FC2ブログ

おぼえ書き(2007年06月) 



マンダウへの道。残る必要旧貨幣はバイン紙幣オンリーなので近頃はバザー巡りもサボりがちだったんですけど、先日ソロムグまで行って久しぶりにバザーを眺めてみたところ(我がぱんでもにうむ鯖はバザーといえばソロムグなのです)、旧貨幣のお値段がずいぶんと下がっていてビックリでした。で、わたしの旧貨幣収集が楽になったかと問われると決してそういうわけでもなく、バイン紙幣だけもうカレコレ三ヶ月以上相場に変化がなくて底値に達しているみたいなんですね。ここらへんが相場を読む目がないと言いますかツキに見放されていると言いますか、ミザリィは相変わらずわたし心の中で元気に生きています。

とか何とか言いつつも旧貨幣収集ももうすぐ最後の折り返し地点、戻り分を考慮に入れたらすでに折り返し地点を越えていたりするわけですが、いや、もうフツーにキツいです。ヴァナ・インして遊んでいるときは常にお金稼ぎのことが頭から離れないし、実際にお金稼ぎをしていても「これでバイン紙幣10枚分稼いだ」みたいな感じに勝手に脳内換算するようになって、まだまだゴールは遠いという現実を叩きつけられたりしてゲンナリする羽目に陥るわけです。

それよりも何よりも、デュナミス-ボスティンのQuiebitielさんが片手棍の「一殺多生の証」しか落としてくれないのが、もう完全にイヤがらせ入ってます。せめて管楽器の「高山流水の証」でも落としてくれたら欲しいかもってヒトもいると思うんですけど、さすがに片手棍だと希望者ゼロなので電子の海に流されることになります。勿体ないなあ。「証」についてはわたしひとりが頑張ってどうにかなるモノではなく、たくさんのヒトたちの協力なくしては成り立たないところが、有り難いと言いますか申し訳ないと言いますか、そんな感じだったりします。

何にしてもマンダウを鍛えようと決心してそろそろ半年になりますからね。色々と蝕まれても(←何が?)おかしくない時期ではあります。

ミラテテ様獲得録とバリスタ勝敗 

最近のミラテテ様獲得録
・808/1373/772/1475/1225/1059/781/1425/1238(ナイトで使用)
・ミラテテ様取獲得録平均 → 1124.12
→わりとってか相当廃人なマレイ君が「招かれざる影たち」でベヒ皮を引き当てて羨ましい妬ましい憎たらしいというようなことを以前に書いたんですけど、今度はチャンヌがジャス(中略)隊長からベヒ皮ゲットしやがりましたよ。クラクラにベヒ皮と近頃ありえないくらいツキまくりなチャンヌですが、もしわたしだったらその反動でリヤル交通事故とかに怯えまくってヒキコモリになってると思います。だだだだだ誰だ今でもヒキコモリに片足突っ込んでるだろとか言うヤツは!

最近のバリスタ
・ふぁっしょんの通算成績 → 81勝74敗06分/得点王17回取得
→相変わらずヒマさえあれば金策の毎日なのでバリスタにも参加していなかったりします。アリンコなわたしが半ベソかいて必死に金策している横で、キリギリスなふぁふぁさんはバリスタとかしていつもフラフラ楽しそうに遊んでいたりするわけなんですけど、冬が越せなくなって凍死すればいい。

メリポ状況
→2007/06/06のVer.UPで戦闘スキルと魔法スキルの合計上限が開放され、一種特化から二種特化へ伸ばせるようになったわけですが、コレってなかなか悩ましいですね。シーフの強化だけを考えるなら「短剣スキル」と「射撃スキル」の双方を8Pというのが無難なところだと思うんですけど、射撃スキルに振るのってちょっと勿体無いって気もあるんですよね。飛命をブーストすればそれなりに当たるようになるわけですし、何よりメリポでは撃ってるヒマがあったら殴れって風潮なので投擲欄にはステータスブースト系アイテム(ボムとか)という選択肢も出てくるので。てなわけで溜め込んでいたメリポはとりあえず魔法スキルへ逃がしてる状態です。魔法スキルは「精霊魔法スキル」と「弱体魔法スキル」をそれぞれ8Pという感じに何も考えずに済むのが楽ですね。ガチガチに鉄板すぎて面白みがないといえば面白みのない組み合わせなんですけど。


おぼえ書き(2007年05月) 



わたしとほぼ同時期にレリックを鍛えはじめたマレイ君がアナイアレイター(銃)を完成させました。先日、お披露目を兼ねて「ナイズル島踏査指令」で一緒に遊んだんですけど、嬉しそうにレリック専用WSのカラナックを撃ちまくる姿にそれはもう嫉妬シット嫉妬。羨ましい妬ましい憎らしい。デフレの加速とエクレアアイテムの氾濫で合成は死んだなんて言われている昨今ですが、何だかんだ言っても手に職のあるヒトは強いなあなんて思ったりしますね(マレイ君は革職人)。こんなことならわたしもコツコツ合成をやっとけば良かったと今更ながらに後悔したりもするわけですが、当然アフターカーニバルですし、今からでも合成はじめればいいじゃんと言われてもあまりにもダルすぎます。そんなわけでマレイ君、アナイアレイターの完成おめでとうございます。悔しい。でも羨ましい。ビクビクッ。

というわけでマンダウへの道。ギルを稼ぐ→旧貨幣を買う→お財布スッカラカンというコンボの繰り返しで、泥沼に足を取られたような状態でありながらもどうにかこうにか前進しているという感じです。ご存知ない方に説明しますとレリック武器には「戻し分」というモノがありまして、例えばわたしの目指しているマンダウであれば、第三段階バターディアから最終段階マンダウまで鍛える際に必要とされる手数料一万バインのうち、三千バインは一時預かり金、つまりレリックの完成時に返却されるモノなんです。家を借りる際の「敷金」てなところでしょうか。なので三千バインを借りるアテさえあれば、実質七千バインで必要手数料が揃うわけなんですね。幸運なことにわたしは三千バインを借りるアテがあるので上図ではカッコ内の表記が完成までに必要な「実際の手数料」ということになります。

そんなわけで残りのバインは四千と七枚。これって現在わたしの所持しているあのアイテムを売ったりこのアイテムを売ったりすれば届く額で「あと一押し」と言うところまで差し掛かっている雰囲気ではあるんです。しかしながら、あのアイテムもこのアイテムもそれなりに苦労してゲットした思い入れのあるアイテムなわけでして、なるべくなら手放したくないという気持ちも強いんです。売ると次いつ手に入るかわからないってのもありますし。天使のようなフレのヒトは「もし必要ならお金貸そうか?」なんてことを言ってくれたりもするんですけど、現在でも五百万ギルも借金があるのに、さらにお金を借りたりするとマジで首が回らなくなりそうなので、こちらも丁寧にお断りしている状態だったりします。まあ慌てて手数料を揃えても「証」と「欠片」がない状態では結局マンダウは完成しないので、焦っても仕方ないってのもあるんですよね。逆に「証」と「欠片」がゲットできたりすると魂を売り払ってでも完成させちゃいそうな勢いですけど。

あーあ。空からドバーッとお金が降ってこないかなあ(リヤル、ヴァナ問わず)。

ミラテテ様獲得録とバリスタ勝敗 



最近のミラテテ様獲得録
・1233/875/1364/1154/1427/806/1323/1077/1220/800/838/854(ナイトで使用)
・ミラテテ様取獲得録平均 → 1085.17
→毎週恒例な礼拝堂の料理書クエですが、わたしは白魔道士で出かけることが多いんですね。礼拝堂内ではスニークを使えるし、料理書ゲット後はその場でテレポ→アル・タユ→タブナジア地下壕って感じに帰りの際の移動もスムーズだったりするので。そんなふうな感じに先日も白魔道士で料理書を取って来て、タブ地下のオバさんに渡して、ミラテテ様をゲットしたわけなんです。そこまではいいです。んでもってナイトでミラテテ様を使おうとナイトにジョブチェンジしてモワモワ~ってエフェクトが消えないうちにバシュッてミラテテ様を使ったら(←せっかち)、モワモワ~が消えたあとのふぁっしょんさんが何か知らんけどノーブルチュニック着たままなんですね。どういうことかって言うとメインジョブをナイトにしたつもりがサポジョブをナイトにしちゃってたわけでして、白魔道士サポナイトでミラテテ様使用。白魔道士はカンスト状態だったので礼拝堂のミラテテ様を一回分ドブに捨てちゃったってオチなんです。最高でも1500のショッパイ経験値とはいえ、これには結構凹みました。セコいですかそうですか。

最近のバリスタ。すべて無制限
・ふぁっしょんの通算成績 → 81勝74敗06分/得点王17回取得
→相変わらずヒマなときは金策の日々なのでバリスタに行けてません。なのでミラテテ関係のお話の続きです。礼拝堂の料理書クエと同様にワート+マメット再戦のリヴェーヌ岩塊群ツアーも毎週恒例なイベントだったりするんですけど、最近ではそのついでに「甲鉄竜」もやっていたりするんです。んで、これまでずっと軽銀鉱ばっかだったこの「甲鉄竜」ではじめて両手刀「小龍景光」がドロップ。「アタリを引いて嬉しかったです><」という感じにたいしたオチも無いままこの話題は尻切れトンボに終了です。ちなみに四人でロット勝負だったんですけど、当然わたしは負けました。聞くまでもないだろ!

メリポ状況
→メリポPTをすることもなく、ナイズル島踏査指令に出かけたり、金策に楽~丁度あたりの敵を殴っていたら何となく貯まっているという感じでコツラも相変わらずです。次回のVer.UPにはメリポ関係のモノも含まれているみたいですけど、ネ実では「アトルガンジョブのカテゴリ2 に微妙なのブチ込んで終わりでしょ?」というネガティブな見解が優勢で、ぶっちゃけわたしもそう思っていたんですけど、どうやら「武器・魔法スキルのカテゴリ上限アップ」があるみたいです。いまからコツコツ貯金しておこうと思いますです、ハイ。

おぼえ書き(2007年04月) 



先週のエントリに「マンダウが完成した暁にはこのブログを終了させます」というようなことを書いたんですが、予想以上の反響でビックリでした。曰く「ようやく引退かあ五年もやったしもう充分だね」とか「どーせやめるんならマンダウなんか作らないでギルちょうだい」とか「この鯖にもようやく平和な日々が訪れそう」とか「ヤリ逃げ(←意味不明)ですね^^」等々。こんなにもたくさんのヒトたちが引退を望んでくれてわたくしふぁっしょんは本当に幸福モノだと思います。隕石の雨が降り注いで地球なんて壊れるべき(メテオ)。というわけでまだ引退はしませんしませんってば。

それはさておきマンダウへの道。いよいよ所持金が底を尽いて借金生活に突入ですよヤフーイ。それでも何とかルンゴナンゴ翠貝貨を61枚揃えてバダーディア強化の必要手数料が揃いました。正直レリックを鍛えようと決心した当初はバターディアでさえ危うい感じで「本当にできるのかよ?」ってな感じの自問自答の日々だったんですけど、いざ集め切ってしまうと大変だったのかあっけなかったのか良くわからない感じで何だかボーッとしていたりします。しかしながら、このあとはバイン紙幣が待っているわけですし、わたしは「証」も「欠片」も持っていないのでまだまだと言えばまだまだなわけですけど、それでも残りの旧貨幣が一種になっただけで経済的にも精神的にもグワンと楽になった感じです。借金してますけど。

デフレの影響からか、旧貨幣相場も右肩下がりに急降下。基本的に貧乏なわたしとしては相場が下がってくれるのはもちろん嬉しいわけですけど、少しばかり下がり過ぎてしまったようで旧貨幣バザーが軒並み売り切れを起こしてる感じです。まあこれだけ安くなっちゃうとレリックを作ろうってヒトが増えるのも無理はないとは思います。相場が上がりすぎると手が出なくなるし、逆に下がりすぎると売り切れだし、という感じになかなか難しいところではありますけど、「証」と「欠片」が未取得な内は「まだ慌てる時間じゃない」と考えていたりするので、最後の仕上げはじっくり腰を据えてかかるつもりでいます。借金してますけど。

あ、それから先日プシュケーをゲットすることができました。過去二回デュナミスロードを討伐したときに腐るほどドロップしたこのプシュケーですが、まさか自分がレリックを鍛えるなどと思ってなかったので思いっきりパスしたか捨てたかしてたんです(汗)。で、先日のデュナミス-ザルカバードで五分くらい時間が余ったのでドラゴン退治をしてもらったんですね。たいかんwではボロボロ落としまくっていたこのプシュケーですけど、一匹目のドラゴンからは落ちずに制限時間残り二分くらい。タイムリミットに焦りつつ撃破した二匹目のドラゴンからプシュケー強奪でぃーす。いつでも取れるっちゃあ取れる感じのプシュケーなんですが、やっぱりちょっぴりほんのり嬉しかったりします。借金してますけど。