FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コマちゃんのバルキリーフォーク 



バルキリーフォークは、冥府の守護神オーディンさんに勝利した際に戦利品として得られる(可能性がある)両手槍。このオーディンさんが鎮座するヴァルグリンドへ辿り着くには冥府の番人たちを撃破してハザルム試験場の全広間を制圧しなければならないわけですが、そのためには20人以上もの冒険者たちが力を合わせて、最短でも地球時間で12日間が必要となります。こういうのって常識とは言わないまでもそれなりに受け入れられているところがありますが、ヴァナ・ディールを知らないヒトに話すと間違いなく「なにそれこわい」ってことになるので要注意。

そんな苦労を重ねてようやく辿り着いたヴァルグリンドにて、首尾良くオーディンさんを討ち取ったファッショナブルズ。そしてその戦利品には竜騎士コマちゃんがずっと追い求めていたバルキリーフォークが、デ、デターッ。とは言えこれほどのお宝ですから他にもバルキリーフォークを狙っているヒトは当然いるわけで、仁義なきロットイン合戦のはじまり。FFXIではお宝を見つけたあとも仲間同士で所有権争いが待っているのだとヴァナ・ディールを知らないヒトに話したりすると「なにそれもこわい」みたいなことになるのでこれまた要注意です。とにもかくにもコマちゃんのロットインは600点。 本人の芸風みたいに中途半端な数字だったわけですが、他のヒトたちが伸び悩んだ結果と言いますかコマちゃんの妄執パワーに押さえ込まれた結果と言いますか誰ひとり 600点を超えられず、あろうことかバルキリーフォークはコマちゃんの手に。エエエエエッ!!

■バルキリーフォーク【両手槍】LV75~竜
 D95 隔492 ダブルアタック+3% ストアTP+3

短剣以外の武器に関しては基本的にチンプンカンプンのふぁっしょんさんが聞いたところによりますと、このバルキリーフォークってダブルアタックのプロパティが超絶高性能なことに加え、ストアTPがムニャムニャだから五振りもウニャウニャになる相当スゴイ両手槍なのだとか。そしてナニよりもその独特のフォルムがカッコイイ。こんなお宝をコマちゃんみたいなのが手に入れちゃって良いのかという疑問は大いに残るわけですが、麻雀バトルに負け続けたことによって貯め込まれた運が最高(あるいは最悪)のタイミングで爆発しちゃったみたいです。

質量とエネルギーの等価性 



ユニオンの導入に加えて上位勲章の開放、さらには連合軍戦績交換アイテムの追加等の要素が重なったことにより、カンパニエバトルの参加者が急増。モンスターに触れることさえママならず戦闘終了なんてことも起こるほどの過熱っぷりに、獣人支配が目立ちはじめていたアルタナ-エリアはアレヨアレヨという間に連合軍支配に塗り替えられて、我々のぱんでもにうむ鯖では「黒太子討伐」まで発生しちゃう勢い(2009/07/27~2009/08/02)。

ユニオンの戦利品として特に注目されていた旧貨幣に関しては、残念ながらと言うべきか当然ながらと言うべきか、価値が暴落するほどザックザクということはないみたいです。高額貨幣があれば話も変わってくるのでしょうが、少なくともわたしが遊んだかぎりでは確認できませんでした。北方エリア (ボスディン氷河とザルカバード) における戦闘は「阿鼻叫喚のルツボ」という感じでかなりドギツイのですが、そのぶんアルザビウーツ鋼やオリハルコン等の高級素材が落ちるとか落ちないとかいう話も聞きます。まあどんなにレアなお宝が落ちたところで、取得するには仁義なきロットイン合戦に勝利しなければならないわけですが。

そんなこんなでわたくしふぁっしょんは昨日、現時点における最高位の勲章「暁月勲章」を取得。FFXIのバトルコンテンツの中でもヌルイなんて言われるカンパニエバトルですが、ゼロからはじめて「暁月勲章」まで獲得するには計17回の叙勲審査が必要、それに加えて叙勲審査には地球時間で五日の経過が条件になることも考慮すると「17回の昇進×五日=約三ヶ月」が必要になるわけですから、実は言うほど楽じゃないと思います。勲章維持だって結構な労力ですし。

解析データによると残された勲章は「暁光勲章」と「暁女神勲章」の二個。開放は早くても三ヵ月後、下手すると半年後かな^^;

(2009/08/10追記)
今回の「黒太子討伐」も黒魔道士特化編成(赤赤黒黒黒黒)にて挑戦。ぼちぼち戦闘不能なヒトを出しながらも(←主にチャスさんとか)三戦三勝。ウィッチサッシュとクーフリンマントを引いてウマー。($_$)

黒と黒 



ピンポンパンポーン♪ 番組の途中ですが、臨時ニュースをお伝えします。我々のぱんでもにうむ鯖では先週(2009/03/30~2009/04/05)、二度目の「黒太子討伐」が発生。先週の話なのに臨時ニュースっておかしいみたいな話はさておき、今を遡ること約三ヶ月前。はじめての「黒太子討伐」では勝ったり負けたりでいまいち勝率が安定せずにフガイナイ戦績を残してしまったふぁっしょんさんですが、ネ実情報によりますと黒魔道士特化編成による「マナバーン戦術」を用いればダメなアナタの運気も赤丸急上昇、宝くじを買えば大当たりで何故か身長も伸びた結果ステキな恋人までゲットしてバラ色の人生が待っているのだとか。これは試してみる価値がありそうです(←ダマされやすいタイプ)。というわけで「黒太子討伐」のオススメ編成そのままの赤赤黒黒黒黒の六人でラヴォール村へのりこめー^^

シュッシュオンラインを乗り越えて黒太子ことゲラドホッドさんと約三ヶ月ぶりの再会。オーク、オーク、オーク! 時間指定による精霊魔法の一斉射撃をアイサツ代わりにバトル開始です。ちなみにゲラドホッドさんは炎・氷属性に耐性があって水属性が弱点みたいなので、面白半分で習得したふぁっしょんさんのフラッドIIが大活躍のヨカン。初手の精霊魔法着弾後、召喚される三匹の護衛はスリプルをばらまいて足止め。ゲラドホッドさんには精霊の印グラビデ。あとは精霊魔法をドカンドカンと叩き込む毎度お馴染みと言えば毎度お馴染みのアレ。これまでネ実補正を鵜呑みにして散々痛い目を見てきたふぁっしょんさんですから「ホントのホントに楽勝なの?」なんて半信半疑だったのですが、コレが実に楽チンで「負ける要素がない(キリッ)」ってくらいにド安定。

戦闘時間に関しても「ロイエ戦術」の半分程度で済むということもあり、世の流行はすっかり「マナバーン戦術」。ラヴォール村を歩くと右も左も黒魔道士特化編成なんて具合に勢力図が塗りかえられちゃった感があります。こういうのって画一的に過ぎると言うか、それこそがFFXIのFFXIたるユエンと言うか、なかなかフクザツなところだったりするのですが、とにもかくにも今回の戦利品はクーフリンマントが一個、ウイッチサッシュが二個、オーキッシュガントレが四個。目玉商品であるクーフリンマントは「近頃やけに羽振りが良くてアヤシイ!」と黒い噂が絶えないふぁっしょんさんがお買い上げ。以上、臨時ニュースをお伝えしました。ピンポンパンポーン♪

Blood Sugar Sex Magik 



以前からケルベロスマント+1がほしいと思っていたのですが、我がばんでもにうむ鯖では競売所にもバザーにもココ半年くらいずっと出品がありませんでした。幸か不幸か友達のまれい君が革細工職人の師範だったりするので、それなりの数の必要素材を準備してケルベロスマント+1ができるまで作成依頼という手段も考えましたが、そもそもケルベロスマントがハイクオリティのケルベロスマント+1になる確率は上限値11の確保がウンタラカンタラなので (←このへん合成のことをまるで理解していない) 五回に一回だか十回に一回なのだとか。

ツキに見放されているわたしがそんなのにトライしたところで「全部無印で大赤字だった;」みたいな結末が待っているのは確定的に明らかって言うか、実際サーラメーヤの戦利品で一度だけトライしてみたところ、完成したのはどう見ても無印のケルベロスマント。ツキに見放されているうえにノミの心臓で有名なふぁっしょんさんはこれだけで完全に戦意喪失。結局、完成品の購入を選ぶことにして競売なりバザーなりに出品されるのを気長に待っていたわけですが、つい先日バザー出品のケルベロスマント+1を見つけたので購入に踏み切った次第。お値段はと言うと……エート、まあそれなりでした。

話は変わりまして「サルベージ」はアラバゴ遺構、第六層のタイムアタック。ハアハアゼエゼエ肩で息をしながらフロア内のモンスターを完全殲滅。そこに出現するは二匹のキキルントレジャーハンター。「どーせなーんも落ちねーよw」みたいなノリでしばき倒すと「Qiqirn Tresure Hunter はマッハコートを持っていた!」の有り得ないログが流れて、(つд⊂)ゴシゴシ→(;゚Д゚)……!! というわけで、このマッハコートはわたしのカバンの中に。これによりモリガンローブの完成に必要な三種の防具(LV15のネヴァンローブ、LV25のバーブローブ、LV35のマッハコート)がコンプリート。おめでとうございます、ありがとうございます。

しかしながら話には続きがあり、ご存知の方はご存知の通り、サルベージ産防具の胴部位作成には手数料としてアルザビウーツ鋼12個が必要になります。んで、競売所を覗いてみると、このアルザビウーツ鋼が一個94万ギル。きゅうじゅうよんまんぎる……だと……。こういうのもマメなヒトだと出品過多で相場が↓気味な時期を見計らって少しずつ買い集めたりしておくのでしょうが、ソコはツキに見放されている上にノミの心臓、さらには計画性ゼロのふぁっしょんさん。相場より高いのか安いのかもわからないままアルザビウーツ鋼をオトナ買い。結果、恥ずかしい売買履歴が残っちゃっていろんなヒトからツッコミまくられるアリサマ。

こんなに派手なお金の使い方をするのはマンダウを鍛えていたとき以来 (もう一年以上前になるんですね) のことで、ツキに見放されている上にノミの心臓、さらには計画性ゼロ、おまけに根っからの貧乏性であるふぁっしょんさんはちょっとだけ罪悪感のようなモノを感じたりとかするのですが、まあアレです、低迷するヴァナ経済の活性化のために一役買ったまでです(キリッ)。

コマちゃんのザイーデ 



イエーイ今日も元気にモンガっているかーいと訊ねたら「そういえばカンパニエにノートリアスモンスターが追加されるみたいだね」と話題を反らされること間違いなしの「モブリンズメイズモンガー」です。お目当てだった短剣キューデルミヌをゲット済のふぁっしょんさんとしては、正直モブリンズメイズモンガーなんてもうどうでも良かった(←)のですが、両手槍ザイーデを未だにゲットできずにいるコマちゃんのネガキャンがウザイので仕方なく付き合うことに。というわけで、本日もしぶしぶ「傭兵課」へGO!

キューデルミヌやカグルマンダー等に較べるとこのザイーデはドロップパターンの情報が非常に少なく、コマちゃんもメイズルーンの組み合わせに関してはずいぶん試行錯誤したみたいですが、最終的には「プラントイド+大兵+偉力+強力+精霊魔法+黒魔道士+おとしもの」をセットしていたとのこと。この組み合わせで出現するノートリアスモンスターはグゥーブー族のDzoavitsさん。前回同様、モシ詩赤の四人で挑戦。しかしながら、このDzoavitsさんは「偉力」と「強力」のルーンで強化されていることから通常攻撃でも500とか600のダメージは当たり前、アッパーカットでも喰らおうモノなら一発で昇天。さらには「精霊魔法」と「黒魔道士」のルーンでガ系精霊魔法をものすごい勢いで使ってくるし、グゥーブー族お馴染みの逆位相波でやまびこ薬の出費は痛いしで、とにかく手強い。そんな具合にヒーヒー言いながらやっとのことで撃破しても、宝箱(Hoardbox)の中にはゴミ同然のメイズルーンとか、最悪の場合ナニも入っていない空っぽとか。なのでその日も「どーせ落ちねーよw」みたいなノリで宝箱を開けてみると……。「Hoardboxにザイーデが入っていた!」のありえないログが。エエエエエッ!!

■ザイーデ【両手槍】Lv72~竜
 D93 隔478 攻+8 ビーストキラー効果アップ
 対ビースト:クリティカルヒット+7%

モブリンズメイズモンガー産の武器防具の例に漏れず、このザイーデにも隠し効果としてヴァーミン種に対して「ひるむ」特性があるのだとか。コレってつまり両手槍(突属性)の格好のエモノであるトンボ(フライ族)あたりにもひるんでしまうわけで「正直どうなの?」みたいに思うようなところもあったりなかったりするのですが、ココは素直に、幻の両手槍を追い続けて手に入れたコマちゃんの情熱(執念)に敬意を表することにしましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。