FC2ブログ

花鳥風月:ヌン 



オボロンでもオンボロでもなくオロボンのヌンさんです。ヌンさんの得意技「デスナッシュ」は喰らうとHPをゴッソリ持っていかれるのでヒヤリとさせられるのですが、実はコレってHPがどれだけあっても 「1」になっちゃう仕組みなんです。逆に言えば(被ダメUPの防具等を身に付けていない限り)デスナッシュで即死することはないので気楽といえば気楽だったり。しかしながらこのヌンさんは「ある条件」によって「セイズミックテール」や「おくび」といった凶悪な技で大暴れする「発狂モード」にモードチェンジするらしく、こうなるととにかく厄介。しかも、困ったことにこの条件が未だに解明されていないんですね。光属性の睡眠魔法やスリップダメージがモードチェンジのトリガーらしいことは言われているのですが、真相はイン・ザ・ダーク。もちろん世のためヒトのために危険を覚悟でナゾを解明しようなんていう殊勝な心がけは一切皆無のファッショナブルズは、トリガーとなり得る行動は一切厳禁でヌンさんを撃破し、また今日も役立たずな日記が完成するというわけ。まあ楽にイケるなら波風立てずに楽にイキたいと考えるのがヒトのツネですから、このナゾも獣神印章BF「会議は踊る」と同じパターンで、真実がわかるまで時間がかかりそうな気はします。自己弁護するわけじゃないですけど。

■鬼の庖丁【片手刀】Lv73~忍
 D30 隔227 HP+20 回避+4 敵対心+2

■エンキドゥミトン【両手】Lv72~モシ狩侍忍青コか踊
 防24 STR+4 DEX+4 命中+5 飛命+5 モクシャ+2

■オラクルピガッシュ【両足】Lv72~白黒吟召
 防13 HP+15 MP+25 管楽器スキル+5 ヒーリングMP+2

■ウィンドグリップ【グリップ】Lv70~All Jobs
 20HPをMPに変換 風属性魔法命中率+2

■ライトグリップ【グリップ】Lv70~All Jobs
 20HPをMPに変換 光属性魔法命中率+2

数あるヌンさんのお宝の中で一番の目玉商品はやっぱし鬼の庖丁なのかな。しかしながらこの片手刀、我がファッショナブルズではイマイチ人気がなくて、電子の海へ消える直前、誰かが仕方なくロットインするというアリサマ(汗)。性能に関してもそれなりに見えるし、何より固有グラなのでもっと人気があっても良さそうですけど、まあ忍者さんの場合「千手+ぺ刀」が入手難度の割にズバ抜け性能ですからねえ。とりあえずミスター・イシスの「これでアナタも鬼忍に!」というキャッチコピーがあまりにくだらなすぎてワロタ。エンキドゥ防具とオラクル防具は最高峰には届かないものの対応ステータスを高水準でブーストする優良な性能。ただ見た目が既存防具の使い回しってところがナントモ。見た目よりも中身が大事とは良く言われますけど、見た目も中身もどちらも素晴らしいのなら当然ソレに越したことはないわけで、今まで見たことがなかった武器や防具をはじめて身にまとったときの「おおおおお!」という感動がないのはやっぱし寂しいんじゃないかとわたくしふぁっしょんは思ったりするわけであります。

■ヌンのランプ
→Sanrakuへトレードによりだいじなもの「胡桃の割符」を獲得。

花鳥風月:ウルガル 



エート、まあ、そのう、ウルガルさんです。アクロリス族ってビシージくらいしか見かける機会がないのでわりと珍しい感じのモンスターですね。このウルガルさんはダメージを与える毎に腕やら胴やらのパーツが壊れてゆき、最後は下半身だけになっちゃうというなかなか面白い相手。今回わたしはナイトに着替えて参戦したのですが、五体満足な序盤は右腕攻撃の「ダイアストレート」を連発してきてコレがすんげー痛い。とにもかくにも右腕さえ破壊しちゃえば「ダイアストレート」連発モードも終わりになるので、逃げているのか引っ張っているのかわからない感じでマラソン戦術に変更。ただ右腕を破壊すると物理ダメージが通り過ぎるほどに通るようになって、今度はアタッカーからタゲがとれくなるっていう。結局、役割関係無しにタゲをとったヒトがマラソンするグダグダ展開に。そんなでもフツーに撃破できちゃったってことは、たぶんその程度の相手なんだと思います。アラバゴ諸島ルートにしては珍しくポップ地点が近くて移動が楽チンなのでトリガー取得目的の消化試合にはうってつけの相手と言えそうであります。

■ライオットシールド【盾】Lv74~ナ暗
 防21 潜在能力:防71

■必勝鉢巻【頭】Lv71~モ侍忍
 防22 命中+8 攻+8

ウルガルさんのお宝は上記の通り。ライオットシールドは特に目立った特長もない地味な盾なのですが、潜在能力が発動すればイージス(防40)すらもぶっちぎる防71の無敵の盾に大変身。しかしながらこの潜在能力を得るには「盾以外の防具を一切身につけない」という正直ナメているとしか言いようのない条件が必要。ムリヤリ有効活用法を考えると「サルベージ」のアルザダールパトス制限下での使用ということになりそうですが、まあそれでも厳しいですね、いろんな意味で。必勝鉢巻に関しては悪くはないと言えば悪くない性能ですが、あと一押しが足りないといったところ。武器防具性能のインフレを防ぐために入手難度が低めのアイテムは性能も抑える必要があるというオトナの事情も理解できるのですが、もう少しやりようがあるんじゃないかなあと思ったりします。性能もダメ、見た目も使い回し、とてもじゃないけど発動させる気になれない潜在条件を適当にくっつけとけって言うのは幾らなんでもヒドすぎると思うんですよ。

■ウルガルの頭
→Sanrakuへトレードによりだいじなもの「山吹の割符」を獲得。

花鳥風月:万魔殿への道 



無事サーラメーヤさん討伐と相成りましたので、本日は「花鳥風月」のハルブーン傭兵団領ルートのマトメであります。ご覧の通りこのルートもSTEP02のリアクトンさんを残したまま完全制覇まであと一歩という状態なのですが、進行上撃破必須というわけではないし、ポップ地点がやたら遠くてとにかく移動時間がかかるせいでひっじょ~にダルイ。しかしながらSTEP02のド本命と言われるアナンタボガさんはトリガーアイテムの交換レートが高騰しがちなので、回避策として新しいルートを開拓する意味でもリアクトンさん討伐の意義はそれなりにあるとは思うんですけどね。でもこれだってレートが安いときを見計らって予めトリガーを交換しておけばドーにでもなる問題なので結局「STEP02はアナンタボガさん!」となり、やっぱしリアクトンさんは放置される運命なのでした。

■ハルブーン傭兵団領STEP01
・花鳥風月:ブラスボーラー………………[2008/07/23]
・花鳥風月:クラレット……………………[2008/09/11]
・花鳥風月:オブ……………………………[2008/10/21]

■ハルブーン傭兵団領STEP02
・花鳥風月:アナンタボガ…………………[2008/07/24]
・花鳥風月:リアクトン……………………[未]
・花鳥風月:デクストロース………………[2008/09/22]

■ハルブーン傭兵団領STEP03
・花鳥風月:ノスフェラトゥ………………[2008/10/01]
・花鳥風月:雄魂のブーボーロー…………[2008/09/12]
・花鳥風月:アカモート……………………[2008/08/26]

■ハルブーン傭兵団領STEP04
・花鳥風月:サーラメーヤ…………………[2008/11/06]

基本的に「花鳥風月」のSTEP01~STEP03までのモンスターのドロップアイテムってエクレア属性で占められているのですが、このハルブーン傭兵団領ルートでは売買可能なアイテムを落とすモンスターが二種配置されていたりします。さらにSTEP04のサーラメーヤさんは高額素材が固定ドロップということもあって報酬面に関して非常に魅力的なルートだと言えます。てゆーかですね、STEP04へ到達するまで最低でも 22500モンという莫大なポイントが必要なのはどのルートでも同じなわけですから、その労力を考えるとこのルートがウマイと言うよりは他のルートに「飴」が少なすぎるという気がします。「花鳥風月」全体の報酬をこのルートを基準にして見直してくれてもバチはあたらないだろうと思ったりするのですが、こういう意見はやっぱしアマチャンなのでしょーか。

花鳥風月:サーラメーヤ 



ハルブーン傭兵団領もいよいよ大詰め、STEP04はケルベロス族のサーラメーヤさんです。「死ぬよ」「えっ?」「連続魔ゲーツオブハデスで死ぬ」なんて聞かされていたのでゾンビアタックまで視野に入れての悲壮な決意で挑戦。しかしながらいざ戦ってみるとそこまで強くないと言うか単にビビり過ぎていただけと言うか、わりとすんなり撃破しちゃったってオチ。というわけで偉そうにサーラメーヤさん攻略のキモなどを語らせて頂きますと、二分半ごとに繰り返される行動ルーチンを頭に叩き込んでおくってことでしょーか。咆哮→ユルレーション→ゲーツオブハデス→マグマホプロン→咆哮ときて、最後の咆哮に範囲ヘイトリセットの効果が含まれているのですが、この範囲が結構狭かったりするんですね。なのでゲーツオブハデスをやり過ごしたあとで全員サーラメーヤさんのそばに集まらないとヘイトが乱れてアッチへふらふらコッチへふらふら、挙句の果てに後衛陣のど真ん中でゲーツオブハデスが炸裂して壊滅、なんてことにもなりかねない。逆に言えばヘイトリセット効果を利用すれば多少ムチャな行動をしても全部CHA-LA-HEAD-CHA-LAになるわけで思い切った動きも可能になります。高位ケアルガでドカンと回復とかね。さすがに戦闘不能者ゼロとまではいかなかったものの、その後も連戦連勝。つまりたいして面白いネタにも恵まれず芸人としては失格ってことです。

■フールキラー【両手斧】Lv72~戦
 D90 隔489 命中+7 攻+7 潜在能力:STR+8

■八八王【両手刀】Lv75~侍
 D82 隔480 命中-6 攻+12 ストアTP+2

■オラクルキャップ【頭】Lv72~白黒吟召
 防19 HP+15 MP+25 精霊魔法スキル+5 ヒーリングMP+2

■オーラムアーメット【頭】Lv72~戦ナ暗獣竜
 防23 STR+3 命中+4 攻+4 回避-7 ヘイスト+2%

■オラクルローブ【胴】Lv72~白黒吟召
 防41 HP+20 MP+20 魔法攻撃力アップ+6 魔法命中率+6 ヒーリングMP+6

■八竜佩楯【両脚】Lv75~戦モ狩侍忍
 防42 STR+10 攻+5 残心効果アップ コンビネーション:ストアTP+

他に、ケルベロスの皮、ケルベロスの爪、ケルベロスの肉が固定ドロップ。フールキラーと八八王、八竜佩楯に関しては競売出品は不可ですが、バザーは可能。アテにならないふぁっしょんさんの「たいかんw」でドロップ確率を語らせて貰いますとフールキラーはそれなり落ちるものの、八八王と八竜佩楯は落ちない落ちにくいという感じ。ちなみにフールキラーの潜在能力発動条件は「称号を『トロールサブジュゲーター(Gurfurlur the Menacingの討伐称号)』にする」なんてウワサがありましたけど、残念ながらこの条件を満たしても潜在能力は発動せず、未だに真相はイン・ザ・ダークのようです。ウーム。 八八王の隔480ってのはストアTPがドーノとか五振りがコーノとかを考える際に重要なキーワードになるのだとか。両手武器を得手とするジョブはまるで手付かずのふぁっしょんさんとしては正直チンのプンのカンなのですが、とりあえずかなり高性能な両手刀だってことは間違いなさそうです。八竜佩楯は全両脚防具中、最高値のSTR+という性能から最終装備となり得る逸品だとか。どちらも稀に売り出されているのを見かけますが、当然と言いますか何と言いますか結構なお値段だったりしますねえ。

■サーラメーヤの皮
→Sanrakuへトレードによりだいじなもの「瑠璃の割符」を獲得。

花鳥風月:ラミアEX 



いきなりですが、ラミアEXさんがドロップする目玉商品「滅鬼積鬼」について以前にネ実で「ある朝目覚めると可愛い女の子の姿をした双子の鬼がボクの両脇に寝ていて右側が滅鬼、左側が積鬼という名前だった」みたいな書き込みを読んでからというもの「滅鬼積鬼かわいいよ滅鬼積鬼」のヴィジョンが頭から離れなくて非常に困ります。というわけでラミアEXさんです。ラミアEXのEXとは「Experimental」の略で「実験的な、試験的な」という意味。さしずめ「試作型ラミア」というところでしょーか。ご覧の通り艶めかしい黒褐色の肌の持ち主なわけですが、そういえばガンダム・マークIIも試作段階では黒いガンダムでしたとか書くと「ガノタなんて地球上から絶滅すればいいのに^^;」と心が張り裂けそうなことを言われる可能性大なので自重。とりあえず何がアレかってこのラミアEXさん、トリガーアイテムのトレードポイントがやたら遠い上に、ようやく辿り着くことができても周囲はアンデットなスケルトン族がウヨウヨしている危険地帯、おまけに三匹の護衛まで召喚してくるという厄介な相手。初戦は12人で挑んだのですが、HPがイエローゾーンになった瞬間、あたりのスケルトンが猛ダッシュで飛んできて、ガシッボカッアタシは死んだスイーツ(笑)の全滅敗退。生態感知がやヴぁすぎてレイズさえままならずに結局ホームポイントへ強制送還のフルロスト。\(^o^)/

■滅鬼積鬼【両手棍】Lv73~All Jobs
 D70 隔412 STR+5 命中-4 攻+12 ストアTP+5

■オーラムクウィス【両脚】Lv72~戦ナ暗獣竜
 防40 STR+4 VIT+4 命中+7 攻-4 回避-8

■エンキドゥレギンス【両足】Lv72~モシ狩侍忍青コか踊
 防23 DEX+3 AGI+3 攻+4 飛攻+4 モクシャ+2 ヘイスト+2%

■ウォーターグリップ【グリップ】Lv70~All Jobs
 20HPをMPに変換 水属性魔法命中率+2

■アースグリップ【グリップ】Lv70~All Jobs
 20HPをMPに変換 土属性魔法命中率+2

ラミアEXさんの隠し持っているお宝は上記の通り。もうアレが欲しいコレが欲しいとか以前に、いかにヘタレなファッショナブルズとはいえココまでコケにされたら黙っちゃいられないってことで、とりあえずはマトモなキャンプ地を開拓するべく徹底的に調査開始。と言ってもヤフーでググる程度なので結局は他人任せなあたりが何とも情けないのですが、ポップ地点から段差をひとつ降りた先にアラパゴ暗礁域へと続くエリアチェンジポイントが存在するようなので、ソコを拠点に復讐戦を挑みます。こうなれば生態感知に怯える必要がなくなるので難易度は急降下。唯一の問題は段差から降りちゃうとトリガーアイテムのトレードポイントまで戻れないことから連戦がきかないということなんですが、エリアチェンジ戦術を駆使すれば三匹の護衛の各個撃破も可能になって少人数でも互角に渡り合えるので、トリガーをトレードするヒトは段差上で待機、残りのメンバーでラミアEXさんを討伐という具合に戦力を分ける方法が良さそうであります。ハイ。

■ラミアEXの腕輪
→Sanrakuへトレードによりだいじなもの「黒橡の割符」を獲得。