然とチョコボを見に行くようにはなってしまっているんですね。完全に病気です。とりあえずソラレちゃんは安定期まできちんと育てるつもりでいますけど、そのあとまた新しいチョコボを育てるかどうかに関してはちょっとシンキングタイムってところです。とは言っても、テノヒラガエシで有名なふぁっしょんさんなので次のチョコボ育成日記では「やっぱりまたチョコボ育成をはじめました^^」てなことを書いていたりする可能性も高かったりしますが。

お次はチョコボの宝探し。苦戦しまくりのバルクルム砂丘を乗り越えて「熱砂の宝探しライセンス」をゲット。アルテパ砂漠で宝探しをはじめたわけですけど、もうコレがとにかく難しい。失敗、失敗、また失敗という感じに途中で数えるのも馬鹿馬鹿しくなってやめちゃったくらいに失敗続き。それでも意地で掘り続けて、ようやく熱砂のお宝ゲットです。箱の中身は、木の植木鉢、ギザールの野菜、人工海水セットでした。しかしながらコレってただただ運のおかげで掘り当てられたようなモノでして「どうすれば上手く掘れるようになるのか」ってコツがまるでわかっていなかったりするんですね。熱砂と密林のお宝ラインナップは地味に儲かるみたいですけど、いかに真性マゾのふぁっしょんさんと言えども、さすがにこれだけ失敗が続いたりすると寿命がストレスでマッハな感じなので、しばらく撤退。最近ではまた森沼山の荒野で宝探しをしていたりします。ヘタレなわたしとしてはやっぱしこのくらいの難易度が丁度良さそうです。まる。

チョコボ育成日記 



ソラレちゃんこと三代目チョコボのソーラーレイも、この度めでたく成人(鳥)式を迎えて一人(鳥)前になりました。お酒も煙草もアダルト関係も解禁です。あ、アダルト関係は18歳でしたね、ムフフフ。それはそうと18歳の誕生日当日に喜び勇んでレンタルショップに駆け込んで、五本くらいアダルトビデオをチョイス、身分証はありますかと聞かれて高校の学生証を見せたら「18歳でも高校生はアダルトビデオを見ちゃダメです」と言われて地球なんか壊れろってくらいに凹んだヒトをわたしは知っていたりします。誰とは言いませんけど。

てなわけで余談はさておきチョコボ育成日記です。先代のベルちゃんが騎乗特化型チョコボだったので、今回のソラレちゃんはフィジカルとメンタルを程良く伸ばしつつ、アビを習得&レースでもそこそこイケそうなバランス型チョコボに育てようと思っていたんですけど、気がつけば「荷物運び」な毎日で結局またノウキン街道一直線な予感です。以前の日記にも書きましたが、フィジカル最高またはメンタル最高という一方向特化型チョコボならば何も考えずに鼻をほじほじしていても育成できちゃうんですけど、バランス型チョコボを育成するとなると「アノ育成計画はフィジカル系能力がアップする代わりにメンタル系能力がダウンするから育成×日目でコノ育成計画に切り替えてゼータブダルゼータ……」てな具合に頭を使う必要が出てくるので結構面倒臭いんですよね。で、結局「足が速ければいいや」という結論に達するわけです。飼い主がノウキンだとチョコボもノウキンになる法則。

いまどきのハイソサエティーなチョコボブリーダーのあいだでは「チョコボレースでコインを稼いでスペシャル特訓」てな感じのエリート育成が流行しているみたいです。ネ実「チョコボ育成スレ」調べではレースの自動進行時間は198秒間(レースのメンバーにより15秒ほど短縮することあり) らしいので、そのあいだは放置しておくのがデフォみたいですね。しかしまあいかに放置といえどもチョココイン80枚分のレースこなすだけの気力はわたしの場合なかったりするので、いままで通りにのんびりまったり特訓なしの育成で進めていくことになりそうです。

最後はチョコボの宝探し。バルクルム砂丘での宝探しを10回成功させて「熱砂の宝探しライセンス」をゲットです。砂丘の宝探しはとにかく疲れやすい (制限回数が少ない) 上に、運良く掘り当てたとしてもたいていゴツい or タフなブガードの革でゲンナリなんていう感じでヒーヒーでした。途中スランプに落ち込んで五日連続失敗なんてこともありましたし。まあとにもかくにもこれでアルテパ砂漠で宝探しができるようになりました。ネ実の「チョコボ育成スレ」を読んでいると宝箱の中の戦利品が四枠あってウマーみたいなので楽しみだったりするんですが、当然難易度も上昇らしいのでさてさてどうなることやら。まる。

チョコボ育成日記 



ここ最近チョコボレースの話題で流れちゃってたんですけど、結婚・安定期後ベルちゃんを引退させて三代目のチョコボを育成していたりします。てなわけで、皆様にはうちの三代目チョコボを初紹介。ベルちゃんの子供は「ギャロップ」習得済の男の子で名前はソーラーレイ(Solar Ray) といいます。ソロモンを焼き払うくらい強い子に育って欲しいという願いが込められているわけですが、ぶっちゃけ三代目になるとそろそろ名前もネタ切れになるのでどう見てもガンダム頼みです。ガノタウザスと言わないで。せっかくギャロップを習得したのでレース特化型チョコボとして育てるつもりでいます。またもや脳筋ですいません。それにつけても、らそどくんが言ってたんですけど、チョコボはやっぱしヒナが一番ですね。

ドラゴンボールで「そして三年後。次の天下一武道会が始まったのだった」ってな具合にバビューンと時間を飛ばしてストーリーが進んだときとか「おいおい一気に三年も飛ばすのかよ飛ばしすぎだろ常識的に考えて」なんていう風に思ったりしたんですが、このチョコボ育成日記も時間をバビューンと飛ばして育成19日目。ソラレちゃん(←いま考えた愛称)はまたもや赤チョコボでした。お父さんもお母さんも赤チョコボだったので、どっちに似たのかはわからないんですけど、青→赤→赤と引き当ててるふぁっしょんさんのチョコボ運は驚愕に値します。つーかもう本当にこの運をもっと別のところに使いたいです。主にリヤル宝くじとか。

んで最後は恒例のチョコボの宝探しのお話。前回の日記で「岸辺のライセンス」をゲットってなことを書きましたが、そのあとラテーヌ高原の宝探しも五回ほど成功させて「白浜のライセンス」もゲットです。さらに上位のライセンスもあるみたいなので、とりあえずブブリムの宝探しにチャレンジ。しかしながらこれが噂通りの難易度でとにかくクエクエ地獄で宝のありかを特定できません。結局、三回連続で失敗して尻尾を巻いて撤退です。ひひひひひひけいひけいこれは孔明の罠だ。その後、バルクルムに移行してみたんですけど、こちらも掘り掘り回数が極端に少なくなるので難易度高し。それでもまだ宝のありかが特定できるだけマシに感じられたので現在バルクルムで頑張っているところです。この先どんどん難易度が上がってくることを考えると宝の嗅覚とか掘り系アビ持ったチョコボが欲しくなってきますねえ。どんだけチョコボ育てるつもりだよって話ですが。てんてんてん。


チョコボ育成日記 



チョコボレースです。最初のうちは面白いのかつまらないのかイマイチ良くわからない感じで、どっちかって言うとつまらない側に片足突っ込んでるかも程度だったんですが、三国の主要人物たちが参戦してくるインターナショナルレースのあたりからじわじわハマって、気付けば現段階実装分のオフィシャルレースは制覇。自慢じゃないですが、うちのベルちゃんはすべてのレースを一着で駆け抜けましたけどねフフフ(←自慢)。おい、そこのおまい。チョコボレースつまなんないし全然興味ないよヤダナニコレとか言うんじゃNeeeeeeeee!

まあチョコボレースにハマってるヒトってほとんどいない感じなので (少なくともわたしの周囲では誰もいない) ひとり二役で「おめでとう」を言って自分を褒めてあげたいと思います。おめでとうベルちゃん。ありがとうふぁっしょん。使用したアイテムは「ギサールクラッカー(競売購入1D/20000ギル)」のみで、選んだ作戦はすべて「さいごにいけ」でした。その他プライベートレースの出走参加費にちょこちょこ(←)ギルがかかっていたりするので、賞金で大儲けってことはなくトントンてところですかね。出走条件にチョココインの必要枚数が多くなる後半のレースでつまずいたりするとコストは上がると思います。

以前の「チョコボレース速報」のコメントでも述べましたが、結局FFXIのチョコボレースって「新しい単体のコンテンツ」でははなく、チョコボの宝探しやチョコボの集いのように「チョコボ育成の中のひとつのコンテンツ」に位置付けされてるんですよね。なので当然育成をしっかりしてなければ勝てない仕様になっているわけなんです。で、今回は「チョコボ育成は放ったらかしていたけど、チョコボレースだけはやってみた」ってヒトが結構多かったみたいで、ステータスを伸ばしてないチョコボだとやっぱりレースには勝てなくて、ヤダナニコレツマンネという流れになり、そのあたりの認識の違いで叩かれまくっている不幸な面も少なからずあるんじゃないかな。まあこれに関しては ■eもチョコボレースのみを前面に押し出して宣伝し過ぎたってのはあると思うんですが。

もちろん手放しで面白いと言っているわけではなくて、ムービーや実況の使い回しがあまりにもヒドいとか、カメラアングルが悪すぎるとか、作戦やアイテムが実際に機能しているか疑わしいとか、何よりもサーキットへ足を運べないことがレースの臨場感を感じられないとか、問題山積みな状態だったりするんですけど、とかく戦闘やらレアアイテムやらに目を奪われがちなFFXIにおいて「チョコボ育成」って希少な非戦闘系コンテンツだったりするので、個人的にはもっとがんばってもらいたいという気持ちが強かったりするんですけどねえ。まあこれからはプライベートレースに出走させつつ、のんびりチョココインを収集していこうかなと考えていたりします。チョコボの育成に役立つ報酬も多いみたいですしネ。まる。

チョコボレース速報 

今月はすでに20エントリに届いているので本日の更新はお休みにするつもりだったんですけど、チョコボレースの追加もあったことだし、まあせっかくだからということで軽くファーストインプレッションなんぞを。

まずはバスのレーシングチームに所属し、力と持久力が最高クラスなベルちゃんをレースチョコボに登録。んでもって、オフィシャルレース(ノービスレース1.2.3とチャレンジレース1)に挑戦してみました。アビ無しでもそこそこ勝ち抜けるようで上記四レースはすべて一位(賞金は500ギル/1000ギル/1500ギル/3000ギル)。チャレンジレース1 が終了したところで「チョコボを休ませるために、しばらく出走できなくなります」という縛り(リアルorヴァナの日付け縛りなのかな?)が入ったので今日はとりあえずココでおしまい。チョココインもチャレンジレース出場時に無くなっちゃったので、プライベートレースでコインを稼ぎつつオフィシャルレースを進めてゆくって感じになりそうです。

実際に遊んでみて面白かったのかと問われますと……うーん。正直良くわからないですねえ。ネ実ではすでに散々叩かれていたりするんですが、叩かれても仕方がない仕様なのは確かだと思います。それでもやっぱり苦労して育てたマイチョコボが一位になると嬉しいもので、そのあたりで評価が甘くなったり辛くなったりと若干のブレが出てきそうではありますね。アテにならない今後の予定には、夏に対人戦レースとギャンブル要素の追加、秋から冬にかけてオフィシャルレースと対人練習レース、その後に最後のオフィシャルレース追加、と書かれていたりするのでまだまだこれからってことなんでしょうけど、さてさてどうなることやら。