FC2ブログ

火曜日の試練(3) 



※攻撃力特化型キーラ完成予想図

■メイジャンの試練:No.21
・火天候時または火曜日に200匹のフラン族を撃破する。
→ダキニ:D25 隔195 D+9 隔-5 STR+4 攻+12 LV75~シ吟踊

かなりの難関に見えるこの試練ですが、片手剣、両手鎌、両手刀、両手槍、弓術等も火天候時または火曜日のフラン族討伐の指定があることから、フルアラを超える戦力が集まるなんてこともザラ、リポップが間に合わないくらいの高速撃沈で進行可能だったりします。むしろ問題は別にありまして、それはフラン族が黒魔道士のヒトたちのレベリングのエモノでもある点。狩場にはたいてい「先客」の黒魔道士のヒトがおりまして、本来ならあとから来た側(つまり我々)が狩場を変更するべきところなのですが、火曜日の到来を間近に控えて時間もないし、そもそもフラン族は限られた地域にしか棲息していないしで移動もままならず、悲しいかな仁義なき奪い合いオンラインが勃発。最終的には数の暴力で我々が「先客」を追い出す形になったわけですが「おまいら全員地獄に堕ちろ!」みたいな呪詛の声(シャウト)を背中に浴びながら試練を進めるというのはなかなかキツかったです。レベリングのエモノを討伐対象にするとか誰得の試練はホントやめてぽぴぃ;

■メイジャンの試練:No.110
・火天候時または火曜日に200匹のヴァーミン類を撃破する。
→ダキニ:D25 隔195 D+10 隔-5 STR+4 攻+12 LV75~シ吟踊

前回の試練でフラン族をタコ殴りしているときに「次の試練の狩場は何処が良いのか?」という話題になって、すると外国人の踊り子(♂)のヒトが「ヴァーミン類のメッカと言ったらボヤーダ樹に決まっているジャマイカ(意訳)」と言っていたので何事も素直に信じる純粋な心の持ち主のふぁっしょんさんはボヤーダ樹へGO。そうしたら四人しか集まらねーし、ボヤーダ樹を勧めた張本人の踊り子(♂)はいねーしで「いったい何処がメッカなんだよ!?」状態。まあボヤーダ樹に棲むヴァーミン類モンスターってソロでもドーにかなる「楽な相手」ばかりですから、四人も揃えばヴァナ二日間で試練を達成できたのが不幸中の幸い。改めて考えてみると仮にアライアンス規模で試練を進めても、ダンジョン-エリアのボヤーダ樹じゃあリポップ待ちが生じて結局スコアは似たり寄ったりになったような気もします。なにはともあれ火曜日の試練もあとは最終試練を残すのみ。散々苦しめられた「メイジャンの試練」も終わりが近付くと、アレ目から汗が……(嘘)。

次回へつづく

火曜日の試練(2) 



■メイジャンの試練:No.18
・火天候時または火曜日に種族指定なしの50匹を撃破する。
→ダキニ:D25 隔195 耐火+10 追加効果:火ダメージ+5 LV75~シ吟踊

この試練から条件に曜日が加わります。気まぐれな天候に振り回されるのは精神的によろしくないので、この先は火曜日に絞って試練を進めることに。雷曜日の種族指定なしの試練ではマーリドさんに寄生するチゴー討伐とかソロっ子属性まるだしの方法を選んだふぁっしょんさんですが、今回はブンカール浦でアクアン類討伐のアライアンスに潜り込んでヴァナ半日もかからないうちに試練達成。多くの試練をのりこえたおかげで寄生する手際だけは一人前に成長しています。

■メイジャンの試練:No.19
・火天候時または火曜日に75匹のアクアン類を撃破する。
→ダキニ:D25 隔195 STR+1 追加効果:火ダメージ+5 LV75~シ吟踊

前回の試練の達成報告を済ませた段階で火曜日のお昼過ぎ。上手くいけば火曜日が終わるまでにこの試練も片付けられそうな勢いだったので、ブンカール浦へトンボ帰りしてアクアン類殲滅作戦続行し、火曜日終了直前ギリギリで類討伐完了。前回の試練(No.18)と合わせてヴァナ一日(地球時間01時間)の間に125匹を討伐した計算になります。途中、ル・ルデの庭で試練達成報告を挟んでこの数字ですから、一度人海戦術の味を覚えてしまうとソロなんかやっていられるかヴォケです。

■メイジャンの試練:No.20
・火天候時または火曜日に100匹のビースト類を撃破する。
→ダキニ:D25 隔195 D+7 隔-5 STR+2 攻+5 LV75~シ吟踊

ウルガラン山脈の兎とか虎とか牛とか。現地で即席のパーティを組み、試練を達成したヒトから離脱するスタイルが主流の「メイジャンの試練」ですが、中途半端な時間に試練を達成したりすると、お手伝いとして続けるにしても該当曜日が終わるまで結構な時間が残っているし、離脱したところで次の試練を進めるだけの時間もないし、で継続か離脱かの間で地味に悩みます。それからふたりきりのパーティで自分が先に試練を達成したときも「終わりました^^」って言い出せない。

次回へつづく

火曜日の試練(1) 

ヴァナ・ディールの一週間は八日間。曜日は属性に対応し、火(炎)曜日→土曜日→水曜日→風曜日→氷曜日→雷曜日→光曜日→闇曜日、の順に巡っています。そしてヴァナ・ディールの一日は地球時間に換算すると約01時間。つまり雷曜日が過ぎたあと次の雷曜日が訪れるまでには地球時間で07時間かかることになります。

こう見えてもふぁっしょんさんの中のヒトは社会人。ログインの時間が雷曜日終了直後だったりすると「次の雷曜日は深夜(明け方)だし、明日も明後日も普通に仕事だからそんな時間まで起きていられないし……」みたいなことになって、その日はもうフテ寝する以外になくなるわけですが、普通のヒトの斜め上 (見方によっては斜め下) をゆくFFXI脳のふぁっしょんさんが行き着く先は「限られたログイン時間でも該当曜日が二日あればドチラかに当たるはず」というトンデモ理論。すなわち火曜日の試練を同時進行して攻撃力特化型キーラも目指します。雷曜日までの時間潰しに火曜日の試練を受けるとか何の解決にもなっていないどころか、むしろ病気と言っても過言ではありませんが、病気と聞くと真っ先にウィルナを思い浮かべてニヤニヤしてしまうふぁっしょんさんはピンクスパイダーもうダメだ!

■メイジャンの試練:No.16(再)
・火氷風土雷水光闇天候時に50匹のウサギ族を撃破する。
→ダキニ:D25 隔195 LV75~シ吟踊

再びウルガラン山脈。必要がないときに限って出現するノートリアスモンスターの法則に則ってボナコン(Bonnacon)さん登場。据え膳食わぬはナントヤラってことでカカッと撃破した結果、ドロップは野牛の肉のみ。貴重な氷天候を無駄にしただけだったってオチ。その後はアライアンスに潜り込んで人海戦術。ビースト類討伐のヒトたちのアライアンスってことで、ウサちゃんの他にも牛やら虎やら幅広く手を出していたのですが、それでもひとりでシコシコと試練を進めるのに較べたら効率は段違い。アッーという間に試練達成。

■メイジャンの試練:No.17(再)
・火風雷光天候時に50匹のクラブ族を撃破する。
→ダキニ:D25 隔195 耐火+5 耐風+5 耐雷+5 耐光+5 LV75~シ吟踊

稀に良く「レリック武器強化の試練と天候(または曜日)の試練を較べたらドチラが辛いの?」みたいなことを訊かれたりしますが、レリック武器強化の試練のマゾさはガイシュツの通り。でも、特定の天候(または曜日)にならないと一切進行しない試練というのもソレはソレでやっぱし辛いと思います。火炙りと水責めのドチラかを選べと言われても選べないのと同じように、あるいはウ(自主規制)コ味のカレーライスとカレー味のウ(自主規制)コのドチラか選べと言われても選べないのと同じように「両方とも辛いブヒ;」としか答えようがありましぇん。

次回へつづく

雷曜日の試練(4) 



■メイジャンの試練:No.1108
・雷天候時または雷曜日に200匹のリザード類を撃破する。
→ダキニ:D25 隔195 D+10 隔-5 DEX+4 命中+8 LV75~シ吟踊

前回までは2010年03月に追加された試練、ココからは2010年06月に追加された試練なのでナンバリングが飛んでいます。雷曜日を待ってクフタルの洞門。アメミットさんがポップしようがヨーウィさんがポップしようがIdo-Kariで無差別攻撃。正直クフタルの洞門ってリザード類モンスターの棲息エリアが離れているおかげで移動に時間がかかるし、ダンジョン-エリアなのでリポップは遅いし、お世辞にも質の良い狩場とは言えないのですが、同じ目的のヒトが増えれば増えるほどラクティンになる天候または曜日の試練の場合、狩場の質よりも戦力の集め易さが重要事項になりますから、討伐対象モンスターの棲息地帯と言えば誰もが思い付く有名な狩場へ出かけて人海戦術を敷くのが試練達成への近道。あまり知られていないけれど実は美味しい「穴場」的存在の狩場が効率に繋がるレリック武器強化の試練とは真逆と言えます。 それにしてもD値+1しか強化の伸び幅がない水増し的試練を追加する手口は、間違いなく嫌がらせのプロの犯行。

■メイジャンの試練:No.1109
・雷天候時または雷曜日に250匹のゴーレム族を撃破する。
→キーラ:D38 隔190 DEX+6 命中+12 LV80~シ吟踊

雷曜日を待ってヴェ・ルガノン宮殿ときどきル・アビタウ神殿へ。ヴェ・ルガノン宮殿のゴーレム族はレベルがそれなり(LV77~LV80)なので扱い易いことは扱い易いのですが、棲息エリアが広範囲に及ぶことから移動に時間をとられます。それからノートリアスモンスターのジパクナー氏が野放し状態で歩いていたりすると大惨事になる危険性も。一方のル・アビタウ神殿は纏まった数のゴーレム族が広すぎないエリアに棲息していますが、レベルが高い(LV80~LV84)のが難点。アイスブレイクのバインド対策が必須になるのでシーフでこの試練に挑む場合、サポートジョブは自己回復が可能な白魔道士、踊り子、学者あたりになるのですが、空蝉の術がない状態で下手にタゲを取るとフツーに撲殺されたりとか。……と、まあこんな具合に最終試練と呼ぶに相応しい難関なのですが、見事この試練を乗り越えれば夢にまで見た命中特化型キーラが完成。そりゃあ雷曜日にあわせてリアル朝05時に早起きるくらいに調教されるのも無理はないって話です。

雷曜日の試練(3) 



※ぐーぐる先生に「ぶたども」と入力すると……。

■メイジャンの試練:No.32
・雷天候時または雷曜日に100匹のアルカナ類を撃破する。
→ダキニ:D25 隔195 D+7 隔-5 DEX+2 命中+3 LV75~シ吟踊

雷曜日を待ってロ・メーヴへ。……出かけてみたのですが、まるでハイシーズンのネズミーランドみたいにヒトヒトヒトの大混雑。イビルウェポンもポッドもドールもアルカナと名が付くモノはポップした瞬間に狩られちゃって絶滅状態。それでも同じ目的のヒトたちとアライアンスを組んで、ヴァナ時間一日の間に何とか約80匹のアルカナ類を撃破。ウェザーリンクシェルを確認するとクフィム島が「晴れときどき雷」の予報だったので、残りの20匹を片付けちゃうべくその後デルクフの塔へ向かったのですが、コチラはコチラで待てど暮らせど雷天候がやって来ない。ようやく雷天候になったと思ったら五分後には天候マーク消滅。挙句にドールのメルトダウンをバッチリ喰らって戦闘フノンとか(激怒)。ウェザーリンクシェルの予報もリアルと同じように外れることがあるみたいなので、天候または曜日の試練は大人しく該当曜日を待つ方が良さそうです。天候待ちは辛いブヒッ!

■メイジャンの試練:No.33
・雷天候時または雷曜日に200匹のクトゥルブ族を撃破する。
→ダキニ:D25 隔195 D+9 隔-5 DEX+4 命中+8 LV75~シ吟踊

クトゥルブ氏の棲息地はドゥブッカ島かアラパゴ暗礁域の二箇所のみ。現地に誰もいなかった場合を考慮してソロでも何とかなりそうなアラパゴ暗礁域のクトゥルブ氏を狙ったのですが、どうやら余計な心配だったらしく「メイジャンの試練」目的のヒトが大結集。最終的には18人以上に膨れ上がってアライアンスに参加できないヒトが出るほど満員御礼。これだけの大戦力ならば、レベルは高くてもリポップが早いドゥブッカ島のクトゥルブ氏を狙った方が効率的なのですが、いまから移動となると地球時間07時間に一度しか訪れない貴重な雷曜日を無駄にしちゃうので結局そのまま試練開始。思った通りリポップ待ちの足止めを喰らいながらもヴァナ一日のあいだに70匹前後討伐とまあまあのペース。アホみたいにタフなクトゥルブ氏をソロで討伐するとか考えただけでもゲンナリですから、同じ目的のヒトがたくさんいるうちに早めに済ませておきたい試練であります。

次回へつづく